「AdwCleaner 日本語版」の使い方について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、お使いのパソコンに海外製ソフトウェアをインストールする際に、同時インストールされてしまう可能性のある不要プログラム(PUP)を検出及び削除することができる「AdwCleaner」というマルウェア駆除ツールに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、お使いのパソコンに海外製ソフトウェアをインストールする際に、同時インストールされてしまう可能性のある不要プログラム(PUP)を検出及び削除することができる「AdwCleaner」というマルウェア駆除ツールに関する投稿になります。

2017年7月17日に「AdwCleaner」の最新バージョンとなる「AdwCleaner 7.0」が公開されました。

そこでまずは、以下の「AdwCleaner 7.0」に関する概要を参照してください。


<「AdwCleaner 6.0」に関する概要>

1、新機能

  • [ADD] New graphical interface (responsive and easier to use)

  • [ADD] New database format, with concept of family

  • [ADD] Additional actions per family

  • [ADD] Most of JRT technology now included

  • [ADD] New database management system

  • [ADD] Use of a CDN to provide database downloads

  • [ADD] No longer dependant on 3rd parties dll

  • [ADD] In-App updater

  • [ADD] “Submit samples” menu entry

  • [UPD] Database 2017-07-17.1

  • [UPD] Updated Generic detections

  • [UPD] All cleaning modules are more powerful against various system and permissions issues

  • [UPD] Remediation for browsers faster and no longer corrupt preferences.

  • [UPD] Scan faster by 15 to 25%

  • [UPD] Translations coverage improved

  • [UPD] Handling of process killing

  • [UPD] Quarantine format, now more robust

  • [BUG] No longer dependant on sqlite3.dll

  • [BUG] Fixed GUI not displaying any graphics in a few cases

2、実行画面


このように最新バージョンとなる「AdwCleaner 7.0」と以前のバージョンとなる「AdwCleaner 6.0」比較する場合に、最新バージョンとなる「AdwCleaner 7.0」に関しては、「AdwCleaner」の実行画面における操作性が簡素化されたということが挙げられます。

そして「AdwCleaner」については、2016年10月に「Malwarebytes Anti-malware」の開発を手掛ける「Malwarebytes Corporation」というセキュリティベンダーに買収されましたが、当面の間は「Malwarebytes AdwCleaner」という名称の無償セキュリティツールとして公開されていくようです。

そこで今回の投稿では、「AdwCleaner」の使い方について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「AdwCleaner」の使い方

1、【ダウンロードリンク】

それでは初めに「AdwCleaner」の使い方について記載いたします。

まずは「AdwCleaner」の実行ファイルをダウンロードする手順について記載します。

そこで以下の「AdwCleaner」の実行ファイルに関するダウンロードリンクを参照してください。


<ダウンロードリンク>

1、Malwarebytes.com(最新バージョン)

「AdwCleaner」の実行ファイル

2、Filehippo.com(旧バージョン)

「AdwCleaner」の実行ファイル


次に上記のダウンロードリンクにアクセスしてから、「Free Download」という項目をクリックして、「AdwCleaner」の実行ファイルを任意の場所に保存します。

以上で「AdwCleaner」の実行ファイルをダウンロードすることができました。

「AdwCleaner」の実行ファイルをダウンロードする手順に関する記載は以上です。

2、【スキャンを実行する】

それでは次に「AdwCleaner」のスキャンを実行する手順について記載いたします。

まずは前項でダウンロードした「AdwCleaner」の実行ファイルを実行してください。

次に同意するという項目をクリックします。

次にスキャンという項目をクリックしてください。

次に「AdwCleaner」のスキャンが開始されます。

そのため「AdwCleaner」のスキャンが終了するまでお待ちください。

次に「AdwCleaner」の実行画面に「操作を待機中」というメッセージが表示されることにより、「AdwCleaner」のスキャンが終了となります。

そこで「AdwCleaner」のスキャンによって検出された項目を隔離する場合は、結果という欄に表示されている検出項目のチェック欄にチェックが入っていることを確認してから、クリーンという項目をクリックしてください。

次にお使いのパソコンで実行している全てのプログラムを一旦終了してから、OKという項目をクリックします。(1)注:上記画面のOKという項目をクリックすることにより、お使いのパソコンで実行している全てのプログラムが強制終了されることに注意してください

次にReboot nowという項目をクリックしてから、お使いのパソコンを再起動してください。

次にお使いのパソコンが再起動された後に、「AdwCleaner」による検出項目の隔離に関するログが表示されます。

以上で「AdwCleaner」のスキャンを実行することができました。

「AdwCleaner」のスキャンを実行する手順に関する記載は以上です。

3、【スキャンログを表示する】

それでは次に「AdwCleaner」のスキャンログを表示する手順について記載いたします。

「AdwCleaner」のスキャンに関しては、「AdwCleaner」によるスキャンの完了時及び検出項目の隔離時にスキャンログが作成されます。

そこでまずは、お使いの「AdwCleaner」を実行してください。

次にログファイルという項目をクリックします。

次に「AdwCleaner」のログマネージャー画面が表示されます。

そこでまずは「AdwCleaner」によるスキャンの完了時のログを表示する場合は、画面上部のスキャンという項目をクリックしてから、参照するスキャンログの項目をダブルクリックしてください。

また「AdwCleaner」によって検出された項目を隔離した際のログを表示する場合は、画面上部のクリーンという項目をクリックしてから、参照するスキャンログの項目をダブルクリックします。

以上で「AdwCleaner」のスキャンログを表示することができました。

「AdwCleaner」のスキャンログを表示する手順に関する記載は以上です。

4、【隔離項目を復元する】

それでは次に「AdwCleaner」によって隔離された項目を復元する手順について記載いたします。

「AdwCleaner」によって隔離された項目に関しては、「AdwCleaner」の隔離マネージャーから、隔離項目を復元することができます。

そこでまずは、お使いの「AdwCleaner」を実行してください。

画面上部のツール→隔離という項目順にクリックします。

次に「AdwCleaner」の隔離マネージャー画面が表示されます。

そこでまずは「AdwCleaner」によって隔離されたファイル項目及びフォルダ項目を復元する場合は、画面上部のファイル – フォルダという項目をクリックしてから、復元対象とするファイル項目及びフォルダ項目を選択して、さらに復元という項目をクリックしてください。

また「AdwCleaner」によって隔離されたレジストリ項目を復元する場合は、画面上部のレジストリという項目をクリックしてから、復元対象とするレジストリ項目を選択して、さらに復元という項目をクリックします。

以上で「AdwCleaner」によって隔離された項目を復元することができました。

「AdwCleaner」によって隔離された項目を復元する手順に関する記載は以上です。

5、【使用言語を変更する】

それでは次に「AdwCleaner」の使用言語を変更する手順について記載いたします。

「AdwCleaner 7.0」に関しては、最新バージョンとして公開された日数が浅いためか、「AdwCleaner 7.0」を二度目に実行する場合に、「AdwCleaner 7.0」の使用言語が英語に設定されてしまうという不具合を確認しています。

そのため「AdwCleaner 7.0」の使用言語が英語に設定された場合は、「AdwCleaner」を使用するユーザー側で使用言語を日本語に再設定してください。

そこでまずは、お使いの「AdwCleaner」の実行します。

次に画面上部のLanguageという項目をクリックしてから、日本語という項目をクリックしてください。

次にOKという項目をクリックしてから、「AdwCleaner」を再起動します。

以上で「AdwCleaner」の使用言語を変更することができました。

「AdwCleaner」の使用言語を変更する手順に関する記載は以上です。

6、【アンインストール】

それでは次に「AdwCleaner」をアンインストールする手順について記載いたします。

「AdwCleaner」のアンインストールに関しては、「AdwCleaner」自体がインストール不要のセキュリティツールであるために、特に難しい操作が必要ありません。

そこでまずは、お使いの「AdwCleaner」の実行してください。

次に画面上部のツール→アンインストールという項目順にクリックします。

次にはいという項目をクリックしてください。

以上で「AdwCleaner」をアンインストールすることができました。

「AdwCleaner」の使い方に関する記載は以上です。

「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策について

それでは次に「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策について記載いたします。

お使いのパソコンに海外製ソフトウェアをインストールする際は、海外製ソフトウェアのインストール画面で注意を払わない場合に、お使いのパソコンに「不要なプログラム(PUP)」を同時インストールしてしまう可能性があります。

そのため、お使いのパソコンに海外製ソフトウェアをインストールする場合は、必ず海外製ソフトウェアのインストール画面で「不要なプログラム(PUP)」に関する設定項目の有無を確認する必要があります。

そこでお使いのパソコンに「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策に関しては、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載していますから、以下の「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策に関する過去記事を参照してください。


<Potentially unwanted programs (PUP)、ブラウザハイジャッカー及びアドウェア等の不要なプログラムの導入を未然に防止する方法についてのまとめ>

1、URL

Potentially unwanted programs (PUP)、ブラウザハイジャッカー及びアドウェア等の不要なプログラムの導入を未然に防止する方法についてのまとめ


お使いのパソコンに「不要なプログラム(PUP)」の導入を未然に防止する対策に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外のセキュリティソフトの使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下のセキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

脚注)「▲戻る」をクリックすると本文に戻ります   [ + ]