「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 10」のコントロールパネルという画面に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のコントロールパネルという画面に関する投稿になります。

かつて従来の「Windows OS」におけるコントロールパネルという画面については、「Windows OS」のシステム設定等を構成する機能を一つにまとめるという役割を担う画面でした。

そして2017年4月11日に「Windows 10」の次期メジャーアップデートとなる「Windows 10 Creators Update」の公開が予定されていますが、「Windows 10 Creators Update」を適用した「Windows 10」においては、以下のようにスタートボタンを右クリックする際に表示されるメニューでコントロールパネルの項目が設定という項目に置き換わってしまいました。


<右クリックメニュー>


このように「Windows 10 Creators Update」によるスタートボタンの右クリックメニューにおける仕様変更により、当ブログで公開する「Windows 10」に関連する記事において記載しているコントロールパネルという画面をキーボード上のショートカットキーで表示する方法を使用することができないというわけです。

もちろん現在の「Windows 10」のコントロールパネルという画面についても、「Windows OS」のシステム設定等を構成する機能を一つにまとめるという役割に変更はありませんが、「Windows 10 Creators Update」では、コントロールパネルという画面の役割について、さらに「Windows 10」のWindowsの設定という画面に統合化が進んでいるということがいえるのではないでしょうか。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法

1、【スタートメニューから表示する】

それでは初めに「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法について記載いたします。

まずは「Windows 10」のスタートメニューからコントロールパネルを表示する方法について記載します。

「Windows 10」のスタートメニューからコントロールパネルを表示する方法に関しては、「Windows 10」のスタートメニューに表示されている全てのアプリという項目から、コントロールパネルを表示するという基本的な方法になります。

そこでお使いの「Windows 10」のスタートボタンをクリックしてください。

次に「Windows 10」のスタートメニュー画面が表示されます。

そこでまずは、全てのアプリという項目を下にスクロールしてから、Windowsシステムツール→コントロールパネルという項目順にクリックすることにより、「Windows 10」のコントロールパネルを表示することができます。

また「Windows 10」のスタートメニューのライブタイル及びタスクバーに、コントロールパネルのショートカットアイコンを作成する場合は、Windowsシステムツールという項目をクリックしてから、コントロールパネルという項目を右クリックして、スタート画面にピン留めするまたはタスクバーにピン留めするという項目をクリックしてください。

以上で「Windows 10」のスタートメニューからコントロールパネルを表示することができるようになりました。

「Windows 10」のスタートメニューからコントロールパネルを表示する方法に関する記載は以上です。

2、【デスクトップから表示する】

それでは次に「Windows 10」のデスクトップからコントロールパネルを表示する方法について記載いたします。

「Windows 10」のデスクトップからコントロールパネルを表示する方法に関しては、「Windows 10」のデスクトップ画面にコントロールパネルのデスクトップアイコンを作成することにより、「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法になります。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に個人用設定という項目をクリックします。

次にテーマという項目をクリックしてから、関連設定という欄でデスクトップアイコンの設定という項目をクリックしてください。

次にデスクトップアイコンの設定という画面が表示されます。

そこでまずは、コントロールパネルという項目にチェックを入れてから、OKという項目をクリックしてください。

また「Windows 10」のテーマを変更する際にコントロールパネルのデスクトップアイコンの表示を維持することを希望する場合は、テーマによるデスクトップアイコンの変更を許可するという項目のチェックを外してください。

以上で「Windows 10」のデスクトップからコントロールパネルを表示することができるようになりました。

なお「Windows 10」のコントロールパネル以外の各アプリや各機能のデスクトップアイコンを作成する方法に関する詳細に興味がある方は、以下の「Windows 10」のデスクトップ画面にショートカットアイコンを作成する方法に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のデスクトップ画面にショートカットアイコンを作成する方法について>

1、URL

「Windows 10」のデスクトップ画面にショートカットアイコンを作成する方法について


「Windows 10」のデスクトップからコントロールパネルを表示する方法に関する記載は以上です。

3、【ファイル名を指定して実行からコントロールパネルを表示する】

それでが次に「Windows 10」のファイル名を指定して実行という画面からコントロールパネルを表示する方法について記載いたします。

「Windows 10」のファイル名を指定して実行という画面からコントロールパネルを表示する方法に関しては、「Windows 10」のファイル名を指定して実行という画面に、コントロールパネルを表示するための文字列を入力することにより、「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法になります。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「R」というキーを同時に押してから、ファイル名を指定して実行という画面を表示してください。

次に名前という欄に以下の文字列を入力してから、OKという項目をクリックします。


<文字列>

control


以上で「Windows 10」のファイル名を指定して実行という画面からコントロールパネルを表示することができました。

「Windows 10」のファイル名を指定して実行という画面からコントロールパネルを表示する方法に関する記載は以上です。

4、【検索ボックスから表示する】

それでは次に「Windows 10」の検索ボックスからコントロールパネルを表示する方法について記載いたします。

まずは「Windows 10」のタスクバーを参照してください。

次に「Windows 10」のタスクバーに表示されている検索ボックスに以下の文字列を入力してから、検索結果に表示されるコントロールパネルという項目をクリックします。


<文字列>

control


以上で「Windows 10」の検索ボックスからコントロールパネルを表示することができました。

「Windows 10」の検索ボックスからコントロールパネルを表示する方法に関する記載は以上です。

5、【フリーソフトから表示する】

それでは次に「Windows 10」のコントロールパネルをフリーソフトから表示する手順について記載いたします。

現在の「Windows 10」のスタートメニューに関しては、スタートメニューを構成する要素として、主にライブタイルを中心とするスタートメニューの構成となっています。

そのため、お使いの「Windows 10」に「Classic Shell」等のフリーソフトをインストールすることにより、「Windows 10」のスタートメニューの構成について、従来のテキストを中心とするスタートメニューの構成から「Windows 10」のコントロールパネルを表示することができるというわけです。

そこでお使いの「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する方法に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する方法に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する方法について>

1、URL

「Windows 10」に従来のスタートメニューを表示する方法について


「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法に関する記載は以上です。

「Windows 10」のコントロールパネルの表示方法を切り替える方法

それでは次に「Windows 10」のコントロールパネルの表示方法を切り替える方法について記載いたします。

「Windows 10」のコントロールパネルに関しては、コントロールパネルの各項目を表示する方法として、以下のように三種類の表示方法を切り替えることができます。


<コントロールパネルの表示方法>

・カテゴリ

・大きいアイコン

・小さいアイコン


そこでまずは、お使いの「Windows 10」のコントロールパネルという画面を表示してください。

次に画面右上の表示方法という欄で以下のコントロールパネルに表示される各項目の表示方法を選択します。


<コントロールパネルの表示方法>

1、カテゴリ

2、大きいアイコン

3、小さいアイコン


以上で「Windows 10」のコントロールパネルの表示方法を切り替えることができました。

「Windows 10」のコントロールパネルの表示方法を切り替える方法に関する記載は以上です。

「Windows 10」のコントロールパネルが開かない場合の対策方法

それでは次に「Windows 10」のコントロールパネルが開かない場合の対策方法について記載いたします。

当記事を参照される皆様が使用する「Windows 10」においては、「Windows 10」のコントロールパネルが開かないという不具合が発生していることはないでしょうか。

仮に当記事を参照される皆様が使用する「Windows 10」でコントロールパネルが開かないという不具合が発生している場合は、以下の「Windows 10」のコントロールパネルが開かない場合の対策方法に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のコントロールパネルが開かない場合の対策方法について(例外コード: 0xc0000005、0xc000041d)>

1、URL

「Windows 10」のコントロールパネルが開かない場合の対策方法について(例外コード: 0xc0000005、0xc000041d)


「Windows 10」のコントロールパネルが開かない場合の対策方法に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。