windows8.1をwindowsストアからアップグレードする際に表示されるエラーについて

【スポンサーリンク】

皆様、こんにちは。

今週の半ばに勢力の強い台風が日本列島に接近中とのこと。

9月から大きな台風の来襲が3度目となりますが、もう11月も近いというのに異常気象ですね。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

エラー症状

さて今回の投稿ですが、先日にwindows8.1のアップグレードに関する投稿を行いましたね。

最新レビュー!windows8.1をwindowsストアからアップグレードする方法について

上記の投稿のように、windowsストアからwindows8.1にアップグレードを行う際、どうやら一部のユーザーの環境においてエラーが生じているようなのです。

そこで今回の投稿ではこのエラー症状について記載していきたいと思います。

windows8.1にアップグレードする際に発生するエラー症状。大まかに記載しますと、以下のようになるようです。

1、【sentinel runtime driversをアンインストールしてください】

この問題はwindows8.1にアップデートを行う際に、互換性のチェックで検出されるようです。正直今回のwindows8.1へのアップグレードは、当ブログでも過去の投稿にて従来のwindows OSのサービスパックのような位置づけと記載しましたが、実情はかなり異なるようです。

windws7及び8からのアップグレードにおいても、既存のプログラムが正常に動作しないという症状が見受けられているようですね。僕の場合も一部のプログラムが正常に動作しない症状が発生しました。

2、【システムで予約済みのパーティションを更新できませんでした。】

このエラー症状は特にwindows7→windows8.1にアップグレードする際に発生するエラー症状のようです。

windows8.1 エラー

上記画像の赤枠の部分がシステムで予約済みのパーティションとなります。windows7ではこの領域が100MBしかないために、容量不足となることがこのエラーの原因とのことですね。

3、【0x1900101 – 0x4000D】

このエラー症状についてはいまいち不明ですが、セキュリティソフト及びシステムドライバが原因なのではないかということです。

【スポンサーリンク】

まとめ

以上のようなエラー症状になります。

対処方法もあるようですがパーティションを操作したり、システムドライバを削除したりと初心者の方からしますと結構大変な作業もありますから、十分に注意しながら行ってください。

それでは対処方法です。今回の記事を投稿するにあたり、投稿内容は全て道すがら講堂さんの記事を引用させて頂いております。

道すがら講堂さんの記事内に、全ての対処方法が記載されていますから、そちらをご参照ください。

Windows8.1にアップデートするまでの苦労と対処法

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 8.1」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。