Webサイトの安全性を確認できるWebサービスについて

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、Webサイトの安全性を確認することができるWebサービスに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

目次

さて改めまして今回の投稿は、Webサイトの安全性を確認することができるWebサービスに関する投稿になります。

当ブログにおいては、ここ最近の投稿でWebサイトの安全性を検査することができるセキュリティツールという投稿テーマについて、記事を記載いたしました。

そしてWebサイトの安全性を検査することができるセキュリティツールに関しては、皆様がお使いのWebブラウザに拡張アドオンという形式でインストールされてから、皆様がお使いのWebブラウザのホームページの検索結果にWebサイトの安全性を表示するアイコンを表示したり、インターネット上のWebサイトにアクセスする際に、危険なWebサイトと判断される場合は、Webサイトへのアクセスをブロックするという動作を行うプログラムになります。

しかしながら一方、今回の投稿テーマであるWebサイトの安全性を確認することができるWebサービスは、皆様がお使いのWebブラウザ画面に任意のWebサイトアドレスを入力することにより、Webサイトの安全性を評価することができるWebサービスです。

そこで今回の投稿では、Webサイトの安全性を確認できるWebサービスのまとめについて、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

セキュリティベンダーによるWebサイトの安全性を確認できるWebサービス

1、【「ノートンセーフウェブ」】

1、<サイト情報>

それでは初めにセキュリティベンダーによるWebサイトの安全性を確認できるWebサービスについて記載いたします。

まずは「ノートンセーフウェブ」というWebサービスについて記載します。

「ノートンセーフウェブ」というWebサービスに関しては、「Norton Internet Security」というセキュリティソフトの開発を手掛ける「Symantec」というセキュリティベンダーが公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「ノートンセーフウェブ」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「ノートンセーフウェブ」

2、ブログカード

Norton Safe Web scans millions of websites to make sure they are safe. Visit Norton Safe Web now to see if a website you are interested is safe to visit and re

以上が「ノートンセーフウェブ」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「ノートンセーフウェブ」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずはお使いのwebブラウザで「ノートンセーフウェブ」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、赤枠項目の検索アイコンをクリックします。

以上で「ノートンセーフウェブ」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「ノートンセーフウェブ」というWebサービスに関する記載は以上です。

2、【「Trend Micro Site Safety Center」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Trend Micro Site Safety Center」というWebサービスについて記載します。

「Trend Micro Site Safety Center」というWebサービスに関しては、「ウイルスバスター」というセキュリティソフトの開発を手掛ける「Trend Micro」というセキュリティベンダーが公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Trend Micro Site Safety Center」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Trend Micro Site Safety Center」

2、ブログカード


以上が「Trend Micro Site Safety Center」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Trend Micro Site Safety Center」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Trend Micro Site Safety Center」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、今すぐ確認という項目をクリックします。

以上で「Trend Micro Site Safety Center」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「Trend Micro Site Safety Center」というWebサービスに関する記載は以上です。

3、【「AVG Threat Labs」】

1、<サイト情報>

それでは次に「AVG Threat Labs」というWebサービスについて記載します。

「AVG Threat Labs」というWebサービスに関しては、「AVG Internet Security」というセキュリティソフトの開発を手掛ける「AVG Technologies」というセキュリティベンダーが公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「AVG Threat Labs」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「AVG Threat Labs」

2、ブログカード


以上が「AVG Threat Labs」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「AVG Threat Labs」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「AVG Threat Labs」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、Checkという項目をクリックします。

以上で「AVG Threat Labs」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「AVG Threat Labs」というWebサービスに関する記載は以上です。

4、【「Web Inspector」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Web Inspector」というWebサービスについて記載します。

「Web Inspector」というWebサービスに関しては、「COMODO Internet Security」というセキュリティソフトの開発を手掛ける「COMODO Group」というセキュリティベンダーが公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Web Inspector」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Web Inspector」

2、ブログカード

Malware Online Scan - To start, simply enter the URL of a webpage in the space above and click �START THE SCAN�, After the scan is complete, you will be able t

以上が「Web Inspector」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Web Inspector」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Web Inspector」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、START THE SCANという項目をクリックします。

以上で「Web Inspector」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「Web Inspector」というWebサービスに関する記載は以上です。

5、【「マカフィー サイトアドバイザー」】

1、<サイト情報>

それでは次に「マカフィー サイトアドバイザー」というWebサービスについて記載します。

「マカフィー サイトアドバイザー」というWebサービスに関しては、「McAfee Internet Security」というセキュリティソフトの開発を手掛ける「McAfee, Inc」というセキュリティベンダーが公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「マカフィー サイトアドバイザー」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「マカフィー サイトアドバイザー」

2、ブログカード

McAfee SiteAdvisor tests for adware, spam, scams, and e-mail practices

以上が「マカフィー サイトアドバイザー」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「マカフィー サイトアドバイザー」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「マカフィー サイトアドバイザー」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、検索という項目をクリックします。

以上で「マカフィー サイトアドバイザー」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「マカフィー サイトアドバイザー」というWebサービスに関する記載は以上です。

6、【「URL Void」】

1、<サイト情報>

それでは次に「URL Void」というWebサービスについて記載します。

「URL Void」というWebサービスに関しては、「NoVirusThanks Malware Remover」という無料のセキュリティツール等の開発を手掛ける「 NoVirusThanks」というセキュリティベンダーが公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「URL Void」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「URL Void」

2、ブログカード

Scan websites with multiple website reputation engines to check if the website is safe and legit.

以上が「URL Void」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「URL Void」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「URL Void」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、Submit Nowという項目をクリックします。

以上で「URL Void」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「URL Void」というWebサービスに関する記載は以上です。

7、【「Dr.Web Online Scanner」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Dr.Web Online Scanner」というWebサービスについて記載します。

「Dr.Web Online Scanner」というWebサービスに関しては、「Dr.Web」というセキュリティソフトの開発を手掛ける「Doctor Web」というセキュリティベンダーが公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Dr.Web Online Scanner」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Dr.Web Online Scanner」

2、ブログカード

Doctor Webは、1992年からアンチウイルスを中心とした『Dr.Web』ブランドをワールドワイドで展開しているロシアのITセキュリティソリューションベンダーです。

以上が「Dr.Web Online Scanner」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Dr.Web Online Scanner」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Dr.Web Online Scanner」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、Sendという項目をクリックします。

以上で「Dr.Web Online Scanner」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

セキュリティベンダーによるWebサイトの安全性を確認できるWebサービスに関する記載は以上です。

セキュリティベンダー以外の企業によるWebサイトの安全性を確認できるWebサービス

1、【「Google Safe Browsing」】

1、<サイト情報>

それでは次にセキュリティベンダー以外の企業によるWebサイトの安全性を確認できるWebサービスについて記載いたします。

まずは「Google Safe Browsing」というWebサービスについて記載します。

「Google Safe Browsing」というWebサービスに関しては、その名称のように世界最大の検索サイトを運営する「Google」という企業が公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Google Safe Browsing」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Google Safe Browsing」

2、ブログカード


以上が「Google Safe Browsing」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Google Safe Browsing」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Google Safe Browsing」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、赤枠項目の検索アイコンという項目をクリックします。

以上で「Google Safe Browsing」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「Google Safe Browsing」というWebサービスに関する記載は以上です。

2、【「Gred」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Gred」というWebサービスについて記載します。

「Gred」というWebサービスに関しては、「セキュアブレイン」というセキュリティ企業が公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Gred」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Gred」

2、ブログカード

gred(グレッド)は、そのサイトが安全(green)か危険(red)かを判断する、無料のWebチェックサービスです。

以上が「Gred」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Gred」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Gred」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、CHECKという項目をクリックします。

以上で「Gred」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「Gred」というWebサービスに関する記載は以上です。

3、【「VirusTotal」】

1、<サイト情報>

それでは次に「VirusTotal」というWebサービスについて記載します。

「VirusTotal」というWebサービスに関しては、「Google Safe Browsing」というWebサービスと同様に、世界最大の検索サイトを運営する「Google」という企業が公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「VirusTotal」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「VirusTotal」

2、ブログカード

VirusTotal は、ウイルス、マルウェア、URL の無料オンライン スキャン サービスです。 40 種類以上のウイルス対策製品を使用してファイルを検査します。 ファイルや URL の送信には、ウェブ インターフェイス、メール、API、VirusTotal のブラウザー拡張機能、

以上が「VirusTotal」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「VirusTotal」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「VirusTotal」というWebサービスにアクセスしてください。

次にURLという項目をクリックしてから、赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力して、さらにスキャンするという項目をクリックします。

次に再分析という項目をクリックしてください。

以上で「VirusTotal」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「VirusTotal」というWebサービスに関する記載は以上です。

4、【「Sucuri SiteCheck scanner」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Sucuri SiteCheck scanner」というWebサービスについて記載します。

「Sucuri SiteCheck scanner」というWebサービスに関しては、「Sucuri Inc」という企業が公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Sucuri SiteCheck scanner」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Sucuri SiteCheck scanner」

2、ブログカード

Web site security monitoring and malware removal

以上が「Sucuri SiteCheck scanner」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Sucuri SiteCheck scanner」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Sucuri SiteCheck scanner」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力して、SCAN WEBSITEという項目をクリックします。

以上で「Sucuri SiteCheck scanner」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「Sucuri SiteCheck scanner」というWebサービスに関する記載は以上です。

5、【「Unmask Parasites」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Unmask Parasites」というWebサービスについて記載します。

「Unmask Parasites」というWebサービスに関しては、「Sucuri Inc」という企業が公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Unmask Parasites」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Unmask Parasites」

2、ブログカード

Free online website security service. Check your web pages for hidden illicit content (invisible spam links, iframes, malicious scripts and redirects).

以上が「Unmask Parasites」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Unmask Parasites」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Unmask Parasites」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力して、Checkという項目をクリックします。

以上で「Unmask Parasites」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「Unmask Parasites」というWebサービスに関する記載は以上です。

6、【「Quttera」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Quttera」というWebサービスについて記載します。

「Quttera」というWebサービスに関しては、「Quttera Labs」という企業が公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Quttera」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Quttera」

2、ブログカード

Free online heuristic URL scanning and malware detection. Scan websites for malware, exploits and other infections with quttera detection engine to check if the

以上が「Quttera」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Quttera」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Quttera」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力して、Scan for Malwareという項目をクリックします。

次にDetailed Reportという項目をクリックしてください。

以上で「Quttera」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「Quttera」というWebサービスに関する記載は以上です。

7、【「Evuln.com」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Evuln.com」というWebサービスについて記載します。

「Evuln.com」というWebサービスに関しては、「eVuln Labs」という企業が公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Evuln.com」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Evuln.com」

2、ブログカード


以上が「Evuln.com」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Evuln.com」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Evuln.com」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力して、Scanという項目をクリックします。

以上で「Evuln.com」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

「Evuln.com」というWebサービスに関する記載は以上です。

8、【「Securl」】

1、<サイト情報>

それでは次に「Securl」というWebサービスについて記載します。

「Securl」というWebサービスに関しては、「nu-face hoting service」という企業が公開するWebサイトの安全性を確認できるWebサービスになります。

そこで以下の「Securl」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「Securl」

2、ブログカード

URLの安全性を無料で診断。 キャプチャ画像でページ閲覧できるから安全。 ウィルスチェックや詐欺サイトチェックもしてくれます。

以上が「Securl」というWebサービスのサイト情報になります。

2、<使い方>

それでは次に「Securl」というWebサービスの使い方について記載いたします。

まずは「Securl」というWebサービスにアクセスしてください。

次に赤線項目の欄に任意のWebサイトアドレスを入力してから、GOという項目をクリックします。

以上で「Securl」というWebサービスからWebサイトの安全性を確認することができました。

セキュリティベンダー以外の企業によるWebサイトの安全性を確認できるWebサービスに関する記載は以上です。

Webサイトのコンテンツを解析できるWebサービス

1、【「aguse.jp」】

1、<サイト情報>

それでは次にWebサイトのコンテンツを解析できるWebサービスについて記載いたします。

まずは「aguse.jp」というWebサービスについて記載します。

「aguse.jp」というWebサービスに関しては、Webサイトのサーバー情報及びドメイン情報、またはWebサイトのコンテンツに表示されているURLリンク情報等のWebサイトの全般的な情報を取得することができるWebサービスになります。

そこで以下の「aguse.jp」というWebサービスのサイト情報を参照してください。

なお当項目から記載するWebサイトのコンテンツを解析できるWebサービスに関しては、Webサービスのサイト情報のみを記載することといたします。


<サイト情報>

1、URL

「aguse.jp」

2、ブログカード

あやしいサイトや知らないサイトを訪れる前に、URLを入力するだけでサイト背景情報を調査したり、迷惑メールの送付経路を表示したりすることが出来ます。

以上が「aguse.jp」というWebサービスのサイト情報になります。

「aguse.jp」というWebサービスに関する記載は以上です。

2、【「urlquery」】

1、<サイト情報>

それでは次に「urlquery」というWebサービスについて記載いたします。

「urlquery」というWebサービスに関しては、Webサイトのソースコードから不正な「iframe」タグ及び「JavaScript」タグ等の設置を解析してから、Webサイトが不正改ざんされていないかということを確認することができるWebサービスになります。

そこで以下の「urlquery」というWebサービスのサイト情報を参照してください。


<サイト情報>

1、URL

「urlquery」

2、ブログカード

urlQuery.net is a service for scanning URLs and detecting web-based malware. Providing detailed information about the browsers activity while visiting an site.

以上が「urlquery」というWebサービスのサイト情報になります。

Webサイトのコンテンツを解析できるWebサービスに関する記載は以上です。

パソコンの個別ファイルを検査できるオンラインスキャンサービス

それでは次にパソコンの個別ファイルを検査できるオンラインスキャンサービスについて記載いたします。

今回の投稿では、Webサイトの安全性を確認できるWebサービスという投稿テーマについて記載しましたが、インターネット上には、お使いのパソコンの個別ファイルを検査できるオンラインスキャンサービスというWebサービスがあります。

そのため、パソコンの個別ファイルを検査できるオンラインスキャンサービスに関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下のパソコンの個別ファイルを検査できるオンラインスキャンサービスに関する過去記事を参照してください。


<パソコンの個別ファイルを検査できるオンラインスキャンサービスについて>

1、URL

パソコンの個別ファイルを検査できるオンラインスキャンサービスについて

2、ブログカード


パソコンの個別ファイルを検査できるオンラインスキャンサービスに関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿に興味がある方は、ぜひ一度参照してください。

それでは以上です。