「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に手動でメジャーアップデートする手順について

【スポンサーリンク】

皆様、こんにちは。

ここ最近の私的な多忙のために、当ブログの記事更新を休止していたことをお詫びいたします。

今回の投稿は、「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿になります。

「Windows 10」に関しては、2017年4月11日に「Windows 10」の次期メジャーアップデートとなる「Windows 10 Creators Update」の公開が予定されています。

しかしながら「Windows 10」の開発元であるマイクロソフトの公式サイトでは、すでに2017年4月5日の時点で「Windows 10 アップグレード アシスタント」というプログラムを利用する「Windows 10 Creators Update」へのメジャーアップデートが可能になっていました。

そこで以下の当ブログ管理人が使用する「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用した際の画像を参照してください。


<「Windows 10 Creators Update」>


当ブログ管理人が使用する「Windows 10」についても、先ほど「Windows 10 Creators Update」を適用したばかりですが、「Windows Defender」と「Windows Firewall」等のセキュリティ機能が統合化された「Windows Defender セキュリティセンター」という名称の画面が追加されていることを確認しています。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に手動でメジャーアップデートする手順について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

なお、今回の投稿で記載する「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に手動でメジャーアップデートする手順に関しては、あくまで「Windows 10 Creators Update」が正式に公開される前に、「Windows 10 アップグレード アシスタント」というプログラムを使用してから、お使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する手順になります。

そのため、お使いの「Windows 10」に対して早急に「Windows 10 Creators Update」を適用する必要がないと考えるユーザーについては、以下の「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順に関する過去記事を参照してから、お使いの「Windows 10」に対する「Windows 10 Creators Update」の適用を延期する設定を行ってください。


<「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について>

1、URL

「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について


それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に手動でメジャーアップデートする手順

1、【「Windows 10 Creators Update」を適用する場合の注意事項】

それでは初めに「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に手動でメジャーアップデートする手順について記載いたします。

まずは「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合の注意事項について記載します。

そこで以下の「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合の注意事項を参照してください。


<注意事項>

1、「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合は、最低でも8GB以上のハードディスクが必要となること

2、現在使用する「Windows 10」が安定している場合は、即座に「Windows 10 Creators Update」を適用する必要はないということ。ただし「Windows 10 Home」の場合は、「Windows Update」のサービス自体を停止しないと「Windows 10 Creators Update」の自動的な適用を防止することができないこと

3、「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合は、お使いのパソコンから周辺機器を取り外しておくこと

4、「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合は、「Windows 10」でローカルアカウントを使用している際に、必ずローカルアカウント情報を控えておくこと

5、「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合は、お使いのパソコンで使用するセキュリティソフトを一時的に停止するか、またはアンインストールことが望ましいこと

6、「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する前には、必ずお使いのパソコンのバックアップイメージを作成すること


以上が「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合の注意事項になります。

そして2016年8月に公開された「Windows 10 Anniversary Update」を適用した「Windows 10」に不具合が発生した事例は記憶に新しいですが、「Windows 10」のメジャーアップデートプログラムが公開された直後に、お使いの「Windows 10」にメジャーアップデートプログラムを適用する場合は、何かしらの不具合が発生する可能性が高いといえます。

そのため「Windows 10」のメジャーアップデートプログラムが公開された直後に、お使いの「Windows 10」にメジャーアップデートプログラムを適用する場合は、必ずお使いの「Windows 10」の完全なバックアップイメージを作成してから、お使いの「Windows 10」にメジャーアップデートプログラムを適用するようにしてください。

もちろん今回の投稿で記載する「Windows 10 Creators Update」を適用した場合においても、お使いの「Windows 10」を以前のバージョンに復元することは可能ですが、仮にお使いの「Windows 10」が起動しない等のケースを想定する場合に、やはりお使いの「Windows 10」の完全なバックアップイメージを作成することは重要と考えることができます。

なお、お使いの「Windows 10」の完全なバックアップイメージを作成する手順に関する詳細については、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」のバックアップと復元を実行する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のバックアップと復元を実行する手順について>

1、URL

「Windows 10」のバックアップと復元を実行する手順について


「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用する場合の注意事項に関する記載は以上です。

2、【ダウンロード】

それでは次に「Windows 10 アップグレード アシスタント」というプログラムをダウンロードする手順について記載いたします。

まずはお使いのキーボード上で「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に更新とセキュリティという項目をクリックします。

次に「はい。方法を確認する」という項目をクリックしてください。

次にお使いの「Windows 10」のWebブラウザでマイクロソフトの公式サイトが表示されてから、ソフトウェアダウンロードサイトという項目をクリックします。

次に今すぐアップデートという項目をクリックしてから、「Windows 10 アップグレード アシスタント」というプログラムを任意場所に保存してください。

以上で「Windows 10 アップグレード アシスタント」というプログラムをダウンロードすることができました。

「Windows 10 アップグレード アシスタント」というプログラムをダウンロードする手順に関する記載は以上です。

3、【実行】

それでは次に「Windows 10 アップグレード アシスタント」というプログラムを実行する手順について記載いたします。

まずは前項でダウンロードした「Windows 10 アップグレード アシスタント」というプログラムを参照してください。

次に「Windows10Upgrade.exe」というファイルを実行します。

次に今すぐ更新という項目をクリックしてください。

次に次へという項目をクリックします。

次に「Windows 10」の更新プログラムの準備が開始されます。

次に今すぐ再起動という項目をクリックしてください。

次に閉じるという項目をクリックしてから、お使いのパソコンを再起動します。

以上で「Windows 10 Creators Update」の適用が開始されました。

なお、皆様がお使いのパソコンのスペックによっては、「Windows 10 Creators Update」の適用に時間を要する場合がありますが、お使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」が適用されるまでお待ちください。

次にお使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用した後の初期設定を行う画面が表示されます。

そこで次へという項目をクリックしてください。

次に「Windows 10」のプライバシー設定を選択する画面が表示されます。

そこで以下の「Windows 10」のプライバシー設定項目を選択してから、承諾するという項目をクリックしてください。


<設定項目>

1、位置情報

2、音声認識

3、診断

4、診断データを使用してエクスペリエンスをカスタマイズする

5、関連性の高い広告


次に音声認識パーソナルアシスタント(Cortana)の実行に関する選択画面が表示されます。

そこで今は実行しないという項目、またはCortanaを使うという項目をクリックしてください。

次にお使い「Windows 10」にログインします。

次にお使いのキーボード上で「Windows ロゴマーク」及び「R」というキーを同時に押してから、ファイル名を指定して実行という画面を表示してください。

次に名前という欄に以下の文字列を入力してから、「Enter」というキーを押します。


<文字列>

winver


次にお使いの「Windows 10」のバージョンについて、以下のようなバージョンの表記になっていることを確認してください。


<バージョン>

1、バージョン

1703

2、ビルド番号

15063.13


以上でお使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用することができました。

「Windows 10」を「Windows 10 Creators Update」に手動でメジャーアップデートする手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」のメジャーアップデートから以前のバージョンを復元する手順

それでは次に「Windows 10」のメジャーアップデートから以前のバージョンを復元する手順について記載いたします。

先に記載するように、お使いの「Windows 10」に「Windows 10 Creators Update」を適用してから、仮にお使いの「Windows 10」に何らかの不具合が発生した場合に、「Windows 10 Creators Update」を適用してから10日以内であれば、お使いの「Windows 10」を以前のバージョンに戻すことができます。

そこで「Windows 10」のメジャーアップデートから以前のバージョンを復元する手順に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」のメジャーアップデートから以前のバージョンを復元する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のメジャーアップデートから以前のバージョンを復元する手順について>

1、URL

「Windows 10」のメジャーアップデートから以前のバージョンを復元する手順について


「Windows 10」のメジャーアップデートから以前のバージョンを復元する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。