「Internet Explorer」に「Adblock Plus for Internet Explorer」を導入して悪質なWeb広告を非表示にする方法について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、昨日の投稿に引き続き、「Windows 7」の標準Webブラウザである「Internet Explorer」に「Adblock Plus for Internet Explorer」を導入する方法に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、昨日の投稿に引き続き、「Windows 7」の標準Webブラウザである「Internet Explorer」に「Adblock Plus for Internet Explorer」を導入する方法に関する投稿になります。

一昨日の投稿では、「Windows 10」の標準Webブラウザである「Microsoft Edge」に「Adblock Plus」を導入する方法という投稿テーマについて、記事を記載いたしました。

そして「Windows 10」の標準Webブラウザである「Microsoft Edge」に関しては、Webブラウザの拡張機能が利用できますが、「Windows 7」の標準Webブラウザである「Internet Explorer」では、Webブラウザの拡張機能が利用できないために、「Adblock Plus for Internet Explorer」というWeb広告を非表示にするプログラムについても、お使いの「Windows OS」にインストールタイプのプログラムになっています。

また昨日の投稿で記載するように、「Adblock Plus for Internet Explorer」というWeb広告を非表示にするプログラムを「Firefox」及び「Google chrome」というサードパーティー製のWebブラウザ向けに公開されている「Adblock Plus」と比較する場合に、インターネット上で有志が公開する外部フィルターを適用することができない等の機能制限がありますが、それでも「Internet Explorer」というWebブラウザを利用するユーザーにおいては、非常に有益なプログラムといえるでしょう。

そこで今回の投稿では、「Internet Explorer」に「Adblock Plus for Internet Explorer」を導入して悪質なWeb広告を非表示にする方法について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Adblock Plus for Internet Explorer」の導入手順

それでは初めに「Adblock Plus for Internet Explorer」の導入手順について記載いたします。

「Adblock Plus for Internet Explorer」の導入手順に関する詳細については、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Adblock Plus for Internet Explorer」の日本語化ファイルに関する過去記事を参照してください。


<「Adblock Plus for Internet Explorer」 日本語化ファイル公開!>

1、URL

「Adblock Plus for Internet Explorer」 日本語化ファイル公開!


「Adblock Plus for Internet Explorer」の導入手順に関する記載は以上です。

「Adblock Plus for Internet Explorer」の使い方

それでは次に「Adblock Plus for Internet Explorer」の使い方について記載いたします。

まずはお使いの「Internet Explorer」を実行してください。

http://art1.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/234476549_org.v1458342021.jpg

次に画面右下のステータスバーに「Adblock Plus for Internet Explorer」のアイコンが表示されています。

そこでまずは「Adblock Plus for Internet Explorer」を完全に無効化する場合は、「Adblock Plus for Internet Explorer」のアイコンをクリックしてから、全ページで無効にするという項目をクリックしてください。

また「Adblock Plus for Internet Explorer」をサイト単位で無効化する場合は、「Adblock Plus for Internet Explorer」のアイコンをクリックしてから、サイトURLで無効にするという項目をクリックします。

次に「Adblock Plus for Internet Explorer」のアイコンをクリックしてから、設定いう項目をクリックしてください。


<ワンポイントアドバイス>

「Internet Explorer」のステータスバーに「Adblock Plus for Internet Explorer」のアイコンが表示されない場合は、以下のように操作します。

まずはお使いの「Internet Explorer」の実行画面を参照してください。

http://art9.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/234476553_org.v1458342045.jpg

次に画面上部のの青いウィンドウ枠を右クリックしてから、ステータスバーという項目をクリックします。

以上で「Internet Explorer」のステータスバーに「Adblock Plus for Internet Explorer」のアイコンを表示できるようになりました。


http://art9.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/234476551_org.v1458342029.jpg

次に「Adblock Plus for Internet Explorer」の設定画面が表示されます。

そこでまずは「Adblock Plus for Internet Explorer」から厳格にWeb広告の非表示にする場合は、控えめな広告を許可するという項目のチェックを外してください。

また広告ブロックの管理という欄で管理という項目をクリックすることにより、ドメイン単位でWeb広告の表示を許可するWebサイトを追加することができます。

なお「Adblock Plus for Internet Explorer」に関しては、「Firefox」及び「Google chrome」というサードパーティー製のWebブラウザ向けに公開されている「Adblock Plus」のように、外部の広告フィルタを導入することができません。

そのため「Adblock Plus for Internet Explorer」の設定画面の広告フィルタという項目に関しては、既定値となる「EasyList」という広告フィルタに設定することをお勧めします。

以上が「Adblock Plus for Internet Explorer」の使い方になります。

「Adblock Plus for Internet Explorer」の使い方に関する記載は以上です。

サードパーティー製のWebブラウザにおける「Adblock Plus」の使い方

それでは次にサードパーティー製のWebブラウザにおける「Adblock Plus」の使い方について記載いたします。

「Adblock Plus」という拡張機能については、「Windows 10」の標準Webブラウザである「Microsoft Edge」を始めとして、「Firefox」及び「Google Chrome」というサードパーティー製のWebブラウザに対応する拡張機能であり、Webサイトに表示される任意のWeb広告を非表示にすることができます。

そこでサードパーティー製のWebブラウザにおける「Adblock Plus」の使い方に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下のサードパーティー製のWebブラウザにおける「Adblock Plus」の使い方に関する過去記事を参照してください。


<サードパーティー製のWebブラウザにおける「Adblock Plus」の使い方に関する過去記事>

1、「Microsoft Edge」

「Microsoft Edge」に「Adblock Plus」を導入して悪質なWeb広告を非表示にする方法について

2、「Firefox」

「Firefox」に「Adblock Plus」を導入して悪質なWeb広告を非表示にする方法について

3、「Google Chrome」

「Google chrome」に「Adblock Plus」を導入して悪質なWeb広告を非表示にする方法について


サードパーティー製のWebブラウザにおける「Adblock Plus」の使い方に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外のセキュリティソフトの使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下のセキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。