「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 10」の標準Webブラウザである「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」の標準Webブラウザである「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する投稿になります。

当ブログにおいては、昨年の投稿で「Windows OS」の各バージョンごとのキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記事を投稿しましたが、実は「Windows OS」には、「Windows OS」の各プログラムごとのキーボードショートカット(ショートカットキー)が存在します。

そこでまずは、以下のサイト様による「Microsoft Office」というプログラムにおけるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する過去記事を参照してください。


<これを覚えれば仕事が捗る!MacとWindowsで僕が17年間仕事の中で使ってきたショートカットキー一覧【Microsoft Excel 2016編】>

1、URL

これを覚えれば仕事が捗る!MacとWindowsで僕が17年間仕事の中で使ってきたショートカットキー一覧【Microsoft Excel 2016編】

2、ブログカード

Microsoft Excel 2016で僕がよく使うショートカットキー一覧をMacとWindowsで並べて一覧にしました。こうすることでこの操作WindowsはこうだけどMacだとどうだっけ?とかその逆もわかると思います。これを覚えれば仕

このように「Windows OS」の開発元であるマイクロソフトのオフィスソフトとして有名な「Microsoft Office」というプログラムについても、実に様々なキーボードショートカット(ショートカットキー)が存在するわけです。

そして今回の投稿テーマである「Microsoft Edge」というWebブラウザにおいても、当然のことながら様々なキーボードショートカット(ショートカットキー)が存在します。

そこで今回の投稿では、「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)

1、【基本操作】

それでは初めに「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載いたします。

まずはお使いのキーボード上の単体キーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

そこで以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「K360R」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上のキー配列に関しては、上記のような配置になります。

次に以下のキーボード上の単体キーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<キーボード上の単体キーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表>

ショートカットキー説明
BackSpaceWebページの前の画面に戻る
HomeWebページの先頭にスクロールする
EndWebページの末尾にスクロールする
EscWebページの読み込みを中止する
F1「Microsoft Edge」のヒントを表示する
F3 検索ツールバーを表示する
F4 「Microsoft Edge」のアドレス欄を選択する
F5Webページを更新する
F6「Microsoft Edge」のアドレス欄を選択する
F7カーソルブラウズを有効にする
F12開発者ツールを表示する

以上がキーボード上の単体キーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の単体キーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

2、【「Ctrl」】

それでは次にお使いのキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Ctrl」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Ctrl」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次にキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<キーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表>

ショートカットキー説明
Ctrl + AWebページの項目をすべて選択する
Ctrl + D現在表示されているページをお気に入りに追加する
Ctrl + Eアドレス欄で検索ワードを入力する
Ctrl + F検索ツールバーを表示する
Ctrl + H閲覧履歴を表示する
Ctrl + Iお気に入り画面を表示する
Ctrl + Jダウンロード履歴を表示する
Ctrl + K現在のタブを新規タブとして追加する
Ctrl + Lアドレス欄を選択する
Ctrl + N新規のウィンドウを開く
Ctrl + P現在表示されているページを印刷する
Ctrl + RWebページを更新する
Ctrl + T 新規タブを追加する
Ctrl + W現在のタブを閉じる
Ctrl + –画面を縮小する
Ctrl + +画面を拡大する
Ctrl + 0通常の画面サイズに戻す
Ctrl + 1~8現在開いているタブを切り替える
Ctrl + 9最後(右側)のタブに切り替える
Ctrl + F3検索ツールバーを表示する
Ctrl + F4 現在のタブを閉じる
Ctrl + F5Webページを更新する
Ctrl + クリックリンクを新規タブで開く
Ctrl + Tab次のタブに切り替える
Ctrl + Shift + Bお気に入りバーを表示する
Ctrl + Shift + Del閲覧データの消去画面を表示する
Ctrl + Shift + K現在のタブを新規タブとして追加する
Ctrl + Shift + Lコピーした文字列で検索する
Ctrl + Shift + P「Microsoft Edge」のプライベートウィンドウを開く
Ctrl + Shift + R読み取りビューを開始する
Ctrl + Shift + T直前に閉じたタブを再度開く
Ctrl + Shift + Tab前のタブに切り替える
Ctrl + Shift + クリックリンクを新規タブで開いて切り替える

以上がキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

3、【「Alt」】

それでは次にお使いのキーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Alt」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Alt」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次にキーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<キーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表>

ショートカットキー説明
Alt + C選択項目を検索チャームまたはコルタナで検索する
Alt + Dアドレス欄を選択する
Alt + Jフィードバックを表示する
Alt + →Webページの次の画面に進む
Alt + ←Webページの前の画面に戻る
Alt + Home「Microsoft Edge」のホームページを表示する
Alt + F4現在のタブを閉じる
Alt + Shift + クリックリンクを新規タブで開く

以上がキーボード上の「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

4、【「Windows」】

それでは次にお使いのキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載いたします。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Windows」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Windows」というキーの配置に関しては、上記画像のようになります。

次にキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<キーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表>

ショートカットキー説明
Windows + L共有チャームを表示する

以上がキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

「Microsoft Edge」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

「Microsoft Edge」の使い方

それでは次に「Microsoft Edge」の使い方について記載いたします。

「Microsoft Edge」の使い方に関する詳細については、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Microsoft Edge」の使い方に関する過去記事を参照してください。


<「Microsoft Edge」の使い方について>

1、URL

「Microsoft Edge」の使い方について

2、ブログカード

「Microsoft Edge」の使い方について

「Microsoft Edge」の使い方に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿に興味がある方は、ぜひ一度お試しください。

それでは以上です。