「KB3035583」及び「KB2952664」!「Windows 10を入手する」というプログラムが「推奨される更新プログラム」に昇格することに対する対策について

【スポンサーリンク】


皆様、こんばんは。

昨日の関東は寒い1日となりました。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/223579796_org.v1433178492.jpg

さて今回の投稿は、「Windows 10」の無償アップグレードに関する投稿となります。

2015年7月に「Windows 10」が公開されてから、すでに6ヶ月という時間が経過しました。

そして「Windows 10」の無償アップグレードに関しては、「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムについて、現在の「オプションプログラム」という位置付けから、「推奨される更新プログラム」という位置付けに昇格されるという情報が公表されています。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムの昇格に関する情報を記載しながら、「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを非表示にする対策について、記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムの昇格に関する情報

それでは初めに「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムの昇格に関する情報について記載いたします。

まずは以下を参照してください。


<「MS、「Windows 10」を「推奨される」更新プログラムとして提供開始>

1、URL

「MS、「Windows 10」を「推奨される」更新プログラムとして提供開始

2、サムネイル

http://japan.cnet.com/news/service/35077208/

3、引用

 Microsoftは「Windows 10」の普及促進を強化しており、米国時間2月1日より、同OSを「Windows 7」および「Windows 8.1」ユーザー向けの「推奨される」(ただし、必須ではない)更新として表示している。

 同社の広報担当者は、「2015年10月下旬に『Windows Blog』でお伝えしたように、われわれはWindows 7とWindows 8.1のユーザーがWindows 10にアップグレードするプロセスの簡素化に献身的に取り組んでいる。2016年2月1日、われわれはアップグレード体験をアップデートし、顧客がアップグレードを実行する時間を決められるようにした。これまでだと、顧客はアップグレードを予約する必要があった」と述べた。

 2015年10月、Microsoft幹部陣は、Windows 10へのアップグレードの「予約」段階が終了したことを明かした。アップグレード促進の取り組みにおけるその段階では、ユーザーはWindows 10の無料コピーを自ら「予約」してダウンロードする必要があった。その次の段階では、「Windows Update」で、Windows 10がWindows 7とWindows 8.1のユーザー向けの「オプション」の更新になった。その後の2016年初頭にWindows 10を「推奨される」更新として再分類する予定だ、とMicrosoft関係者は述べていた。

 ユーザーが自動更新を有効にしている場合、端末上でWindows 10のアップグレードが自動的に開始される可能性があることは、関係者も認めている。しかし、ユーザーが自らWindows 10への完全な移行を選択しない限り、それが実行されることはない、と関係者は述べた。もしWindows 10に移行してしまっても、31日以内であれば、以前の「Windows」バージョンに戻すことができる。

 Microsoftはアップグレードの所要時間を短縮するため、Windows 10コードの一部を事前にユーザーのマシンにダウンロードするポリシーを変更していない。多くのユーザーが不満を表明しているにもかかわらず、Microsoftはそれをやり続けている。ただし、ユーザーが最終的な決定を下してアップグレードを選択しない限り、Windows 10が完全にインストールされて既存のWindowsバージョンに取って代わることはない。

 自動更新を有効にしているWindows 7とWindows 8.1のユーザーにとって、「推奨される」更新は段階的な更新だ、と広報担当者は述べた。「推奨される更新プログラムについても重要な更新プログラムと同様に通知する」の設定を有効にしているユーザーの場合は、自動更新プロセスが開始される。

 「Group Policy」設定やレジストリ編集を使って自動アップグレードを無効にしている場合、Windows 10へのアップグレードが自動的に開始されることはない。


このように「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムに関しては、既存の「オプションプログラム」という位置付けから、「推奨される更新プログラム」という位置付けに昇格されるという新たな段階に突入しました。

しかしながら「推奨される更新プログラム」という位置付けに昇格されるということにより、Windows Updateに関する設定を自動更新にしている場合においても、即座に「Windows 10」の無償アップグレードが開始されるというわけではありませんが、「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムが自動的にインストールされるということになります。

また上記の記事で記載されている「Windows 10」の無償アップグレードから、以前に使用していたWindows OSに戻すことができる方法に関しても、「Windows 10」の無償アップグレード後に回復オプションが正常に作成されずに、以前に使用していたWindows OSに戻すことができないというトラブルが発生していることも挙げられます。

つまりパソコンの基本ソフトウェアとなるオペレーティングシステムをアップグレードするという操作に関しては、パソコンを利用する個々のユーザーが慎重に検討する必要があるというわけです。

「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムの昇格に関する情報についての記載は以上です。

「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを非表示にする対策

1、【Windows Updateの設定変更】

それでは次に「「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを非表示にする対策について記載いたします。

まずはWindows Updateの設定変更に関する説明です。

Windows Updateの設定に関しては、Windows Updateの設定が自動更新となっている場合に、「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムについて、自動的にインストールされる可能性があります。

そのため、「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムの自動インストールを防止するために、Windows Updateの設定変更を行います。

そこでお使いのWindows OSのデスクトップ画面から、コントロールパネルを表示してください。*1

次にコントロールパネルの画面から、システムとセキュリティという項目をクリックします。

http://art9.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/229977079_org.v1446560117.jpg

次に自動更新の有効化または無効化という項目をクリックしてください。

http://art1.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/229977066_org.v1446560102.jpg

次に重要な更新プログラムという項目から、「更新プログラムの確認を行うが、ダウンロードとインストールを行うかどうかは確認する」という項目を選択してOKをクリックします。

以上でWindows Updateの設定を変更することができました。

Windows Updateの設定変更に関する記載は以上です。

2、【「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを非表示にする】

それでは次に「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを非表示にする手順について記載いたします。

まずはお使いのWindows OSのデスクトップ画面から、コントロールパネルを表示してください。*2

次にコントロールパネルの画面から、システムとセキュリティという項目をクリックします。

http://art1.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/234389667_org.v1458052291.jpg

次にWindows Updateという項目をクリックしてください。

http://art45.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/224585139_org.v1435504530.jpg

次に左画面の更新プログラムの確認という項目をクリックしてから、Windows Updateによる更新プログラムの確認を開始します。

http://art53.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/224585148_org.v1435504537.jpg

次に赤枠項目をクリックしてください。

http://art61.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/224585154_org.v1435504545.jpg

次に画面に表示された更新プログラムについて、以下の更新プログラムを右クリックしてから、さらに更新プログラムの非表示という項目をクリックします。


<非表示リスト>

1、「Windows 7」

KB3035583

KB3123862

KB3135445

KB2952664

KB2990214

2、「Windows 8.1」

KB3035583

KB3123862

KB3135449

KB3044374

KB2976978

3、画像例

http://art17.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/229031743_org.v1444649956.jpg


以上で「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを非表示にすることができました。

「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを非表示にする対策についての記載は以上です。

「Windows 10」の無償アップグレードを無効化する手順

それでは次に「「Windows 10」の無償アップグレードを無効化する手順について記載いたします。

「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを非表示にする対策に関しては、「Windows 10」の無償アップグレードを促す更新プログラムを個別に非表示にするという対策となりますが、残念ながら左記の対策のみでは、「Windows 10」の無償アップグレードを完全に無効化することができません。

そのため「Windows 10」の無償アップグレードを完全に無効化することを希望される場合は、以下の過去記事を参照してから、「Windows 10」の無償アップグレードを完全に無効化してください。


<「Windows 10」の無償アップグレードを無効化する方法についてのまとめ>

1、URL

「Windows 10」の無償アップグレードを無効化する方法についてのまとめ

2、サムネイル

http://www.japan-secure.com/entry/how_to_disable_a_free_upgrade_of_Windows_10.html


「Windows 10」の無償アップグレードを無効化する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿に興味がある方は、ぜひ一度お試しください。

それでは以上です。

*1:注:「Windows 7」の場合はスタート→コントロールパネルとクリックします。また)「Windows 8.1」の場合はスタートボタンを右クリックしてからコントロールパネルという項目をクリックしてください

*2:注:「Windows 7」の場合はスタート→コントロールパネルとクリックします。また)「Windows 8.1」の場合はスタートボタンを右クリックしてからコントロールパネルという項目をクリックしてください