「05031014012」という電話番号に注意!「IP電話」による「架空請求詐欺」について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

本日の関東は、木枯らしが吹き荒れる冬晴れの1日となりました。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

http://art17.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/231642625_org.v1450522133.jpg

さて今回の投稿は、「架空請求詐欺」に関する投稿となります。

実は当ブログの管理人が所有するスマートフォンを「MADOSMA Q501」に変更した11月下旬に、1件の見慣れない不在着信が所有するスマートフォンにありました。


<不在着信に関する電話番号>

>050-3101-4012


上記の電話番号を参照すると理解していただける方もおられると思いますが、上記の電話番号は「IP電話」*1における電話発信となります。

本来であれば見慣れない不在着信に関して、当ブログの管理人も折り返して電話をかけるという行為をしませんが、今回は「MADOSMA Q501」に「IP電話アプリ」を設定していた関係で、上記の電話番号に折り返して電話をかけてしまいました。

そしてその結果として、上記の電話番号が「IP電話」による「架空請求詐欺」という次第です。

そこで今回の投稿では、「IP電話」による「架空請求詐欺」について、注意喚起を目的とした投稿を行ってまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「IP電話」による「架空請求詐欺」に関する注意喚起

http://art17.photozou.jp/pub/119/2912119/photo/231642627_org.v1450522140.jpg

それでは「IP電話」による「架空請求詐欺」に関する注意喚起について記載いたします。

まずは前項で記載した電話番号に関するインターネット情報を参照してください。


<「DTI」の「3GBプラン」に関する利用料金及び解約手数料が半年間無料キャンペーンについての公式サイト>

1、URL

「DTI」の「3GBプラン」に関する利用料金及び解約手数料が半年間無料キャンペーンについての公式サイト

2、引用

今しがたこちらへも電話がありました、折り返したところ動画管理センターといううところへ繋がり料金請求のため民事請求を開始致します。との音声ガイダンス流れガイダンスに従い先へ進むと ワタナベ ナオキ と名乗る人物が出て、民事訴訟請求開始するので お客様の お名前 電話番号 をお願いします。とのことで、どうして?と問いただし一切名乗ることを拒否すると、一方的にそれでは書類を送らせていただきますと言い、電話を切られました。その直後折り返しても一切電話に出ません。 書類を送らせて頂きますというのは 業者を名乗っての脅しなので、みなさん一切名前を教えないでください。  名前も解らないのに書類をどうやって送付できるのでしょうか?  これを見て皆さんも お気をつけて下さい。 絶対に 名前 を名乗らないでください。 


当ブログの管理人が前項で記載した電話番号に折り返し電話をかけた際は、電話口から「動画管理センター」という機械的な音声ガイダンスが流れてから、料金請求のため民事請求を開始致しますという内容の音声ガイダンスが流れていました。

しかしながら上記のインターネット情報にあるように、オペレーターに繋がるようなことはありませんでした。

以上のようなことから、前項で記載した電話番号に関しては、「IP電話」による「架空請求詐欺」であると結論付けることができます。

当記事を閲覧されている皆様に関しましては、仮に今回のような見慣れない不在着信があった場合に関しても、絶対に折り返して電話をかけることがないようにご注意ください。

「IP電話」による「架空請求詐欺」に関する注意喚起についての記載は以上です。

「IP電話」による「架空請求詐欺」に関する対策

それでは次に「IP電話」による「架空請求詐欺」に関する対策について記載いたします。

まずは今回のような「IP電話」による「架空請求詐欺」に遭遇した場合、以下のことを必ず守ってください。


<「IP電話」による「架空請求詐欺」に遭遇した場合に関する対策>

1、見慣れない電話番号からの着信に関しては、折り返し電話をかけることをしない

2、仮に見慣れない電話番号からの着信に関して、折り返し電話をかけた場合でも、容易に個人情報を第3者に教えない


当記事を閲覧されている皆様に関しましては、上記に記載した2項目に関して、必ず守るようにお願いいたします。

IP電話」による「架空請求詐欺」に関する対策についての記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外のフィッシングサイトの対策方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下のフィッシングサイトの対策方法に関連する記事のまとめを参照してください。


<フィッシングサイトの対策方法に関連する記事のまとめ>

1、URL

フィッシングサイトの対策方法に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

*1:注:インターネット回線を利用した電話です