「Windows 7」のシステム修復ディスクを作成する手順について

【スポンサーリンク】

皆様、おはようございます。

今回の投稿は、「Windows 7」のシステム修復ディスクに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 7」のシステム修復ディスクに関する投稿になります。

「Windows 7」のシステム修復ディスクに関しては、仮にお使いの「Windows 7」が不測の事態によって起動しない等のトラブルに遭遇する場合に、「Windows 7」のシステムを修復したり、「Windows 7」のバックアップイメージから、「Windows 7」を復元する際に必要となる緊急ディスクです。

特に「Windows 7」のバックアップと復元という機能においては、非常に重要な緊急ディスクとなるために、「Windows 7」を使用するユーザーは、必ずシステム修復ディスクを一枚作成することをお勧めいたします。

そこで今回の投稿では、「Windows 7」のシステム修復ディスクを作成する手順について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 7」のシステム修復ディスクを作成する手順

それでは初めに「Windows 7」のシステム修復ディスクを作成する手順について記載いたします。

まずはお使いのパソコンの光学ドライブに空の「CD」または空の「DVD」を挿入してください。

次にお使いの「Windows 7」のスタートボタンを右クリックしてから、コントロールパネルという項目をクリックします。

次にコントロールパネルという画面が表示されてから、バックアップの作成という項目をクリックしてください。

次にシステム修復ディスクの作成という項目をクリックします。

次にドライブという欄でシステム修復ディスクの作成ドライブを指定してから、ディスクの作成という項目をクリックしてください。

次に「Windows 7」のシステム修復ディスクの作成が開始されます。

次に閉じるという項目をクリックしてください。

次にOKという項目をクリックします。

以上で「Windows 7」のシステム修復ディスクを作成することができました。

「Windows 7」のシステム修復ディスクを作成する手順に関する記載は以上です。

「Windows 7」のバックアップと復元を実行する手順

それでは次に「Windows 7」のバックアップと復元を実行する手順について記載いたします。

「Windows 7」に関しては、「Windows 7」のバックアップイメージを作成することができるバックアップと復元という標準機能が実装されています。

そして仮にお使いの「Windows 7」が不測の事態によって起動しない等のトラブルに遭遇する場合に、「Windows 7」のシステム修復ディスクを使用することにより、「Windows 7」のバックアップイメージから、お使いのパソコンを復元することができるというわけです。

そこで「Windows 7」のバックアップと復元を実行する手順に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載を記載しているために、以下の「Windows 7」のバックアップと復元を実行する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 7」のバックアップと復元を実行する手順について>

1、URL

「Windows 7」のバックアップと復元を実行する手順について

2、ブログカード


「Windows 7」のバックアップと復元を実行する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿に興味がある方は、ぜひ一度参照してください。

それでは以上です。