「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新を無効にする手順について

【スポンサーリンク】

皆様、こんにちは。

今回の投稿は、「Windows 10」の「Windows Update」による自動更新に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」の「Windows Update」による自動更新に関する投稿になります。

「Windows 10」の「Windows Update」に関しては、基本的に「Windows Update」の更新プログラムの確認及び取得、または「Windows Update」の更新プログラムの適用という一連の流れが全て自動更新で行われています。

もちろん「Windows 10」の「Windows Update」を自動更新という仕様にすることは、「Windows 10」のセキュリティを安全に維持するという面で必要なことですが、例えば「Windows Update」の機能更新プログラムというメジャーアップデートプログラムを適用する場合においても、「Windows Update」を介する自動更新が行われるために、「Windows 10」のシステムに不具合が発生することを防止することができないという可能性もあります。

そして「Windows 10 Professional」というバージョンにおける「Windows Update」の自動更新を無効にする方法としては、主に以下の五種類の方法が存在します。


<「Windows Update」の自動更新を無効にする方法>

1、Windowsの設定から自動更新を一時的に無効にする(「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10 Professional」にて確認済み)

2、グループポリシーエディターを構成して自動更新を無効にする

3、コマンドプロンプトを使用して自動更新を無効にする

4、「Windows10 設定変更ツール」というフリーソフトを使用して自動更新を無効にする

5、「Windows 10」のシステムサービスを無効にして自動更新を無効にする


ただし「Windows 10 Home」というバージョンにおける「Windows Update」の自動更新を無効にする方法に関しては、グループポリシーエディター及びコマンドプロンプトを使用して自動更新を無効にする方法が利用できないことに注意してください。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」の「Windows Update」による自動更新を無効にする手順について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新を手動で無効にする手順

1、【Windowsの設定から自動更新を一時的に無効にする】

それでは初めに「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新を手動で無効にする手順について記載いたします。

まずはWindowsの設定から「Windows Update」の自動更新を一時的に無効にする手順について記載します。

「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10」に関しては、Windowsの設定という画面の詳細オプションの設定画面に表示されている更新の一時停止という項目を無効に設定することにより、「Windows Update」の自動更新を最大で35日間無効にすることができます。

ただし当ブログ管理人が更新の一時停止という項目を確認したのは、「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10 Professional」のバージョンであり、「Windows 10 Creators Update」を適用する「Windows 10 Home」のバージョンに、更新の一時停止という項目が存在するかということは確認できていません。

なおWindowsの設定から「Windows Update」の自動更新を一時的に無効にする手順に関する詳細については、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」の「Windows Update」を設定する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」の「Windows Update」を設定する手順について>

1、URL

「Windows 10」の「Windows Update」を設定する手順について


Windowsの設定から「Windows Update」の自動更新を一時的に無効にする手順に関する記載は以上です。

2、【グループポリシーエディターから自動更新を無効にする】

それでは次にグループポリシーエディターから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順について記載します。

グループポリシーエディターから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関しては、「Windows 10」のグループポリシーエディター画面から、「Windows Update」の自動更新に関する構成を設定することにより、「Windows Update」の自動更新を無効にする手順になります。

また「Windows 10 Home」というエディションについては、「Windows 10」のグループポリシーエディターが実装されていないために、グループポリシーエディター画面から「Windows Update」の自動更新を無効にできないことに注意してください。

そこでまずは、以下の「Windows 10」のコマンドプロンプトを管理者権限で表示する方法に関する過去記事を参照してから、お使いの「Windows 10」のコマンドプロンプト画面を表示します。


<「Windows 10」のコマンドプロンプトを管理者権限で表示する方法について>

1、URL

「Windows 10」のコマンドプロンプトを管理者権限で表示する方法について


次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押してください。


<文字列>

gpedit.msc


次にコンピューターの構成という項目をダブルクリックします。

次に管理用テンプレートという項目をダブルクリックしてください。

次にWindowsコンポーネントという項目をダブルクリックします。

次にWindows Updateという項目をダブルクリックしてください。

次に自動更新を構成するという項目をクリックしてから、ポリシー設定の編集という項目をクリックします。

次にポリシー設定の編集に関する画面が表示されます。

そこで無効という項目にチェックを入れてから、OKという項目をクリックしてください。


<ワンポイントアドバイス>

「Windows 10」のグループポリシーエディターから「Windows Update」の自動更新に関する設定を変更する場合は、以下のように操作します。

まずはポリシー設定の編集に関する画面を参照してください。

次に有効という項目にチェックを入れてから、以下の自動更新の構成という欄に表示されている設定項目を選択します。


<自動更新の構成>

2、ダウンロードとインストールを通知

・更新プログラムを自動的に確認するが、ダウンロード及びインストールする前に通知する

3、自動ダウンロードしインストールを通知

・更新プログラムを自動的に確認してダウンロードするが、インストールを行う前に通知する

4、自動ダウンロードしインストール日時を指定

・更新プログラムを自動的に確認してダウンロードしてから、ユーザーが設定する日時にインストールする

5、ローカルの管理者の設定選択を許可

・通常は選択する必要がない項目


次にOKという項目をクリックしてください。

以上で「Windows 10」のグループポリシーエディターから「Windows Update」の自動更新に関する設定を変更することができました。


以上でグループポリシーエディターから「Windows Update」による自動更新を無効に設定することができました。

次に再度、お使いの「Windows 10」のコマンドプロンプト画面を管理者権限で表示します。

次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押してください。


<文字列>

gpupdate /force


次にお使いのパソコンを再起動します。

以上でグループポリシーエディターから「Windows Update」による自動更新を無効にすることができました。

グループポリシーエディターから「Windows Update」による自動更新を無効にする手順に関する記載は以上です。

2、【コマンドプロンプトから無効にする】

それでは次にコマンドプロンプトから「Windows Update」による自動更新を無効にする手順について記載いたします。

コマンドプロンプトから「Windows Update」による自動更新を無効にする手順に関しては、前項で記載するグループポリシーエディターから「Windows Update」による自動更新を無効にする手順について、「Windows 10」のコマンドプロンプト画面から同様の操作を実行する手順になります。

そして「Windows 10 Home」というエディションについては、「Windows 10」のグループポリシーエディターが実装されていないために、コマンドプロンプト画面から「Windows Update」の自動更新を無効にできないことに注意してください。

そこでまずは、お使いの「Windows 10」のコマンドプロンプト画面を管理者権限で表示します。

次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押してください。


<文字列>

1、「Windows Update」の自動更新を無効にする

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “1” /t REG_DWORD /f

2、「Windows Update」の自動更新を有効にする

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “0” /t REG_DWORD /f

3、「Windows Update」の自動更新を既定値にする

reg delete “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /f


次にお使いのパソコンを再起動します。

以上でコマンドプロンプトから「Windows Update」の自動更新を無効にすることができました。

「Windows 10」のコマンドプロンプトから「Windows Update」による自動更新を無効にする手順に関する記載は以上です。

3、【「Windows Update」のローカルサービスを無効にする】

1、<自動更新のサービスを無効にする>

それでは次に「Windows Update」のローカルサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順について記載いたします。

まずは自動更新のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順について記載します。

自動更新のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関しては、以下の二種類の自動更新のローカルサービスを無効にすることにより、「Windows Update」の自動更新を無効にする手順になります。


<ローカルサービス>

  • Background Intelligent Transfer Service
  • Delivery Optimization

そして当項で記載する自動更新のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関しては、「Windows 10 Home」というエディションにおいても有効であることをご理解ください。

そこでお使いの「Windows 10」のコマンドプロンプト画面を管理者権限で表示します。

次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押してください。


<文字列>

1、Background Intelligent Transfer Serviceというローカルサービスを無効にする

sc config “BITS” start= disabled

2、Background Intelligent Transfer Serviceというローカルサービスを有効にする

sc config “BITS” start= delayed-auto


次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押します。


<文字列>

1、Delivery Optimizationというローカルサービスを無効にする

sc config “DoSvc” start= disabled

2、Delivery Optimizationというローカルサービスを有効にする

sc config “DoSvc” start= delayed-auto


次にお使いのパソコンを再起動してください。

以上で自動更新のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にすることができました。

自動更新のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関する記載は以上です。

2、<「Windows Update」のサービスを無効にする>

それでは次に「Windows Update」のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順について記載いたします。

「Windows Update」のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関しては、「Windows Update」のサービスを無効にすることにより、「Windows Update」の自動更新を無効にする手順になります。

ただし「Windows Update」のサービスを無効ということは、「Windows 10」の「Windows Update」における動作が全て停止されるために、「Windows Update」の更新プログラムの適用だけではなく、「Windows Update」の更新プログラムの確認も自動的に行われなくなることに注意してください。

また当項で記載する「Windows Update」のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関しては、「Windows 10 Home」というエディションにおいても有効です。

そこでまずは、お使いの「Windows 10」のコマンドプロンプト画面を管理者権限で表示します。

次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押してください。


<文字列>

1、「Windows Update」のシステムサービスを無効にする

sc config “wuauserv” start= disabled

2、「Windows Update」のシステムサービスを有効にする

sc config “wuauserv” start= demand


次にコマンドプロンプト画面を閉じてから、お使いのパソコンを再起動します。

以上で「Windows Update」のサービスを無効にしてから「Windows Update」の自動更新を無効にするることができるようになりました。

「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新を手動で無効にする手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新をフリーソフトから無効にする手順

1、【ダウンロードリンク】

それでは次に「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新をフリーソフトから無効にする手順について記載します。

まずは「Windows Update」の自動更新を無効にするための「Windows10 設定変更ツール」というフリーソフトをダウンロードする手順について記載いたします。

「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新をフリーソフトから無効にする手順に関しては、西村誠一さんというソフトウェア技術者が公開しておられる「Windows10 設定変更ツール」というフリーソフトを使用することにより、「Windows 10」の「Windows Update」の自動更新を無効にするという手順になります。

そして「Windows10 設定変更ツール」というフリーソフトを使用して「Windows Update」の自動更新を無効にすることは、「Windows 10 Home」というエディションにおいても、現時点で最も有効な手段の一つといえます。

そこで以下の「Windows10 設定変更ツール」の実行ファイルに関するダウンロードリンクを参照してください。


<ダウンロードリンク>

1、実行ファイル

「Windows10 設定変更ツール」の実行ファイル


次に上記のダウンロードリンクにアクセスしてから、「Windows10 設定変更ツール」の実行ファイルを任意の場所に保存します。

以上で「Windows10 設定変更ツール」の実行ファイルをダウンロードすることができました。

「Windows Update」の自動更新を無効にするための「Windows10 設定変更ツール」というフリーソフトをダウンロードする手順に関する記載は以上です。

2、【レジストリエントリーを追加して自動更新を無効にする】

それでは次に「Windows10 設定変更ツール」からレジストリエントリーを追加して「Windows Update」の自動更新を無効にする手順について記載いたします。

「Windows10 設定変更ツール」からレジストリエントリーを追加して「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関しては、「Windows10 設定変更ツール」の実行画面から、お使いの「Windows 10」に「Windows Update」の自動更新に関するレジストリエントリーを追加することにより、「Windows Update」の自動更新を無効にするという手順になります。

ただし当項で記載する「Windows10 設定変更ツール」からレジストリエントリーを追加して「「Windows Update」の自動更新を無効にする手順については、「Windows 10 Home」というエディションにおいて、「Windows Update」の自動更新を無効にすることができないことに注意してください。

そこでまずは、前項でダウンロードした「Windows10 設定変更ツール」の実行ファイルを解凍してから、「WinUpdateSettings.exe」というファイルを実行します。

次に「Windows 10 Pro(/Home)用設定 Windows Update設定」という欄に表示されている更新プログラムを確認しないという項目にチェックを入れてから、設定を変更するという項目をクリックしてください。

次にOKという項目をクリックしてから、お使いのパソコンを再起動してください。

以上で「Windows10 設定変更ツール」からレジストリエントリーを追加して「Windows Update」の自動更新を無効にすることができました。

「Windows10 設定変更ツール」からレジストリエントリーを追加して「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関する記載は以上です。

3、【ローカルサービスを無効にして自動更新を無効にする】

それでは次に「Windows10 設定変更ツール」からローカルサービスを無効にして「Windows Update」の自動更新を無効にする手順について記載いたします。

「Windows10 設定変更ツール」からローカルサービスを無効にして「Windows Update」の自動更新を無効にする手順に関しては、「Windows Update」のサービスを無効にすることにより、「Windows Update」の自動更新を無効にする手順になります。

ただし「Windows Update」のサービスを無効ということは、「Windows 10」の「Windows Update」における動作が全て停止されるために、「Windows Update」の更新プログラムの適用だけではなく、「Windows Update」の更新プログラムの確認も自動的に行われなくなることに注意してください。

また「Windows10 設定変更ツール」からローカルサービスを無効にして「Windows Update」の自動更新を無効にする手順については、「Windows 10 Home」というエディションにおいても、「Windows Update」の自動更新を無効にすることができます。

そこでまずは「Windows10 設定変更ツール」の実行ファイルにある「WinUpdateSettings.exe」というファイルを実行してください。

次に「Windows 10 Pro(/Home)用設定 Windows Update設定」という欄に表示されている「WinUpdateManagerをタスクスケジューラに追加」という項目をクリックします。

次にOKという項目をクリックしてください。

次に「登録されたWinUpdateManagerタスクを直ちに実行」という項目をクリックします。

次にお使いの「Windows 10」のタスクバーに表示されている「Windows10 設定変更ツール」のアイコンを右クリックしてから、設定という項目をクリックしてください。

次に「Windows10 設定変更ツール」の設定画面が表示されてから、現在の状態という項目が停止という項目になっていることを確認します。

以上で「Windows10 設定変更ツール」からローカルサービスを無効にして「Windows Update」の自動更新を無効にすることができました。

次に「Windows10 設定変更ツール」の初期設定においては、「Windows Update」の自動更新が既定値で無効となっています。

そこで今回の投稿では、毎日の午前0時から午前3時まで「Windows Update」の自動更新を有効にすると仮定してから、「Windows10 設定変更ツール」の初期設定を変更していきます。

まずはお使いの「Windows10 設定変更ツール」の設定画面を参照してください。

次に各曜日の0時から2時までの各項目にチェックを入れてから、変更という項目をクリックします。

以上で毎日午前0時から午前3時まで「Windows Update」の自動更新を有効にすることができました。

次に「Windows Update」の自動更新を有効にできるように、「Windows10 設定変更ツール」の初期設定を変更していきます。

まずはお使いの「Windows10 設定変更ツール」の設定画面を参照してください。

次に「Windows 10 Pro(/Home)用設定 Windows Update設定」という欄に表示されている「WinUpdateManagerをタスクスケジューラから削除」という項目をクリックします。

次に削除という項目をクリックしてください。

以上で「Windows Update」の自動更新を有効にすることができました。

「Windows 10」の「Windows Update」による自動更新をフリーソフトから無効にする手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」のメジャーアップグレードを延期する手順

それでは次に「Windows 10」のメジャーアップグレードを延期する手順について記載いたします。

「Windows 10」のメジャーアップグレードに関しては、「Windows Update」の機能更新プログラムを「Windows 10」に適用することによってメジャーアップグレードが行われるために、「Windows 10」のメジャーアップグレードを延期する手順に関する過去記事を追記することにしました。

そこで「Windows 10」のメジャーアップグレードを延期する手順に関する詳細を把握する場合は、以下の「Windows 10」のメジャーアップグレードを延期する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について>

1、「Windows 10 Professional」

「Windows 10」のメジャーアップデートを延期する手順について

2、「Windows 10 Home」

「Windows 10 Home」のメジャーアップデートを延期する手順について


「Windows 10」のメジャーアップグレードを延期する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。