「Windows 7」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 7」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 7」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する投稿になります。

2009年10月に「Windows 7」の一般発売が開始されてから、早くも7年という時間が経過しました。

今やデスクトップOSにおける「Windows 7」のシェア率に関しては、全てのデスクトップOSの半分を占める「Windows OS」の代表格になっています。

そして残念ながら「Windows 7」においては、2015年7月に一般販売が開始された「Windows 10」の登場により、2世代前の「Windows OS」になりましたが、それでも「Windows 7」のサポート期限になる2020年までは、「Windows 7」を快適に使いこなしたいと考えるユーザーもおられることでしょう。

「Windows 7」を始めとする「Windows OS」に関しては、キーボード上のキーを単独及び複合的に組み合わせて押下することにより、「Windows OS」の各機能を快適に操作することができるキーボードショートカットという機能があります。

そこで今回の投稿では、「Windows 7」を2020年まで快適に使いこなすために、「Windows 7」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 7」のキーボードショートカット(ショートカットキー)

1、【「Windows」】

それでは初めに「Windows 7」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載いたします。

まずはお使いのキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

そこで以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Windows」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Windows」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次に以下のキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)一覧表>

ショートカットキー説明
Windowsスタートメニューを表示する
Windows + Bタスクバーの通知領域にフォーカスを設定する
Windows + Dデスクトップを表示または非表示にする
Windows + Eエクスプローラーを起動する
Windows + Fファイル及びフォルダの検索画面を表示する
Windows + Gガジェットを最前列に表示する
Windows + Lコンピューターをロックする
Windows + M実行中のプログラムを最小化する
Windows + Pプロジェクターへの出力方法を選択する
Windows + Rファイル名を指定して実行という画面を表示する
Windows + Tタスクバーに表示されているプログラムアイコンを順番にフォーカスする
Windows + Uコンピューターの簡単操作センターを表示する
Windows + XWindow モビリティセンターを表示する(ノートパソコン)
Windows + ←アクティブウィンドウを左画面半分に表示する
Windows + →アクティブウィンドウを右画面半分に表示する
Windows + ↑アクティブウィンドウを最大化する
Windows + ↓アクティブウィンドウを通常に戻すまたは最小化する
Windows + +画面を拡大する
Windows + –画面を縮小する
Windows + Esc拡大鏡を終了する
Windows + Pauseシステムのプロパティを表示する
Windows + Home全てのアクティブではないウィンドウを最小化する
Windows + Tabタスクビューを表示する
Windows + 数字キータスクバーにピン留めされたプログラムを起動する
Windows + Alt + 数字タスクバーにピン留めされたプログラムのジャンプリストを順番に表示する
Windows + Ctrl + Bタスクバーの通知領域にメッセージを表示しているプログラムに切り替える
Windows + Ctrl + Fコンピューターの検索を表示する
Windows + Shift + M最小化したプログラムを元に戻す
Windows + Shift + Tタスクバーに表示されているプログラムアイコンを順番にフォーカスする
Windows + Shift + Tabタスクビューを切り替える
Windows + Shift + ←アクティブウィンドウを左画面半分に表示する
Windows + Shift + →アクティブウィンドウを右画面半分に表示する
Windows + Shift + ↑アクティブウィンドウを最大化する
Windows + Shift + ↓アクティブウィンドウを通常に戻すまたは最小化する
Windows + Shift + 数字タスクバーにピン留めされたプログラムを順番に起動する

以上がキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

2、【「Ctrl」】

それでは次にお使いのキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Ctrl」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Ctrl」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次に以下のキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)一覧表>

ショートカットキー説明
Ctrl + A全て選択する
Ctrl + C選択項目をコピーする
Ctrl + E検索ボックスをフォーカスする
Ctrl + F検索ボックスをフォーカスする
Ctrl + Nアクティブウィンドウを別のウィンドウで表示する
Ctrl + Oファイルを開く
Ctrl + P印刷ページを表示する
Ctrl + Sファイルを上書き保存する
Ctrl + V選択項目を貼り付ける
Ctrl + Wファイルを閉じる
Ctrl + X選択項目を切り取る
Ctrl + Y操作をやり直す
Ctrl + Z元に戻す
Ctrl + Homeファイルの先頭に移動する
Ctrl + Endファイルの末尾に移動する
Ctrl + Escスタートメニューを表示する
Ctrl + Tab次のタブに移動する
Ctrl + Shift + Tab前のタブに移動する
Ctrl + Shift + Escタスクマネージャーを起動する
Ctrl + Shift +?Delアカウントの切り替え画面を表示する
Ctrl + Shift + Nフォルダを作成する
Ctrl + Alt + F拡大鏡で[全画面表示]に切り替える
Ctrl + Alt + L拡大鏡で[レンズ]に切り替える
Ctrl + Alt + D拡大鏡で[固定]に切り替える
Ctrl + Alt + I拡大鏡で色を反転する
Ctrl + Alt + R拡大鏡でレンズのサイズを変更する
Ctrl + Alt + Space拡大鏡の使用時に、全画面表示モードでプレビューする
Ctrl + Alt + 方向キー拡大鏡で方向キーの方向に表示を移動する
Ctrl + クリックファイル及びフォルダを複数選択する
Ctrl + D&Dファイル及びフォルダをコピーする
Ctrl + Shift + D&Dファイル及びフォルダのショートカットを作成する

以上がキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

3、【「Alt」】

それでは次にお使いのキーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Alt」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Alt」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次に以下のキーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)一覧表>

ショートカットキー説明
Alt + Dアドレスバーを選択する
Alt + Pプレビューパネルを表示する
Alt + Enter選択したアイテムのプロパティを表示する
Alt + Escアイテムを開かれた順序で順番に切り替える
Alt + Space作業中のウィンドウのショートカットメニューを開く
Alt + Tab実行しているアプリ及びアクティブウィンドウを表示する
Alt + Print Scrアクティブウィンドウのスクリーンショットを取得する
Alt + ↑1 画面上へ移動する
Alt + ↓1 画面下へ移動する
Alt + ←前に戻る
Alt + ←次に進む
Alt + F4実行中のプログラムを終了する
Alt + F8サインイン画面でパスワードを表示する
Alt + Shift + Tab実行しているアプリ及びアクティブウィンドウを表示する
Alt + Shift + Esc実行しているアプリ及びアクティブウィンドウを表示する
Alt + Ctrl + Del「プログラムの強制終了」のダイアログを表示する
左 Alt + 左 Shift + Print Screenハイコントラストのオンとオフを切り替える
左 Alt + 左 Shift + Num Lockマウスキー機能のオンとオフを切り替える
Alt + ダブルクリック選択中のファイル及びフォルダのプロパティを開く
Alt + D&Dファイル及びフォルダのショートカットを作成する

以上がキーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

4、【「Shift」】

それでは次にお使いのキーボード上の「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Shift」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Shift」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次に以下のキーボード上の「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)一覧表>

ショートカットキー説明
Shift キーを 5 回押す固定キー機能のオンとオフを切り替える
Shift + F10選択したアイテムのショートカット メニューを表示する
Shift + Homeカーソル位置から行頭までを選択する
Shift + Endカーソル位置から行末までを選択する
Shift + Delete選択項目を完全に削除する
Shift + Tabアプリケーションの各ダイアログで前の項目にフォーカスを移動する
Shift + ひらがなカタカナ入力に切り替える
Shift + Esc全ての入力文字を変換前に戻す
Shift + Insertコピーしたファイル及びフォルダを貼り付ける
Shift + 方向キーウィンドウ内またはデスクトップ上の複数のアイテムを選択する、またはドキュメント内のテキストを選択する
Shift + Alt + 方向キー拡大鏡でルーペのサイズを変更する
Shift + クリック複数のファイル及びフォルダを選択する
Shift + 右クリックアプリのウィンドウメニューを表示する
Shift + D&Dファイル及びフォルダを移動する

以上がキーボード上の「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

「Windows 7」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

「Windows OS」のキーボードショートカット(ショートカットキー)

それでは次に「Windows OS」各のバージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載いたします。

前項まで記載したように「Windows 7」においては、「Windows 7」で使用することができるキーボードショートカット(ショートカットキー)があります。

しかしながら「Windows OS」に関しては、前項まで記載した「Windows 7」のキーボードショートカット(ショートカットキー)以外にも、各「Windows OS」のバージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)が存在します。

そのため「Windows OS」の各バージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)に興味がある方は、以下の「Windows OS」各のバージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する過去記事を参照してください。


<「Windows OS」のショートカットキー(キーボードショートカット)について>

1、URL

「Windows OS」のショートカットキー(キーボードショートカット)について

2、ブログカード


「Windows OS」の各バージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿に興味がある方は、ぜひ一度お試しください。

それでは以上です。