「VMware Workstation 12 Player」 がリリース!ダウンロードリンク及びインストール手順について

【スポンサーリンク】

皆様、おはようございます。

本日の関東は雨模様の早朝となりました。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

http://art9.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/233352815_org.v1455334266.jpg

さて今回の投稿は、久しぶりに「VMware Workstation 12 Player」に関する投稿となります。

昨年8月26日に「VMware Player」の作成元である「VMware, Inc.」より、「VMware Player」の最新作となる「VMware Workstation 12 Player」が公開されました。


<ヴイエムウェア、VMware Workstation? 12 ProとVMware Workstation? 12 Playerを発表>

1、URL

ヴイエムウェア、VMware Workstation? 12 ProとVMware Workstation? 12 Playerを発表

2、引用

Windows 10に対応した次世代のデスクトップ仮想化により、パフォーマンスの向上を実現

【2015年8月26日 (日本時間)東京発】

ヴイエムウェア株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ジョン ロバートソン)は本日、業界をリードするPC向け仮想化ソフトウェアの最新バージョンであるVMware Workstation? 12 Proを発表しました。VMware Workstation 12 Proは、Windows 10に対応すると同時に、最新のソフトウェアやハードウェアによる技術革新に対応した40以上の新機能を備えています。

・VMware Workstation 12 Pro    VMware Workstation 12 Proは、リリースされたばかりのWindows 10と最新のLinuxディストリビューションに対応することで、単一PC上で複数のx86ベースのOSを稼働できるため、プロフェッショナルがソフトウェアを開発/テスト/検証するための新たな方法を提供します。

VMware Workstation 12 Proの主なアップデートは以下の通りです。

・Window 10向けに開発 ITプロフェッショナルや開発者は、現在使用中のWindows/Linux搭載PC上で、Windows 10向けのテストや開発が可能になります。ユーザはWindows 10に搭載された音声アシスタントのCortanaやEdgeブラウザのインク機能などの最新機能を最大限活用できるほか、Windows 10搭載デバイス向けのユニバーサル アプリを開発できます。 グラフィックスエンジンの強化 Microsoft DirectX 10やOpenGL 3.3への対応により、仮想マシン(VM)内で実行できる3Dグラフィックスを活用したアプリケーションを拡大しました。 ・パフォーマンスの向上 最新のVMware Workstation 12 Proは、パフォーマンスを向上させ、生産性とユーザ体験をさらに強化しています。暗号化された仮想マシンを一時停止または再起動する際のパフォーマンスを最大3倍向上したほか、3Dグラフィックス利用時のパフォーマンスを36%高速化しています。さらに、SkypeやLync VoIPを仮想マシン内で利用する際のエコー/ノイズ キャンセレーションの精度も向上し、これらのパフォーマンス負荷の高いアプリケーションを従来よりも高速かつ効率的に使用できるようになりました1。 ・最新のPCやタブレットに対応 デスクトップPCに利用されている高解像度の4K UHD(3840 x 2160)ディスプレイや、ノートPCやx86ベースのタブレットに利用されるQHD+(3200×1800)ディスプレイに最適化されているため、快適かつきめ細やかなユーザ体験を提供します。さらに、VMware Workstation 12 Proのさまざまな機能改善により、標準的な解像度のPCや4Kディスプレイが混在した環境でのユーザ体験も向上します。 ・VMware vCloudR Air? インセンティブ プログラム クラウド コンピューティングのメリットをより身近に感じてもらうため、VMware Workstation 12 Pro のユーザに、最大6カ月間使用できる600米ドル相当のVMware vCloud Airサービスクレジットを提供します。これはVMware vCloud Airの標準的な利用登録時に提供されるクレジットの2倍に相当します。

・VMware Workstation 12 Player

VMware Workstation 12 Player?(旧称:VMware Player Pro)は、VMware Workstation 12 Proを通じて提供される最新製品として、Windows 10に対応しているほか、強化された3Dグラフィックス機能やさらにパフォーマンスを向上した仮想マシンを提供します。直感的に操作でき、起動も簡単なVMware Workstation 12 PlayerはITプロフェッショナル向けの新たな選択肢として、企業の仮想デスクトップを従業員だけでなく、契約社員または顧客向けにも提供することができます。

・分散した仮想デスクトップの一元管理

仮想マシンの管理に関心の高いVMware Workstationのユーザは、ライセンスをVMware HorizonR FLEX?にアップグレードできます。ポリシーベースのコントロールを通じてローカルPC上で稼動する仮想デスクトップやアプリケーションを、中央からプロビジョニング/管理し、その安全性を向上できるため、VMware Horizon FLEXは、導入済みのVMware Workstationにさらなる管理機能を追加したいユーザにとって理想的なソリューションとなります。

・システム要件 VMware Workstation 12 ProとWorkstation 12 Playerは、最新のコンピューティング/アプリケーションのエコシステムをサポートするため64 ビットのプロセッサと 64 ビットのホスト OSが必要です。なお、仮想マシン内では32ビットのOSもサポートします。

・提供開始時期と価格について VMware Workstation 12 Proは30,890円から、VMware Workstation 12 Playerは16,890円からでそれぞれ本日よりご購入いただけます。

VMware Workstation 10/11のユーザは、18,590円からでVMware Workstation 12 Proにアップグレードいただけます。また、VMware Player 6 PlusとVMware Player 7 Proのユーザは、9,090円からでWorkstation 12 Playerにアップグレードできます。

VMware Workstation 11とVMware Player 7 Plusを2015年7月29日~2015年9月30日までにご購入いただいた方は、それぞれVMware Workstation 12とVMware Workstation 12 Playerにオンラインから無料でアップグレードできます。詳細は以下URLをご参照ください。 http://www.vmware.com/jp/products/workstation/faqs/licensing.html

製品の無償評価版は下記URLよりご利用いただけます。 http://www.vmware.com/jp/products/workstation/workstation-evaluation


「VMware Player」は有料版となる「VMware Workstation」の機能を限定した無償の仮想化ソフトウェア*1であり、今回の新バージョンのリリースを受けて、その名称が「VMware Workstation 12 Player」 に変更となりました。

そこで当記事は、2015年9月に「「VMware Workstation 12 Player」に関する導入手順」という記事テーマで記載した投稿となりますが、今回の投稿では、当記事を再投稿という形式で記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「VMware Workstation 12 Player」に関する導入手順

1、【ダウンロードリンク】

それでは「VMware Workstation 12 Player」に関する導入手順について記載いたします。

まずは「VMware Workstation 12 Player」に関するダウンロードリンクです。


<ダウンロードリンク>

1、セットアップファイル

VMware Workstation Player


上記のダウンロードリンクから、セットアップファイルを任意の場所にダウンロードしてください。

2、【インストール】

それでは次に「VMware Workstation 12 Player」のインストールについて記載いたします。

まずは前項でダウンロードしたセットアップファイルを実行してください。

http://art53.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/226998897_org.v1441082576.jpg

次に次へという項目をクリックします。

http://art61.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/226998899_624.v1441082529.jpg

次に赤線項目にチェックを入れてから、次へという項目をクリックしてください。

http://art61.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/226998901_org.v1441082502.jpg

次に次へという項目をクリックします。

http://art45.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/226998904_org.v1441082485.jpg

次に次へという項目をクリックしてください。

http://art53.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/226998906_org.v1441123980.jpg

次に次へという項目をクリックします。

http://art61.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/226998909_org.v1441082524.jpg

次にインストールという項目をクリックしてから、「VMware Workstation 12 Player」のインストールを開始してください。

http://art53.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/226998911_org.v1441082497.jpg

次に完了という項目をクリックします。

次にデスクトップ画面から、「VMware Workstation 12 Player」を実行してください。

http://art41.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/236863262_org.v1463678160.jpg

次に「非営利目的でVMware Workstation 12 Playerを無償で利用する」という項目にチェックを入れてから、赤線項目に任意のメールアドレスを入力して、さらに続行という項目をクリックします。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/236863260_org.v1463678145.jpg

次に完了という項目をクリックしてください。

http://art25.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/236863261_org.v1463678152.jpg

以上で「VMware Workstation 12 Player」のインストールが完了しました。

「VMware Workstation 12 Player」に関する導入手順についての記載は以上です。

「VMware Workstation 12 Player」に「VMware Tools」をインストールする手順

それでは次に「VMware Workstation 12 Player」に「VMware Tools」をインストールする手順ついて記載いたします。

「VMware Workstation 12 Player」を使用して仮想的なパソコン環境を構築する場合は、構築された仮想的なパソコン環境を最大限に活用する方法として、「VMware Tools」をインストールする必要があります。

そこで「VMware Workstation 12 Player」を使用するユーザーは、以下の「VMware Tools」をインストールする手順における過去記事を参照しながら、「VMware Workstation 12 Player」に「VMware Tools」をインストールすることを検討してください。


<「VMware Workstation Player」における「VMware Tools」のインストール手順及び共有フォルダ機能の有効化について>

1、URL

「VMware Workstation Player」における「VMware Tools」のインストール手順及び共有フォルダ機能の有効化について


「VMware Workstation 12 Player」に「VMware Tools」をインストールする手順についての記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「VMware Workstation Player」の導入方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「VMware Workstation Player」の導入方法に関連する記事のまとめを参照してください。


<「VMware Workstation Player」の導入方法に関連する記事のまとめ>

1、URL

「VMware Workstation Player」の導入方法に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

*1:注:非商用の個人使用に限り無料で利用することができます