「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動する方法について

【スポンサーリンク】

皆様、こんにちは。

今回の投稿は、「Windows 10」のセーフモードに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のセーフモードに関する投稿になります。

当ブログにおいては、昨年の投稿で「Windows 10」をセーフモードで起動する方法という記事テーマについて、記事を記載いたしました。

そして「Windows 10」をセーフモードで起動する方法としては、「Windows 10」のスタートメニュー及びWindowsの設定という画面、または「Windows 10」のシステム構成ユーティリティという画面を経由してから、「Windows 10」をセーフモードで起動することができますが、「Windows 10」のシステム設定を変更することにより、従来の「Windows OS」のように「Windows 10」が起動する際に、お使いのキーボード上の「F8」というキーを連打してから、「Windows 10」をセーフモードで起動する方法がありました。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動する方法について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動する方法

1、【設定を確認する】

それでは初めに「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動する方法について記載いたします。

まずは「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーから起動するための設定を確認する方法について記載します。

そこでお使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「X」というキーを同時に押してから、「A」というキーを押して、コマンドプロンプトという画面を表示してください。

次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押します。


<文字列>

bcdedit | findstr “bootmenupolicy”


次に以下のように表示されている赤線項目を確認してください。


<項目>

1、Standard

・「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動することができない設定になっている

2、Legacy

・「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動することができる設定になっている


以上で「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーから起動するための設定を確認することができました。

「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーから起動するための設定を確認する方法に関する記載は以上です。

2、【設定を変更する】

それでは次に「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーから起動するための設定を変更する方法について記載いたします。

そこでお使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「X」というキーを同時に押してから、「A」というキーを押して、コマンドプロンプトという画面を表示してください。

次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押します。


<文字列>

1、「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動することができる設定

bcdedit /set {default} bootmenupolicy legacy

2、「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動することができない設定

bcdedit /set {default} bootmenupolicy standard


以上で「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーから起動するための設定を変更することができました。

次に実際に「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーから起動してみます。

まずはお使いの「Windows 10」を再起動してから、お使いのパソコン画面に「Windows 10」のロゴマークが表示される前に、お使いのキーボード上の「F8」というキーを連打してください。


<ワンポイントアドバイス>

「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーから起動する場合は、お使いのパソコン画面に「BIOS」のロゴマークが表示されてから、「Windows 10」のロゴマークが表示されるまでの間に、お使いのキーボード上の「F8」というキーを連打します。


次に詳細ブートオプションという画面が表示されてから、以下の「Windows 10」のセーフモードに関する項目を選択して、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押します。


<「Windows 10」のセーフモードに関する項目>

1、セーフモード

・「Windows 10」をシステム最小構成で起動する

2、セーフモードとネットワーク

・ネットワーク接続を有効にした状態で「Windows 10」をシステム最小構成で起動する

3、セーフモードとコマンドプロンプト

・コマンドプロンプト画面を有効にした状態で「Windows 10」をシステム最小構成で起動する


次にお使いの「Windows 10」にログインしてください。

次に閉じるという項目をクリックします。

以上で「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーから起動することができました。

「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動する方法に関する記載は以上です。

「Windows 10」のセーフモードを既定値の設定で起動する方法

それでは次に「Windows 10」のセーフモードを既定値の設定で起動する方法について記載いたします。

今回の投稿では、「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動する方法について記載しましたが、「Windows 10」の既定値の設定においては、「Windows 10」のセーフモードを「F8」というキーを連打して起動するように設定されていません。

そのため「Windows 10」のセーフモードを既定値の設定で起動する方法に関する詳細については、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」をセーフモードで起動する方法に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」をセーフモードで起動する方法>

1、URL

「Windows 10」をセーフモードで起動する方法


あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。