「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順について

【スポンサーリンク】

皆様、こんにちは。

今回の投稿は、前回の投稿に引き続き「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、前回の投稿に引き続き「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿になります。

前回の投稿で記載したように「Windows 10」に関しては、2017年4月11日に「Windows 10」の次期メジャーアップデートとなる「Windows 10 Creators Update」の公開が予定されています。

しかしながら、2016年8月に公開された「Windows 10 Anniversary Update」を適用した「Windows 10」に不具合が発生した事例のように、「Windows 10 Creators Update」が公開された直後に、お使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合は、何かしらの不具合が発生する可能性が高いと考えることができます。

そのため、当記事を参照される皆様におかれましては、お使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する手順を把握するだけではなく、仮に「Windows 10 Creators Update」を適用した「Windows 10」に不具合が発生することを想定しながら、お使いの「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に適用する前のバージョンに戻す手順を把握してください。

そこで今回の投稿では、前回の投稿に引き続き「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

なお、お使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する手順に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に手動でメジャーアップデートする手順について>

1、URL

「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に手動でメジャーアップデートする手順について


それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順

1、【「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す場合の注意事項】

それでは初めに「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順について記載いたします。

まずは「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す場合の注意事項について記載します。

お使いの「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に適用する前のバージョンに戻す場合には、いくつかの注意事項が存在します。

そこで以下の「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す場合の注意事項を参照してください。


<注意事項>

1、「Windows 10 Creators Update」に適用する前のバージョンに戻すことができる期間は10日間であること

2、「Windows 10 Creators Update」を適用した「Windows 10」を初期化すること

3、「Windows 10 Creators Update」を適用した「Windows 10」のシステムクリーンアップを実行すること

4、「Windows 10」のシステムフォルダにバックアップされている「C:\Windows.old」というフォルダを削除及び変更すること

5、「Windows 10 Creators Update」を適用した「Windows 10」に新規のユーザーアカウントを追加すること

6、「Windows 10 Creators Update」を適用した「Windows 10」にインストールしたアプリケーションは全て削除されること

7、「Windows 10 Creators Update」を適用した「Windows 10」で行ったシステム設定等は全て削除されること


以上が「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す場合の注意事項になります。

そして「Windows 10 Creators Update」を適用した「Windows 10」で上記の操作を行う場合には、お使いの「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に適用する前のバージョンに戻すことができなくなることに注意してください。

「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す場合の注意事項に関する記載は以上です。

2、【以前のバージョンに復元する】

それでは次に「Windows 10」を以前のバージョンに復元する手順について記載いたします。

まずはお使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に更新とセキュリティという項目をクリックします。

次に回復という項目をクリックしてから、「前のバージョンのWindows 10に戻す」という欄で開始するという項目をクリックしてください。

次に「Windows 10」を以前のバージョンに復元する理由を選択する項目にチェックを入れてから、次へという項目をクリックします。

次にチェックしないという項目をクリックしてください。

次に次へという項目をクリックします。

次に次へという項目をクリックしてください。

次に以前のビルドに戻すという項目をクリックしてから、お使いのパソコンを再起動します。

次に「Windows 10」を以前のバージョンに復元する操作が開始されます。

なお「Windows 10」を以前のバージョンに復元するために必要となる時間に関しては、お使いのパソコンのスペックにより異なりますから、「Windows 10」を以前のバージョンに復元する操作が完了するまでお待ちください。

以上で「Windows 10」のメジャーアップデートから以前のバージョンを復元することができました。

「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」から以前のバージョンに戻す手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順

それでは次に「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について記載いたします。

「Windows 10」に関しては、従来の「Windows OS」と異なり、数ヶ月という単位でメジャーアップデートプログラムが公開される仕様となっています。

しかしながら「Windows 10」のメジャーアップデートプログラムが公開されてから、すぐにお使いの「Windows 10」をメジャーアップデートしたくない場合は、「Windows Update」の設定で「Windows 10」のメジャーアップデートを延期することができます。

そこで「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について>

1、URL

「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について


「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。