「Windows 10」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 10」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する投稿になります。

「Windows 10」を始めとする「Windows OS」に関しては、キーボード上のキーを単独及び複合的に組み合わせて押下することにより、「Windows OS」の各機能を操作することができるキーボードショートカットという機能があります。

例えば以下の「Windows 10」のデスクトップ画面を参照してください。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/239181168_org.v1469692046.jpg

次にキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「R」というキーを同時に押します。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/239181164_org.v1469692037.jpg

以上で「Windows 10」のキーボードショートカットという機能により、ファイル名を指定して実行という画面を表示することができました。

そして上記のように「Windows OS」のキーボードショートカットという機能を使用することにより、「Windows OS」の各機能における操作の効率化を図ることができるというわけです。

そこで今回の投稿では、「Windows 10 Anniversary Update」で追加されたキーボードショートカットを追記しながら、「Windows 10」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のキーボードショートカット(ショートカットキー)

1、【「Windows」】

それでは初めに「Windows 10」のキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載いたします。

まずはお使いのキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

そこで以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Windows」>

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/239181467_org.v1469693424.jpg


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Windows」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次に以下のキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)一覧表>

ショートカットキー説明
Windows ロゴマークスタートメニューを表示する
Windows + 数字キータスクバーにピン留めされたプログラムを起動する
Windows + Aアクションセンターを表示する
Windows + B通知領域にフォーカスを設定する
Windows + CCortanaをリスニングモードで起動する
Windows + Dデスクトップを表示または非表示する
Windows + Eエクスプローラーを起動する
Windows + Fフィードバック Hub を表示する
Windows + Gゲームの実行中にゲーム バーを表示する
Windows + H共有チャームを表示する
Windows + IWindowsの設定を表示する
Windows + J利用可能な場合にWindows のヒントにフォーカスを設定する。
Windows + K[接続] クイックアクションをを表示する
Windows + Lロック画面を表示する
Windows + M全ての画面を最小化する
Windows + O端末の向きを固定する
Windows + Pプレゼンテーション表示モードを選択する(外部モニター使用時)
Windows + Rファイル名を指定して実行という画面を表示する
Windows + S検索画面を表示する
Windows + Tタスクバーに表示されているアイコンを順番に有効にする
Windows + Uコンピューターの簡単操作センターを表示する
Windows + V通知を順番に切り替える
Windows + Shift?+ V通知を逆順に切り替える
Windows + WWindows Inkを表示する
Windows + Xスタートボタンを右クリックした際のメニューを表示する
Windows + Zアプリのコマンドバーを表示する
Windows + Enterナレーションを起動する
Windows + Esc拡大鏡アプリを終了する
Windows + Space入力言語とキーボードレイアウトを切り替える
Windows + Tabタスクビューを表示する
Windows + Pause[システムのプロパティ] ダイアログ ボックスを表示する
Windows + /IME の再変換を開始する
Windows + ,デスクトップを一時的に表示する
Windows + +画面を拡大する
Windows + –画面を縮小する
Windows + →アクティブウィンドウを右画面半分に表示する
Windows + ←アクティブウィンドウを左画面半分に表示する
Windows + ↑アクティブウィンドウを最大化する
Windows + ↓アクティブウィンドウを通常に戻すまたは最小化する
Windows + Alt + Dデスクトップで日付と時刻を表示または非表示にする
Windows + Alt + 数字デスクトップを開き、タスク バー上の数字で示す位置にピン留めされているアプリのジャンプ リストを表示する
Windows + Shift +?M最小化されたウィンドウをデスクトップに復元する
Windows + Shift + 数字デスクトップを開き、タスク バー上の数字で示す位置にピン留めされているアプリの新しいインスタンスを開始する
Windows + Shift + →マルチモニター環境でアクティブウィンドウを左モニターに表示する
Windows + Shift + ←マルチモニター環境でアクティブウィンドウを右モニターに表示する
Windows + Shift + ↑横幅を保持してアクティブウィンドウを最大化する
Windows + Shift + ↓横幅を保持してアクティブウィンドウを通常に戻すまたは最小化する
Windows + Ctrl + 数字デスクトップを開き、タスク バー上の数字で示す位置にピン留めされているアプリの前回の作業中のウィンドウに切り替える
Windows + Ctrl +?Space以前に選択されていた入力方式に変更する
Windows + Ctrl + Shift?+ 数字デスクトップを開き、タスク バー上の指定された位置にあるアプリの新しいインスタンスを管理者として表示する
Windows + Ctrl + ←仮想デスクトップを切り替える
Windows + Ctrl + →仮想デスクトップを切り替える
Windows + Ctrl + D仮想デスクトップを作成する
Windows + Ctrl + F4仮想デスクトップを削除する
Windows + Ctrl + FPC を検索する (ネットワークに参加している場合)
Windows + Home全てのアクティブではないウィンドウを最小化する
Windows + PrintScreenデスクトップのスクリーンショットを取得してスクリーンショットフォルダに保存する
Windows + Shift + ?フィードバックアプリを起動する

以上がキーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の「Windows」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

2、【「Ctrlキー」】

それでは次にキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Ctrl」>

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/239181472_org.v1469693440.jpg


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上における「Ctrl」というキーの配置に関しては、上記画像のようになります。

次に以下のキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)一覧表>

ショートカットキー説明
Ctrl + A全て選択する
Ctrl + C選択項目をコピーする
Ctrl + E検索ボックスを選択する
Ctrl + F検索ボックスを選択する
Ctrl + Nアクティブウィンドウを別のウィンドウで表示する
Ctrl + Oファイルを開く
Ctrl + R作業中のウィンドウを最新の情報に更新する
Ctrl + V選択項目を貼り付ける
Ctrl + Wアクティブウィンドウを閉じる
Ctrl + X選択項目を切り取る
Ctrl + Y操作をやり直す
Ctrl + →次の単語の先頭にマウスカーソルを移動する
Ctrl + ←前の単語の先頭にマウスカーソルを移動する
Ctrl + ↓次の段落の先頭にマウスカーソルを移動する
Ctrl + ↑前の段落の先頭にマウスカーソルを移動する
Ctrl + F4作業中のドキュメントを閉じる (複数のドキュメントを同時に開くことができる全画面表示のアプリで)
Ctrl + マウスのスクロール ホイールファイル アイコンとフォルダー アイコンのサイズおよび外観を変更する
Ctrl + Alt + Tab方向キーを使って、開いている全てのアプリ間で切り替える
Ctrl + Alt + Shift + 方向キースタート メニュー内でフォーカスされているグループまたはタイルを指定した方向に移動する
Ctrl + 方向キー + Spaceウィンドウ内またはデスクトップ上の複数のアイテムを個別に選択する
Ctrl + Shift + E選択したフォルダーの上のフォルダーをすべて表示する
Ctrl + Shift + N新しいフォルダーを作成する
Ctrl + Shift + 方向キーテキストのブロックを選択する
Ctrl + Shift + Delアカウントの切り替え画面を表示する
Ctrl + Shift + Escタスクマネージャーを起動する
Ctrl + Shift + Tab前のタブに移動する
Ctrl + Tab次のタブに移動する
Ctrl + Insert選択済みファイルをコピーする
Ctrl + Escスタートメニューを表示する
Ctrl + Homeファイルの先頭に移動する
Ctrl + Endファイルの末尾に移動する
Ctrl + Shiftキーボード レイアウトを切り替える (複数のキーボード レイアウトが使用可能になっている場合)
Ctrl + Space中国語の入力方式エディター (IME) をオンまたはオフにする
Ctrl + Alt + F?拡大鏡で[全画面表示]に切り替える
Ctrl + Alt + L?拡大鏡で[レンズ]に切り替える
Ctrl + Alt + D?拡大鏡で[固定]に切り替える
Ctrl + Alt + I?拡大鏡で色を反転する
Ctrl + Alt + R?拡大鏡でレンズのサイズを変更する
Ctrl + Alt + Space拡大鏡の使用時に、全画面表示モードでプレビューする
Ctrl + Alt + 方向キー拡大鏡で方向キーの方向に表示を移動する
Ctrl + Alt+ Deleteロック画面を表示する
Ctrl + クリックファイル及びフォルダを複数選択する
Ctrl + Shift + タスク バー ボタンをクリック管理者としてアプリを開く
Ctrl + グループ化されたタスク バー ボタンをクリックグループのウィンドウを順番に切り替える
Ctrl + D&Dファイル及びフォルダをコピーする
Ctrl + Shift + D&Dファイル及びフォルダのショートカットを作成する

以上がキーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の「Ctrl」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

3、【「Altキー」】

それでは次にお使いのキーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Alt」>

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/239181471_org.v1469693431.jpg


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Alt」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次に以下のキーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)一覧表>

ショートカットキー説明
Alt + Dアドレスバーを選択する
Alt + Pプレビュー パネルを表示する
Alt + Enterファイル及びフォルダのプロパティを開く
Alt + Escアイテムを開かれた順序で順番に切り替える
Alt + Space作業中のウィンドウのショートカット メニューを開く
Alt + Tab実行しているアプリ及びアクティブウィンドウを表示する
Alt + Print Scrアクティブウィンドウのスクリーンショットを取得する
Alt + 下線付き文字その文字に対応するコマンドを実行する
Alt + ←前に戻る
Alt + →次に進む
Alt + ↑1 画面上へ移動する
Alt + ↓1 画面下へ移動する
Alt + F4電源操作に関するダイアログを表示する
Alt + F8サインイン画面でパスワードを表示する
Alt + Shift + Tab実行しているアプリ及びアクティブウィンドウを表示する
Alt + Shift + Esc実行しているアプリ及びアクティブウィンドウを表示する
Alt + Ctrl + Del「プログラムの強制終了」のダイアログを表示する
左 Alt + 左 Shift + Print Screenハイコントラストのオンとオフを切り替える
左 Alt + 左 Shift + Num Lockマウスキー機能のオンとオフを切り替える
Alt + ダブルクリック選択中のファイル及びフォルダのプロパティを開く
Alt + D&Dファイル及びフォルダのショートカットを作成する

以上がキーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

キーボード上の「Alt」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

4、【「Shift」】

それでは次にお使いのキーボード上の「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載します。

まずは以下の当ブログ管理人が使用するロジクール製の「K360R」というキーボードに関する画像を参照してください。


<「Shift」>


このようにお使いのキーボードごとに違いはあると思いますが、キーボード上の「Shift」というキーの配置に関しては、上記画像のような配置になります。

次に以下のキーボード上の「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表を参照してください。


<「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)一覧表>

ショートカットキー説明
Shift キーを 5 回押す固定キー機能のオンとオフを切り替える
Shift + F10選択したアイテムのショートカット メニューを表示する
Shift + Homeカーソル位置から行頭までを選択する
Shift + Endカーソル位置から行末までを選択する
Shift + Delete選択項目を完全に削除する
Shift + Tabアプリケーションの各ダイアログで前の項目にフォーカスを移動する
Shift + ひらがなカタカナ入力に切り替える
Shift + Esc全ての入力文字を変換前に戻す
Shift + Insertコピーしたファイル及びフォルダを貼り付ける
Shift + 方向キーウィンドウ内またはデスクトップ上の複数のアイテムを選択する、またはドキュメント内のテキストを選択する
Shift + Alt + 方向キー拡大鏡でルーペのサイズを変更する
Shift + クリック複数のファイル及びフォルダを選択する
Shift + 右クリックアプリのウィンドウメニューを表示する
Shift + タスク バー ボタンをクリックアプリを開く、またはアプリの別のインスタンスをすばやく開く
Shift + タスク バー ボタンを右クリックアプリのウィンドウメニューを表示する
Shift + グループ化されたタスク バー ボタンを右クリックグループのウィンドウメニューを表示する

以上がキーボード上の「Shift」というキーによるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する一覧表になります。

「Windows 10」のキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

「Windows OS」のキーボードショートカット(ショートカットキー)

それでは次に「Windows OS」各のバージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)について記載いたします。

前項まで記載したように「Windows 10」においては、「Windows 10」で使用することができるキーボードショートカット(ショートカットキー)があります。

しかしながら「Windows OS」に関しては、前項まで記載した「Windows 10」のキーボードショートカット(ショートカットキー)以外にも、各「Windows OS」のバージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)が存在するわけです。

そのため「Windows OS」の各バージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)に興味がある方は、以下の「Windows OS」各のバージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する過去記事を参照してください。


<「Windows OS」のショートカットキー(キーボードショートカット)について>

1、URL

「Windows OS」のショートカットキー(キーボードショートカット)について

2、ブログカード


「Windows OS」の各バージョンで共通に利用できるキーボードショートカット(ショートカットキー)に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿に興味がある方は、ぜひ一度お試しください。

それでは以上です。