「Windows 10」のメジャーアップデートを手動で実行する手順について

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のメジャーアップデートを手動で実行する手順について

皆様、こんばんは。

2016年のお盆休みも最終日を迎えました。

今回の投稿は、「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のメジャーアップデートに関する投稿になります。

先日となる2016年8月2日に、「Windows 10」の最新バージョンとなる「Windows 10 Anniversary Update」が公開されました。

「Windows 10 Anniversary Update」は、「Windows Ink」及び「Microsoft Edge」の拡張機能等の新機能を始めとしながら、多数のセキュリティ機能の修正及び「Windows 10」のアクティベーションに関する改善も行われました。

そしてお使いの「Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を適用する手段に関しては、「Windows 10」の「Windows Update」を使用することが基本となりますが、「Windows 10」のアップグレードツールを利用することにより、「Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を手動で適用することができます。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」のメジャーアップデートを手動で実行する手順について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のメジャーアップデートを手動で実行する手順

1、【「Windows 10 Anniversary Update」のシステム要件】

それでは「Windows 10」のメジャーアップデートを手動で実行する手順について記載いたします。

まずは「Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を適用する際に必要となるシステム要件について記載します。

そこで以下の「Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を適用する際に必要となるシステム要件に関する記事を参照してください。


<大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」提供開始>

1、URL

大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」提供開始

2、ブログカード

 Microsoftは2日、開発コードネーム「Redstone 1」と呼ばれ、各種の新機能を搭載するWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Anniversary Update」の提供を開始した。

3、引用

PC向けのWindows 10 Anniversary Updateでは、32ビット版では、必要なメモリ容量がこれまでの1GBから2GBに変更されている点には注意が必要だ。また、ライセンス認証情報が Microsoftアカウントと紐づけられ、ハードウェア構成を変更した場合に再度ライセンス認証が可能になっている。


このように「Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を場合には、「Windows 10」の32bit版で必要なるメモリ容量について、変更になっていることに注意をお願いいたします。

Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を適用する際に必要となるシステム要件に関する記載は以上です。

2、【ダウンロード】

それでは次に「Windows 10」のアップグレードツールのダウンロードについて記載いたします。

まずはお使いのキーボード上で「Windows ロゴマーク」及び「I」というキーを同時に押してから、Windowsの設定という画面を表示してください。

次に詳細情報という項目をクリックします。

次に赤枠項目をクリックしてください。

次に「Windows 10」のアップグレードツールを任意場所に保存します。

以上で「Windows 10」のアップグレードツールをダウンロードすることができました。

「Windows 10」のアップグレードツールのダウンロードに関する記載は以上です。

3、【実行】

それでは次に「Windows 10」のアップグレードツールの実行について記載いたします。

まずは前項でダウンロードした「Windows 10」のアップグレードツールを実行してください。

次に今すぐ更新という項目をクリックします。

次に次へという項目をクリックしてください。

次に「Windows 10」の更新プログラムに関する準備が開始されます。

次に今すぐ再起動という項目をクリックしてから、お使いのパソコンを再起動してください。

次に閉じるという項目をクリックします。

以上で「Windows 10」のアップデートが開始されました。

次に「Windows 10」のアップデートが完了した場合に、上記の画面が表示されます。

そこで次へという項目をクリックしてください。

次に「Windows 10」のシステム設定に関する画面が表示されます。

そこで赤線項目のどちらかの項目をクリックしてください。

なお今回の投稿では、カスタマイズという項目をクリックします。

次に次へという項目をクリックしてください。

なお「Windows 10」のシステム設定に関する各項目に関しては、「Windows 10」を使用するユーザーに応じて設定するようにお願いいたします。

次に次へという項目をクリックしてください。

次に次へという項目をクリックします。

次に次へという項目をクリックしてください。

次に音声認識パーソナルアシスタント「Cortana」の設定に関する画面が表示されます。

そこで赤線項目のどちらかの項目を選択してください。

なお今回の投稿では、今は実行しないという項目をクリックします。

次に「Windows 10」のログイン画面が表示されます。

そこで所有するユーザーアカウントで「Windows 10」にログインしてください。

次に終了という項目をクリックします。

次にお使いのキーボード上で「Windows ロゴマーク」及び「R」というキーを同時に押してから、ファイル名を指定して実行という画面を表示してください。

次に以下の文字列を入力してから、「Enter」というキーを押します。


<文字列>

winver


次に「Windows 10」のバージョンを確認してください。

以上で「Windows 10」のアップグレードツールを実行することができました。

「Windows 10」のメジャーアップデートを手動で実行する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

「Windows 10 Anniversary Update」の適用に関しては、現状で「Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を適用する場合に、最悪は「Windows 10」がフリーズして動作しないというケースもあるようです。

そのため「Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を適用する場合は、慎重に検討してから、「Windows 10」に「Windows 10 Anniversary Update」を適用するようにお願いいたします。

それでは以上です。