「2016年度版」!「KINGSOFT Office(WPS Office)」を日本語化する手順について

【スポンサーリンク】


皆様、こんばんは。

昨日の関東は爽やかな快晴の水曜日となりました。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

http://art17.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/231805893_org.v1450936456.jpg

さて今回の投稿は、「KINGSOFT Office(WPS Office)」の日本語化に関する投稿となります。

「Kingsoft Office(WPS Office)」は、定番のオフィスソフトである「Microsoft Office」に対する高い互換性を有しながら、高価な「Microsoft Office」と比較した場合に、安価で手軽に購入できるキングソフト社製のオフィスソフトです。

そして「Kingsoft Office(WPS Office)」に関しては、2016年2月に最新バージョンとなる「KINGSOFT Office 2016」が公開されました。


<「KINGSOFT Office 2016」に関する画像>

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292377_org.v1464790368.jpg


しかし一方「KINGSOFT Office」には、「WPS Office」という名称の無料版オフィスソフトが存在しますが、残念ながら標準で日本語に対応していません。

そこで今回の投稿では、キングソフト社製のオフィスソフトの最新版となる「KINGSOFT Office 2016」の日本語ファイルを取得しながら、無料版オフィスソフトである「WPS Office」を日本語化する手順について、再投稿という形式で記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「KINGSOFT Office(WPS Office)」を日本語化する手順

1、【ダウンロードリンク】

それでは「KINGSOFT Office(WPS Office)」を日本語化する手順について記載いたします。

まずは「WPS Office」の日本語化ファイルに関するダウンロードリンクの説明です。

以下を参照してください。


<ダウンロードリンク>

1、「KINGSOFT Office」の体験版に関するセットアップファイル

「KINGSOFT Office」の体験版に関するセットアップファイル

2、「WPS Office」のセットアップファイル

「Kingsoft Office(WPS Office)」のセットアップファイル


次に上記のダウンロードリンクにアクセスしてから、それぞれのセットアップファイルを任意の場所に保存します。

2、【「KINGSOFT Office」の体験版のインストール】

それでは次に「KINGSOFT Office」の体験版のインストールについて記載いたします。

「KINGSOFT Office」の体験版のインストールに関しては、「KINGSOFT Office」の体験版のインストールすることにより、「KINGSOFT Office」の体験版のインストールフォルダにある日本語ファイルを取得してから、「WPS Office」に左記の日本語ファイルを適用します。

そこでまずは、前項でダウンロードした「KINGSOFT Office」の体験版に関するセットアップファイルを実行してください。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292383_org.v1464790368.jpg

次に「このライセンス契約書に同意します」という項目にチェックを入れてから、残りの赤線項目のチェックを外して、さらにインストールという項目をクリックします。

次に「KINGSOFT Office」の体験版のインストールが開始されます。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292294_org.v1464792071.jpg

次に赤枠項目をクリックしてください。

以上で「KINGSOFT Office」の体験版のインストールが完了しました。

次に「Windows OS」のデスクトップ画面に作成された「KINGSOFT Office」の体験版のショートカットアイコンを右クリックしてから、ファイルの場所を開くという項目をクリックします。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292302_org.v1464790368.jpg

次に赤枠項目をクリックしてから、以下のように「KINGSOFT Office」の体験版のインストールフォルダにアクセスしてください。


<「KINGSOFT Office」の体験版のインストールフォルダ>

1、Windows OS 32bit

C:\Program Files\kingsoft\WPS Office\製品バージョン\office6\mui

2、Windows OS 64bit

C:\Program Files(x86)\kingsoft\WPS Office\製品バージョン\office6\mui


http://art33.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292309_org.v1464790359.jpg

次にフォルダにある「ja_JP」というフォルダを任意の場所に保存します。*1

次に「Windows OS」のスタートメニューから、コントロールパネルを表示してください。*2

http://art33.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292312_org.v1464790368.jpg

次にプログラムのアンインストールという項目をクリックします。

http://art33.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292319_org.v1464790362.jpg

次にプログラムのアンインストール画面が表示されます。

まずは「KINGSOFT Office 2016」という項目をダブルクリックしてください。

http://art33.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292322_org.v1464790359.jpg

次に「今すぐKINGSOFT Officeをアンインストール」という項目にチェックを入れてから、「詳細設定を保留すると、次回インストール時にその設定を引き継ぐことができます」という項目のチェックを外して、さらにアンインストールという項目をクリックします。

次に「KINGSOFT Office 2016」のアンインストールが開始されます。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292330_org.v1464790367.jpg

次に赤枠項目をクリックしてください。

以上で「KINGSOFT Office 2016」のアンインストールが完了しました。

次に上記と同様にプログラムのアンインストール画面から、「Application Manager」という項目をダブルクリックします。

以上で「Application Manager」のアンインストールが完了しました。

「KINGSOFT Office」の体験版のインストールに関する記載は以上です。

3、【「WPS Office」のインストール】

それでは次に「WPS Office」のインストールについて記載いたします。

まずは先にダウンロードした「WPS Office」のセットアップファイルを実行してください。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292335_org.v1464790364.jpg

次に赤線項目のチェックを外してから、Install Nowという項目をクリックします。

次に「WPS Office」のインストールが開始されます。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292340_org.v1464790373.jpg

次に赤枠項目をクリックしてください。

以上で「WPS Office」のインストールが完了しました。

次に「Windows OS」のデスクトップ画面に作成された「WPS Office」のショートカットアイコンを右クリックしてから、ファイルの場所を開くという項目をクリックします。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292342_org.v1464790364.jpg

次に赤枠項目をクリックしてから、以下のように「WPS Office」のインストールフォルダにアクセスしてください。


<「WPS Office」のインストールフォルダ>

C:\Users\ユーザー名\Local\kingsoft\WPS Office\製品バージョン\office6\mui


http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292347_org.v1464790373.jpg

次に前項で取得した「ja_JP」というフォルダをコピーします。

次に「WPS Office」を実行してください。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292350_org.v1464790362.jpg

次に赤線項目をクリックしてから、Optionsという項目をクリックします。

http://art33.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292358_org.v1464790360.jpg

次にLanguageという項目をクリックしてから、Chooseという項目をクリックしてください。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292365_org.v1464790361.jpg

次に日本語という項目を選択してから、OKという項目をクリックします。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292368_org.v1464790368.jpg

次にOKという項目をクリックしてください。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292372_org.v1464792079.jpg

次にOKという項目をクリックします。

次に「WPS Office」を再起動してください。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292377_org.v1464792079.jpg

以上で「WPS Office」の日本語化が完了しました。

「WPS Office」のインストールに関する記載は以上です。

4、【「「KINGSOFT Office 体験版」をご利用中の皆様へのお知らせ」という画面の削除】

それでは次に「「KINGSOFT Office 体験版」をご利用中の皆様へのお知らせ」という画面の削除について記載いたします。

まずは以下の画像を参照してください。


<「「KINGSOFT Office 体験版」をご利用中の皆様へのお知らせ」という画面に関する画像>

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292377_org.v1464792079.jpg


このように「WPS Office」の日本語化する場合は、「WPS Office」を実行した後に、「「KINGSOFT Office 体験版」をご利用中の皆様へのお知らせ」という画面が表示されます。

そのため「WPS Office」の日本語化する場合は、同様に「「KINGSOFT Office 体験版」をご利用中の皆様へのお知らせ」という画面に関しても、削除するようにしてください。

そこで「Windows OS」のデスクトップ画面に作成された「WPS Office」のショートカットアイコンを右クリックしてから、ファイルの場所を開くという項目をクリックします。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237292342_org.v1464790364.jpg

次に赤枠項目をクリックしてから、以下のように「WPS Office」のインストールフォルダにアクセスしてください。


<「WPS Office」のインストールフォルダ>

C:\Users\ユーザー名\Local\kingsoft\WPS Office\製品バージョン\office6


http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237625627_org.v1465661329.jpg

次に「Khomepage.dll」というファイルを右クリックしてから、削除という項目をクリックします。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237625618_org.v1465661305.jpg

次にはいという項目をクリックしてください。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237625621_org.v1465661312.jpg

次に「WPS Office」を実行します。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/237625624_org.v1465661321.jpg

以上で「「KINGSOFT Office 体験版」をご利用中の皆様へのお知らせ」という画面の削除が完了しました。

なお「「KINGSOFT Office 体験版」をご利用中の皆様へのお知らせ」という画面の削除に関しては、「R2D2」さんという方から、当記事に情報提供のコメントをいただきました。

そのため、この場をお借りして「R2D2」さんに、お礼を申し上げます。

「KINGSOFT Office(WPS Office)」を日本語化する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿に興味がある方は、ぜひ一度参照してください。

それでは以上です。

*1:注:「ja_JP」というフォルダに関しては、「WPS Office」を日本語化した後においても、必要となる場合がありますから、そのまま任意の場所に保存してください

*2:注:「Windows 7」及び「Windows 8.1」の場合は、スタートボタン→コントロールパネルという項目順にクリックします。また「Windows 10」の場合は、スタートボタンを右クリックしてから、コントロールパネルという項目をクリックしてください。