【Classic shell】を用いてwindows8/8.1の見た目をwindows XP風にカスタマイズしてみよう! (ちょっとだけおまけ編)

【スポンサーリンク】

皆様、引き続いて失礼します。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

前回の投稿

今回は【Classic shell】を用いてwindows8/8.1の見た目をwindows XP風にカスタマイズしてみよう! (ちょっとだけおまけ編)と題して先程の投稿の補足という形で記載したいと思います。

先程の投稿では、windows8/8.1の見た目をwindows XP風にカスタマイズするということでしたが、今回はフリーソフトのみを使用して、windows 8.1の見た目をwindows 7風にカスタマイズしてみました。

以下をご覧ください。

windows8.1 back to windows7

拡大画像

今回はAero 8.1というフリーソフトを軸に構成しましたが、左記のフリーソフトを導入したことで、タスクバーやメニューのAero glassの効果が非常にwindows 7に近くなりました。

windows8.1 back to windows7(1)

windows8.1 back to windows7(3)

特にタスクバーの色合いおよびAero glassは非常に自然で美しいですね。素晴らしいフリーソフトとは思いましたが、windowsのシステムファイルを操作する必要があるので、この記事での紹介は控えたいと思います。

そしてスタートメニューには、windows 7のスタートメニューに近いということで、Vistartを用いています。

windows8.1 back to windows7(2)

そしてVistartでは、windows 8.1のスタートボタンを置き換えることが出来ないため、StartIsGoneというフリーソフトを併用しています。

これでかなりwindows 8.1の見た目をwindows 7風にカスタマイズすることが可能でした。

皆様も自分なりのカスタマイズ方法を、ぜひ見つけてください。

【スポンサーリンク】

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 8.1」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。