「Bitdefender TrafficLight」のインストール方法及び使い方について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、先日の投稿に引き続き、「Bitdefender TrafficLight」というWebサイトの安全性を検査することができるセキュリティツールに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、先日の投稿に引き続き、「Bitdefender TrafficLight」というWebサイトの安全性を検査することができるセキュリティツールに関する投稿になります。

先日の投稿では、Webサイトの安全性を検査することができるセキュリティツールとして、「マカフィー ウェブアドバイザー」のインストール方法及び使い方という投稿テーマについて、記事を記載いたしました。

そして「Bitdefender TrafficLight」というWebサイトの安全性を検査することができるセキュリティツールに関しては、インターネット上に数多く存在するセキュリティソフトにおいて、最高クラスの検出性能を有するといわれている「BitDefender」シリーズの開発を手掛ける「SOFTWIN」という企業が無料で公開するプログラムであり、「Windows OS」で使用することができる「Firefox」及び「Google Chrome」というWebブラウザに拡張アドオンという形式で導入されてから、「Windows OS」を使用するユーザーがWebブラウザでインターネット上のWebサイトにアクセスする場合に、Webサイトの安全性を検査することができるセキュリティツールになります。

そこで今回の投稿では、先日の投稿に引き続き、「Bitdefender TrafficLight」のインストール方法及び使い方について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Bitdefender TrafficLight」の導入手順

それでは初めに「Bitdefender TrafficLight」の導入手順について記載いたします。

まずは以下の「Bitdefender TrafficLight」のダウンロードリンクを参照してください。


<ダウンロードリンク>

1、「Firefox」

「Bitdefender TrafficLight」の拡張アドオン

2、「Google Chrome」

「Bitdefender TrafficLight」の拡張アドオン


次にお使いのWebブラウザで上記のダウンロードリンクにアクセスしてから、「Bitdefender TrafficLight」の拡張アドオンをインストールします。

なお今回の投稿では、「Bitdefender TrafficLight」の拡張アドオンをインストールするWebブラウザとして、「Google Chrome」を使用することをご了承ください。

次にCHROMEに追加という項目をクリックします。

次に拡張機能を追加という項目をクリックしてください。

以上で「Google Chrome」に「Bitdefender TrafficLight」をインストールすることができました。

「Bitdefender TrafficLight」の導入手順に関する記載は以上です。

「Bitdefender TrafficLight」の使い方

それでは次に「Bitdefender TrafficLight」の使い方について記載いたします。

まずはお使いのWebブラウザを実行してください。

次に画面右上の「Bitdefender TrafficLight」のアイコンをクリックしてから、Settingsという項目をクリックします。

次に「Bitdefender TrafficLight」の設定画面が表示されます。

そこで「Bitdefender TrafficLight」の設定画面を設定する場合は、以下の「Bitdefender TrafficLight」の設定項目に関する説明を参照してから、「Bitdefender TrafficLight」の設定画面を設定してください。


<設定項目>

1、Advanced Phishing Filter

・フィッシングページの検査に関する項目

2、Malware Filter

・マルウェアの検査に関する項目

3、Search Result Analyzer

・検索サイトによる検索結果のページにWebサイトの安全性を示すアイコンを表示するかという項目

4、Antifraud Filter

・不正改ざんされているWebサイト及び標的型攻撃の保護に関する項目

5、Facebook and Twitter protection

・ソーシャルネットワークの保護に関する項目


次にお使いのWebブラウザのホームページから、実際にWebサイト検索を行います。

以上でお使いのWebブラウザのホームページの検索結果に、「Bitdefender TrafficLight」のWebサイトの安全性を示すアイコンが表示されました。

次にお使いのWebブラウザで「Bitdefender TrafficLight」が危険と判断するWebサイトにアクセスした場合は、「Bitdefender TrafficLight」の警告画面が表示されます。

そこでまずは、お使いのWebブラウザで「Bitdefender TrafficLight」が危険と判断するWebサイトにアクセスする場合は、「I understand the risk, take me there anyway」という項目をクリックしてください。

またお使いのWebブラウザで「Bitdefender TrafficLight」が危険と判断するWebサイトにアクセスしない場合は、「Take me back to safety」という項目をクリックします。

以上で「Bitdefender TrafficLight」の警告画面に対する操作を行うことができました。

「Bitdefender TrafficLight」の使い方に関する記載は以上です。

「BitDefender Antivirus Free Edition」のインストール方法及び使い方

それでは次に「BitDefender Antivirus Free Edition」のインストール方法及び使い方について記載いたします。

「BitDefender」シリーズの開発を手掛ける「SOFTWIN」という企業に関しては、「Bitdefender TrafficLight」というセキュリティツール以外にも、「BitDefender」シリーズのアンチウイルスソフトとなる「BitDefender Antivirus Free Edition」という無料のセキュリティソフトを提供しています。

そこで「BitDefender Antivirus Free Edition」という無料のセキュリティソフトの詳細を把握する場合は、以下の「BitDefender Antivirus Free Edition」のインストール方法及び使い方に関する過去記事を参照してください。


<「BitDefender Antivirus Free Edition」のインストール方法及び使い方について>

1、URL

「BitDefender Antivirus Free Edition」のインストール方法及び使い方について


「BitDefender Antivirus Free Edition」のインストール方法及び使い方に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外のセキュリティソフトの使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下のセキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。