「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について

【スポンサーリンク】

皆様、こんにちは。

今回の投稿は、前回の投稿に引き続き「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、前回の投稿の投稿に引き続き「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿となります。

前回の投稿で記載したように「Windows 10」に関しては、2017年4月11日に「Windows 10」の次期メジャーアップデートとなる「Windows 10 Creators Update」の公開が予定されています。

そして「Windows 10」の開発元であるマイクロソフトの公式サイトでは、すでに以下のように「Windows 10 Creators Update」のイメージファイルをダウンロードすることができることを確認いたしました。


<公式サイト>


しかしながら「Windows 10」を使用するユーザーの中には、お使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用することを希望しないユーザーもおられることでしょう。

そもそも「Windows 10」のメジャーアップデート方式に関しては、「Current Branch(CB)」及び「Current Branch for Business(CBB)」という2種類のメジャーアップデート方式が存在します。

そして「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順としては、上記の「Current Branch(CB)」というメジャーアップデート方式を「Current Branch for Business(CBB)」というメジャーアップデート方式に変更することにより、「Windows 10」のメジャーアップデートを延期することができます。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順

1、【Windowsの設定という画面から延期する】

1、<「Windows 10 Creators Update」>

それでは初めに「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について記載いたします。

まずは「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10」のWindowsの設定という画面からメジャーアップデートを延期する手順について記載いたします。

2017年4月11日に公開された「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10」に関しては、Windowsの設定という画面から「Windows 10」のメジャーアップデートを延期するための設定を詳細に行うことができるようになりました。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に更新とセキュリティという項目をクリックします。

次に更新プログラムの設定という欄に表示されている詳細オプションという項目をクリックしてください。

次に以下の詳細オプションという画面に表示されている設定項目に関する説明を参照するようにお願いいたします。


<設定項目>

1、更新プログラムをいつインストールするかを選択する

・機能更新プログラム及び品質更新プログラムのインストールを延期する日数を設定できる項目

2、更新の一時停止

・全ての更新プログラムのインストールを最大日数で35日間延期することを設定できる項目


そして「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する場合は、更新プログラムをいつインストールするかを選択するという項目に表示されている更新プログラムには新しい機能と強化内容が含まれていますという項目から、機能更新プログラムのインストールを延期する日数を設定することにより、「Windows 10」のメジャーアップデートを延期することができるようです。

そこで再度、詳細オプションという画面を参照してください。

次に更新プログラムをいつインストールするか決定するためのブランチ準備レベルを選択してくださいという項目から、以下の「Windows 10」のメジャーアップデート方式の選択項目に関する説明を参照するようにお願いいたします。


<選択項目>

1、「Current Branch(CB)」

・「Windows 10」を使用する個人ユーザーを対象とするメジャーアップデート方式

2、「Current Branch for Business(CBB)」

・「Windows 10」を使用する法人ユーザーを対象とするメジャーアップデート方式


そして「Windows 10 Creators Update」を適用する前の「Windows 10」に関しては、「Current Branch(CB)」というメジャーアップデート方式について、「Current Branch for Business(CBB)」というメジャーアップデート方式に変更することにより、「Windows 10」のメジャーアップデートを最大で4ヶ月程度延期することができました。

しかしながら「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10」については、「Current Branch(CB)」及び「Current Branch for Business(CBB)」というどちらのメジャーアップデート方式を選択する場合でも、機能更新プログラム及び品質更新プログラムのインストールを延期する日数を同じように設定できるようになっています。

ただし上記に記載するように「Windows 10 Creators Update」を適用する前の「Windows 10」においては、「Current Branch for Business(CBB)」というメジャーアップデート方式を設定することによって「Windows 10」のメジャーアップデートを延期することが可能となっていたために、更新プログラムをいつインストールするか決定するためのブランチ準備レベルを選択してくださいという項目では、「Current Branch for Business(CBB)」というメジャーアップデート方式を設定することをお勧めいたします。

次に再度、詳細オプションという画面を参照してください。

次に更新プログラムには新しい機能と強化内容が含まれていますという項目から、機能更新プログラムのインストールを延期する日数について、「0~365」という間の数値を設定します。

「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10」のWindowsの設定という画面からメジャーアップデートを延期する事ができました。

「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10」のWindowsの設定という画面からメジャーアップデートを延期する手順に関する記載は以上です。

2、<「Windows 10 Anniversary Update」>

それでは次に「Windows 10 Anniversary Update」を適用する「Windows 10」のWindowsの設定という画面からメジャーアップデートを延期する手順について記載いたします。

「Windows 10 Anniversary Update」を適用する「Windows 10」に関しては、Windowsの設定という画面から「Windows 10」のメジャーアップデートを延期するための設定を詳細に設定することはできませんが、「Windows 10」のメジャーアップデートを最大で4ヶ月程度延期することができます。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に更新とセキュリティという項目をクリックします。

次に詳細オプションという項目をクリックしてください。

次に機能の更新を延期するという項目にチェックを入れます。

以上で 「Windows 10 Anniversary Update」を適用する「Windows 10」のWindowsの設定という画面からメジャーアップデートを延期することができました。

「Windows 10 Anniversary Update」を適用する「Windows 10」のWindowsの設定という画面からメジャーアップデートを延期する手順に関する記載は以上です。

2、【グループポリシーエディターという画面から延期する】

それでは次に「Windows 10」のメジャーアップデートをグループポリシーエディターという画面から延期する手順について記載いたします。

「Windows 10」のメジャーアップデートをグループポリシーエディターという画面から延期する手順に関しては、「Windows 10」のグループポリシーエディターの構成を設定してから、「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順となりますが、「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10」においては、Windowsの設定という画面から「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する日数を詳細に設定できるために、わざわざグループポリシーエディターという画面から設定する必要がないことをご了承ください。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「X」というキーを同時に押してから、「A」というキーを押して、コマンドプロンプト(管理者)という画面を表示します。


次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押してください。


<文字列>

gpedit.msc


次にローカルグループポリシーエディターという画面が表示されてから、コンピューターの構成という項目をダブルクリックします。

次に管理用テンプレートという項目をダブルクリックしてください。

次にWindowsコンポーネントという項目をダブルクリックします。

次にWindows Updateという項目をダブルクリックしてください。

次に「機能更新プログラムをいつ受信するかを選択してください」という項目をクリックしてから、ポリシー設定の編集という項目をクリックします。

次に「機能更新プログラムをいつ受信するかを選択してください」という項目を設定する画面が表示されます。

そこで有効という項目にチェックを入れてから、「受信する機能更新プログラムの準備レベルを選択してください」という欄で「Current Branch for Business」という項目を選択して、さらに「機能更新プログラムがリリースされた後、受信を延期する日数」という欄で機能更新プログラムを延期する日数を設定してください。

なお、機能更新プログラムを延期する日数に関しては、最大で180日間を設定することができます。

次にOKという項目をクリックしてください。

以上で「Windows 10」のメジャーアップデートをグループポリシーエディターという画面から延期することができました。

「Windows 10」のメジャーアップデートをグループポリシーエディターという画面から延期する手順に関する記載は以上です。

3、【コマンドプロンプト画面から延期する】

それでは次に「Windows 10」のメジャーアップデートをコマンドプロンプト画面から延期する手順について記載いたします。

「Windows 10」のメジャーアップデートをコマンドプロンプトの画面から延期する手順に関しては、前項で記載する「Windows 10」のメジャーアップデートをグループポリシーエディターという画面から延期する手順をコマンドプロンプト画面から操作する手順になります。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「X」というキーを同時に押してから、「A」というキーを押して、コマンドプロンプト(管理者)という画面を表示してください。

次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押します。


<文字列>

1、「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings” /v “DeferUpgrade” /d “1” /t REG_DWORD /f

2、「Windows 10」のメジャーアップデートを延期しない

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings” /v “DeferUpgrade” /d “0” /t REG_DWORD /f


以上で「Windows 10」のメジャーアップデートをコマンドプロンプト画面から延期することができました。

「Windows 10」のメジャーアップデートをコマンドプロンプト画面から延期する手順に関する記載は以上です。

4、【「Windows 10 Home」のメジャーアップデートを延期する】

それでは次に「Windows 10 Home」のメジャーアップデートを延期する手順について記載いたします。

「Windows 10 Home」に関しては、グループポリシーエディター機能を実装していないために、今回の投稿で記載する「Windows 10」のメジャーアップデートを延期することはできませんが、「Windows 10 Home」の「Windows Update」のシステムサービスを無効にすることにより、「Windows 10 Home」のメジャーアップデートを一時的に延期することができます。

そこで「Windows 10 Home」のメジャーアップデートを延期する手順に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10 Home」のメジャーアップデートを延期する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10 Home」のメジャーアップデートを延期する手順について>

1、URL

「Windows 10 Home」のメジャーアップデートを延期する手順について


「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順

それでは次に「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順について記載いたします。

「Windows 10」に関しては、従来の「Windows OS」と異なり、数ヶ月という単位でメジャーアップデートプログラムが公開される仕様となっていますが、仮にお使いの「Windows 10」にメジャーアップデートプログラムを適用した後に不具合が発生した場合に、「Windows 10」を以前のバージョン戻すことができる機能が実装されています。

そこで「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順について>

1、URL

「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順について


「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。