「Windows 8.1」の「アプリの切り替え」というナビゲーション画面を消す方法

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。本日もご苦労様でした、どうか安全に家路について頂きたいと思います。

さて本日これからなのですが、この記事の投稿が終わりましたら、少々ブログの構成を再設定する予定です。

ご覧いただく皆様にはご迷惑になるかもしれませんが、どうかご了解ください。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

「Windows 8.1」にアップグレードされた皆様、「Windows 8.1」をお使いになられていて少々イラっとくる画面はないでしょうか?

以下をご覧ください。

例えば上記画像のように、デスクトップを使用していて画像を開くことがあると思います。実際に開いてみましょう。

そうしますとアプリが起動し画像が表示されますね。ここで問題なのは左側の「アプリの切り替え」という画面です。

このナビゲーション画面ですね。おそらくタブレット型PCをお使いの方へ向けた機能と思うのですが、デスクトップにまで貼りついて非常に作業の邪魔です。

というわけで今回はこのナビゲーション画面の消し方を投稿したいと思います。

【スポンサーリンク】

ナビゲーション画面の消し方

消し方は非常に容易です。

まずは「Windows 8.1」のメトロUIの画面を表示します。

次にキーボードの「Windowsキー」+「TABキー」を押します。

これで消すことが出来ます。

この操作は何をしているのかと申しますと、起動中のアプリをサムネイル化して一覧表示する画面を呼び出しているのですね。

では次にマウス操作にてナビゲーション画面を消去してみましょう。

まずは先ほどと同じように「Windows 8.1」のメトロUIの画面を表示します。

以上がナビゲーション画面の消去方法です。

なお今回の最近使用したアプリのサムネイル画面は、タスクバーとナビゲーションのプロパティから無効にすることも可能です。

今回のナビゲーション画面を鬱陶しく思っている皆様、ぜひ操作方法を覚えてください。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 8.1」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。