「AdwCleaner 日本語版」の使い方について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、お使いのパソコンに海外製ソフトウェアをインストールする際に、同時インストールされてしまう可能性のある不要プログラム(PUP)を検出及び削除することができる「AdwCleaner」というマルウェア駆除ツールに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、お使いのパソコンに海外製ソフトウェアをインストールする際に、同時インストールされてしまう可能性のある不要プログラム(PUP)を検出及び削除することができる「AdwCleaner」というマルウェア駆除ツールに関する投稿になります。

2016年8月8日に「AdwCleaner」の最新バージョンとなる「AdwCleaner 6.0」が公開されました。

そこでまずは、以下の「AdwCleaner 6.0」に関する概要を参照してください。


<「AdwCleaner 6.0」に関する概要>

1、新機能

  • New codebase
  • New translation system
  • Support for IceDragon browser
  • Initial support for Vivaldi
  • Support for Firefox fake profiles detection
  • Generic.Shell detection
  • Log Manager
  • Options interface
  • New graphisms and refreshed interface
  • Basic metrics system
  • New debug module
  • Enforced optimizations during compilation
  • RAM usage optimization
  • Various security fixes
  • Fix Network connectivity checks
  • Element deleted on reboot now quarantined
  • Fix Shortcuts scan
  • Generics Detection generation
  • Support more than the default Chromium based browser profile
  • Fix Opera & Chromium issues

このように「AdwCleaner」の最新バージョンとなる「AdwCleaner 6.0」に関しては、「AdwCleaner」の実行画面が刷新されてから、新規のWebブラウザのサポートや「Log Manager」という機能の追加等の機能強化が図られています。

そこで今回の投稿では、「AdwCleaner」の使い方について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「AdwCleaner」の使い方

1、【ダウンロードリンク】

それでは初めに「AdwCleaner」の使い方について記載いたします。

まずは「AdwCleaner」の実行ファイルをダウンロードする手順について記載します。

そこで以下の「AdwCleaner」の実行ファイルに関するダウンロードリンクを参照してください。


<ダウンロードリンク>

1、公式サイト

「AdwCleaner」の実行ファイル

2、Bleepingcomputer.com

「AdwCleaner」の実行ファイル


次に上記のダウンロードリンクにアクセスしてから、「Download」という項目をクリックします。

次に「AdwCleaner」の実行ファイルを任意の場所に保存してください。

以上で「AdwCleaner」の実行ファイルをダウンロードすることができました。

「AdwCleaner」の実行ファイルをダウンロードする手順に関する記載は以上です。

2、【スキャンを実行する】

それでは次に「AdwCleaner」のスキャンを実行する手順について記載いたします。

まずは前項でダウンロードした「AdwCleaner」の実行ファイルを実行してください。


<ワンポイントアドバイス>

お使いの「Windows 8.1」及び「Windows 10」のスマートスクリーン機能によって「AdwCleaner」の実行がブロックされる場合は、以下のように操作します。

次に詳細情報という項目をクリックしてください。

次に実行という項目をクリックします。

以上で「AdwCleaner」を実行することができるようになりました。


次に同意という項目をクリックします。

次にスキャンという項目をクリックしてから、お使いの「AdwCleaner」のスキャンを開始してください。

以上で「AdwCleaner」のスキャンを実行することができました。

「AdwCleaner」のスキャンを実行する手順に関する記載は以上です。

3、【検出項目を隔離する】

それでは次に「AdwCleaner」による検出項目を隔離する手順について記載いたします。

まずはお使いの「AdwCleaner」の実行画面を参照してください。

次に「AdwCleaner」の実行画面に「スキャンが終了しました。検出項目を削除しない場合はチェックを外してください」というメッセージが表示されることにより、「AdwCleaner」のスキャンが完了となります。


<ワンポイントアドバイス>

「AdwCleaner」のスキャンが完了した後に、「AdwCleaner」のスキャンログを表示する場合は、以下のように操作してください。

まずはお使いの「AdwCleaner」の実行画面を参照します。

次にログファイルという項目をクリックしてください。

次に「AdwCleaner」のスキャン項目をダブルクリックします。

以上で「AdwCleaner」のスキャンログを表示することができました。

なお「AdwCleaner」のスキャンログに関しては、以下のシステムドライブの場所に保存されていることをご了承ください。


<保存場所>

1、保存場所

C:\AdwCleaner

2、画像


仮に「AdwCleaner」のスキャンログを必要とする場合は、上記に記載する「AdwCleaner」のスキャンログに関する保存場所を参照します。


次に以下の「AdwCleaner」のスキャンによる検出項目を確認してから、削除という項目をクリックしてください。

なお「AdwCleaner」のスキャンによる検出項目で削除しない検出項目がある場合は、削除しない検出項目のチェックを外すようにお願いいたします。


<検出項目>(1)注:「AdwCleaner」のスキャンによる検出項目に関しては、お使いのパソコン環境ごとに異なることをご了承ください

  • ファイル
  • DLL
  • WMI
  • ショートカット
  • スケジュールタスク
  • レジストリ
  • Internet Explorer
  • Firefox
  • Chrome

次にお使いのパソコンで実行しているプログラムを一旦終了してから、OKという項目をクリックしてください。(2)注:上記画面のOKという項目をクリックすることにより、お使いのパソコンで実行しているプログラムが強制終了されます

次にOKという項目をクリックします。

次にOKという項目をクリックしてから、お使いのパソコンを再起動してください。

次にお使いのパソコンが再起動された後に、「AdwCleaner」による検出項目の隔離に関するログが表示されます。

以上で「AdwCleaner」による検出項目を隔離することができました。

「AdwCleaner」による検出項目を隔離する手順に関する記載は以上です。

4、【設定画面を表示する】

それでは次に「AdwCleaner」の設定画面を表示する手順について記載いたします。

まずはお使いの「AdwCleaner」を実行してください。

次に画面上部のツール→オプションという項目順にクリックします。

次に「AdwCleaner」のオプション画面が表示されます。

そこで「AdwCleaner」のオプション画面に関しては、「AdwCleaner」の動作に関する設定を行うことができますが、「AdwCleaner」のオプション画面に表示される各設定項目の意味が不明な場合は、「AdwCleaner」のオプション画面を既定値のままに設定しておくことをお勧めいたします。

以上で「AdwCleaner」の設定画面を表示することができました。

「AdwCleaner」の設定画面を表示する手順に関する記載は以上です。

5、【アンインストール】

それでは次に「AdwCleaner」をアンインストールする手順について記載いたします。

まずはお使いの「AdwCleaner」の実行してください。

次に画面上部のファイル→アンインストールという項目順にクリックします。

次にはいという項目をクリックしてください。

以上で「AdwCleaner」をアンインストールすることができました。

「AdwCleaner」の使い方に関する記載は以上です。

「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策について

それでは次に「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策について記載いたします。

お使いのパソコンに海外製ソフトウェアをインストールする際は、海外製ソフトウェアのインストール画面で注意を払わない場合に、お使いのパソコンに「不要なプログラム(PUP)」を同時インストールしてしまう可能性があります。

そのため、お使いのパソコンに海外製ソフトウェアをインストールする場合は、必ず海外製ソフトウェアのインストール画面で「不要なプログラム(PUP)」に関する設定項目の有無を確認する必要があります。

そこでお使いのパソコンに「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策に関しては、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載していますから、以下の「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策に関する過去記事を参照してください。


<Potentially unwanted programs (PUP)、ブラウザハイジャッカー及びアドウェア等の不要なプログラムの導入を未然に防止する方法についてのまとめ>

1、URL

Potentially unwanted programs (PUP)、ブラウザハイジャッカー及びアドウェア等の不要なプログラムの導入を未然に防止する方法についてのまとめ


お使いのパソコンに「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外のセキュリティソフトの使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下のセキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

脚注)「▲戻る」をクリックすると本文に戻ります   [ + ]