「Windows 10」のスタートメニューをカスタマイズする手順について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 10」のスタートメニューに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のスタートメニューに関する投稿になります。

2016年8月2日に公開された「Windows 10 Anniversary Update」に関しては、「Windows 10」のスタートメニューにおいても、「Windows 10」のスタートメニューに関する仕様が変更となりました。

まずは以下の「Windows 10 Anniversary Update」を適用した後の「Windows 10」のスタートメニューに関する画像を参照してください。


<「Windows 10 Anniversary Update」を適用した後の「Windows 10」のスタートメニューに関する画像>?


?このように「Windows 10 Anniversary Update」を適用した後の「Windows 10」のスタートメニューに関しては、スタートメニュー項目のテキスト部分が省略となり、全てのアプリという項目が表示されるようになりました。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」のスタートメニューをカスタマイズする手順について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のスタートメニューをカスタマイズする手順

1、【スタートメニュー項目のテキスト部分を表示する】

それでは初めに「Windows 10」のスタートメニューをカスタマイズする手順について記載いたします。

まずは「Windows 10」のスタートメニュー項目のテキスト部分を表示する手順ついて記載します。

前項で記載したように、「Windows 10 Anniversary Update」を適用した後の「Windows 10」のスタートメニューに関しては、スタートメニュー項目のテキスト部分が省略となり、全てのアプリという項目が表示されるようになりました。

しかしながら「Windows 10」のスタートメニュー項目のテキスト部分においても、「Windows 10」のスタートメニューで表示することができます。

そこで「Windows 10」スタートボタンをクリックしてください。

次に「Windows 10」のスタートメニュー画面左上の三本線アイコンをクリックします。

以上で「Windows 10」のスタートメニュー項目のテキスト部分を表示することができました。

「Windows 10」のスタートメニュー項目のテキスト部分を表示する手順に関する記載は以上です。

2、【個人フォルダを表示する】

それでは次に「Windows 10」のスタートメニューに個人フォルダを表示する手順ついて記載します。

「Windows 10」のスタートメニューに関しては、既定値で「Windows 10」のスタートメニューに個人フォルダが表示されていません。

そのため「Windows 10」のスタートメニューに個人フォルダできるように設定を行います。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に個人用設定という項目をクリックします。

次にスタートという項目をクリックしてから、スタート画面に表示するフォルダを選ぶという項目をクリックしてください。

次にスタートメニューに表示する項目をオンという項目に設定します。

以上で「Windows 10」のスタートメニューに個人フォルダを表示することができました。

「Windows 10」のスタートメニューに個人フォルダを表示する手順についての記載は以上です。

3、【エクスプローラー項目で表示される画面を切り替える】

それでは次に「Windows 10」のスタートメニューでエクスプローラー項目で表示される画面を切り替える手順について記載いたします。

「Windows 10」のスタートメニューに関しては、既定値で「Windows 10」のスタートメニューにエクスプローラーという項目が表示されています。

しかしながら、エクスプローラーという項目をクリックする場合は、既定値でクイックアクセスという画面が開かれるために、従来の「Windows OS」のようにマイコンピューターという画面を開くように設定します。

そこでまずは。お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「X」というキーを同時に押してから、「E」というキーを押して、エクスプローラーという画面を表示してください。

次に表示という項目をクリックしてから、赤枠項目をクリックします。

次にエクスプローラーで開くという項目から、PCという項目を選択して、さらにOKという項目をクリックしてください。

以上で「Windows 10」のスタートメニューでエクスプローラー項目で表示される画面を切り替えることができました。

「Windows 10」のスタートメニューでエクスプローラー項目で表示される画面を切り替える手順に関する記載は以上です。

4、【アクセントカラーを変更する】

それでは次に「Windows 10」のスタートメニューでアクセントカラーを変更する手順について記載いたします。

まずはお使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に個人用設定という項目をクリックします。

次にという項目をクリックしてから、アクセントカラーという欄で任意の色を選択して、さらに「スタート、タスクバー、アクションセンターに色を付ける」という項目でオンという項目に設定してください。

また「Windows 10」のスタートメニューを半透明に透過させる場合は、「スタート、タスクバー、アクションセンターを透明にする」という項目でオンという項目に設定します。

以上で「Windows 10」のスタートメニューでアクセントカラーを変更することができました。

「Windows 10」のスタートメニューでアクセントカラーを変更する手順に関する記載は以上です。

5、【ライブタイルを設定する】

1、<ライブタイルを追加及び削除する>

それでは次に「Windows 10」のスタートメニューでライブタイルを設定する手順について記載いたします。

まずは「Windows 10」のスタートメニューでライブタイルを追加及び削除する手順について記載します。

「Windows 10」を使用するユーザーに関しては、「Windows 10」のスタートメニューに表示されるライブタイルについて、不要と考えるユーザーもおられるのではないでしょうか。

そのため「Windows 10」のスタートメニューについて、ライブタイルの追加及び削除という切り替えを設定します。

そこで「Windows 10」のスタートボタンをクリックしてください。

次にスタートメニューにライブタイルを追加する場合は、すべてのアプリという項目で個別アプリの項目を右クリックしてから、さらにスタート画面にピン留めするという項目をクリックします。

次にスタートメニューに表示されているライブタイルを非表示にする場合は、該当のライブタイルを右クリックしてから、さらにスタート画面からピン留めをはずすという項目をクリックしてください。

またスタートメニューに表示されているライブタイルのサイズを変更する場合は、該当のライブタイルを右クリックしてから、さらにサイズ変更という項目でライブタイルのサイズを選択します。

以上で「Windows 10」のスタートメニューでライブタイルを追加及び削除することができました。

「Windows 10」のスタートメニューでライブタイルを追加及び削除する手順に関する記載は以上です。


<ワンポイントアドバイス>

「Windows 10」のスタートメニューに表示するライブタイルに関しては、ライブタイルに応じたグループ名を作成することができます。

まずは「Windows 10」のスタートメニューを参照してください。

次にスタートメニューに表示されているライブタイルの上に表示されているグループに名前を付けるという項目をクリックしてから、任意の名称を入力します。

以上で「Windows 10」のスタートメニューに表示するライブタイルにグループ名を作成することができました。


2、<ライブタイル数を増加する>

それでは次に「Windows 10」のスタートメニューでライブタイル数を増加する手順について記載いたします。

「Windows 10」のスタートメニューに関しては、「Windows 10」のスタートメニューに表示するライブタイル数を増やすことができます。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に個人用設定という項目をクリックします。

次にスタートという項目をクリックしてから、タイル数を増やすという項目でオンという項目を設定してください。

以上で「Windows 10」のスタートメニューでライブタイル数を増加することができました。

「Windows 10」のスタートメニューでライブタイルを設定する手順に関する記載は以上です。


<ワンポイントアドバイス>

「Windows 10」のWindowsの設定という画面におけるスタートという項目に関する各項目の説明です。

まずは以下の「Windows 10」のWindowsの設定という画面におけるスタートという項目に関する各項目の画像を参照してください。


<「Windows 10」のWindowsの設定という画面におけるスタートという項目に関する各項目の画像>

1、画像

2、説明

・ときどきスタート画面におすすめを表示する

>「Windows 10」のスタート画面におすすめを表示する

・よく使われるアプリを表示する

>「Windows 10」のスタートメニューに使用頻度の多いアプリ履歴を表示する

・最近追加したアプリを表示する

>「Windows 10」のスタートメニューに新規インストールしたアプリを表示する

・全画面表示のスタート画面を使う

>「Windows 10」のデスクトップの全画面でスタートメニューを表示する

・スタート画面またはタスクバーのジャンプリストに最近開いた項目を表示する

>「Windows 10」のスタート画面及びタスクバーのジャンプリストに使用履歴に関する項目を表示する


6、【スタートメニューのサイズを変更する】

それでは次に「Windows 10」のスタートメニューのサイズを変更する手順について記載いたします。

「Windows 10」のスタートメニューに関しては、「Windows 10」のスタートメニューのサイズを変更することができます。

そこでまずは「Windows 10」のスタートボタンをクリックしてください。

次に「Windows 10」のスタートメニュー枠にマウスカーソルを合わせてから、スタートメニューのサイズを変更します。

以上で「Windows 10」のスタートメニューのサイズを変更することができました。

「Windows 10」のスタートメニューのサイズを変更する手順に関する記載は以上です。

7、【デスクトップ画面にショートカットアイコンを作成する】

それでは次に「Windows 10」のデスクトップ画面にショートカットアイコンを作成する手順について記載いたします。

まずは「Windows 10」のスタートボタンをクリックしてください。

次にスタートメニューのすべてのアプリ項目から、個別アプリの項目を「Windows 10」のデスクトップ画面にドラッグ&ドロップします。

以上で「Windows 10」のデスクトップ画面にショートカットアイコンを作成することができました。

「Windows 10」のスタートメニューをカスタマイズする手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する手順

それでは次に「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する手順について記載いたします。

「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する手順に関しては、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載していますから、以下の「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」において「従来のスタートメニュー」を表示する方法について>

1、URL

「Windows 10」において「従来のスタートメニュー」を表示する方法について

2、ブログカード


「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」のスタートメニューを開けない場合の対策方法について

それでは次に「Windows 10」のスタートメニューを開けない場合の対策方法について記載いたします。

「Windows 10」のスタートメニューに関しては、時折「Windows 10」のスタートボタンをクリックしても、「Windows 10」のスタートメニューを開けないという不具合が発生する場合があります。

そのためお使いの「Windows 10」のスタートメニューを開けないという不具合が発生する場合は、以下の当ブログの「Windows 10」のスタートメニューを開けない場合の対策方法に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のスタートメニューを開けない場合の対策方法について>

1、URL

「Windows 10」のスタートメニューを開けない場合の対策方法について

2、ブログカード


「Windows 10」のスタートメニューを開けない場合の対策方法に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿に興味がある方は、ぜひ一度参照してください。

それでは以上です。