「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を変更する手順について

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 10」のユーザーアカウント制御という機能に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のユーザーアカウント制御という機能に関する投稿となります。

「Windows OS」のユーザーアカウント制御に関しては、「Windows Vista」から実装されたセキュリティ機能であり、「Windows OS」のシステムに対してプログラムの実行等の重要な変更が行われる場合に、以下のように「このアプリが PC に変更を加えることを許可しますか?」というメッセージが表示された確認画面を表示する機能です。


<「Windows 10」のユーザーアカウント制御>


そしてこのように「Windows OS」のユーザーアカウント制御という機能による確認画面が表示されることにより、例えば悪意あるプログラムの実行によるユーザーが意図しない「Windows OS」のシステム設定の変更等の管理者権限が必要になる操作が自動的に実行されることを防止することができるというわけです。

しかしながら一方、「Windows OS」のユーザーアカウント制御という機能が有効になっている場合に、「Windows OS」にプログラムをインストールすることができないという症状、または「Windows OS」のシステム設定に必要な操作を行うことができないという症状が発生することがあります。

そのため「Windows OS」のユーザーアカウント制御という機能が有効になっていることにより、上記のように「Windows OS」の操作が行えないという症状が発生する場合は、「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を変更する必要があります。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を変更する手順について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を変更する手順

それでは初めに「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を変更する手順について記載いたします。

まずは以下の「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法に関する過去記事を参照してから、お使いの「Windows 10」のコントロールパネル画面を表示してください。


<「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法について>

1、URL

「Windows 10」のコントロールパネルを表示する方法について


次にユーザーアカウントという項目をクリックします。

次にユーザーアカウントという項目をクリックしてください。

次にユーザーアカウント制御設定の変更という項目をクリックします。

次に「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定画面が表示されます。

そこで以下のコンピューターに対する変更の通知を受け取るタイミングの選択という欄に表示されている「Windows 10」のユーザーアカウント制御に関する四段階の通知設定項目に関する説明を参照してください。


<設定項目>

1、次の場合は常に通知する

・アプリがソフトウェアをインストールしようとする場合、またはコンピューターに変更を加えようとする場合

・ユーザーがWindows設定を変更する場合

2、アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する(既定)

・ユーザーがWindows設定を変更する場合は通知しない

3、アプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する(デスクトップを暗転しない)

・ユーザーがWindows設定を変更する場合は通知しない

4、以下の場合でも通知しない

・アプリがソフトウェアをインストールしようとする場合、またはコンピューターに変更を加えようとする場合

・ユーザーがWindows設定を変更する場合


次に「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を無効にする場合は、以下の場合でも通知しないという項目にスライダーアイコンを設定してから、OKという項目をクリックします。

次にはいという項目をクリックしてください。

以上で「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を無効にすることができました。

なお「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を以下の場合でも通知しないという設定項目及びアプリがコンピューターに変更を加えようとする場合のみ通知する(デスクトップを暗転しない)設定項目に変更する場合は、「Windows 10」のシステムに関するセキュリティレベルを低下するために、「Windows 10」のシステム設定の変更及びプログラムのインストール等の管理者権限が必要となる操作を実行してから、「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を必ず既定値に戻すようにお願いいたします。

「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を変更する手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を完全に無効にする手順

それでは次に「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を完全に無効にする手順について記載は以上です。

前項で記載するように「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定画面から、「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を無効にすることができますが、実は「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を完全に無効にするためには、「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定に関するレジストリエントリーの値を変更する必要があります。

ただし「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を完全に無効にする場合は、同時に「Windows 10」のストアアプリが使用できなくなることに注意してください。

そこでまずは、以下の「Windows 10」のコマンドプロンプトを管理者権限で表示する方法に関する過去記事を参照してから、お使いの「Windows 10」のコマンドプロンプト画面を表示します。


<「Windows 10」のコマンドプロンプトを管理者権限で表示する方法について>

1、URL

「Windows 10」のコマンドプロンプトを管理者権限で表示する方法について


次に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押してください。


<文字列>

1、「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を無効にする

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System” /v “EnableLUA” /d “0” /t REG_DWORD /f

2、「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を有効にする

reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\System” /v “EnableLUA” /d “1” /t REG_DWORD /f

次にお使いのパソコンを再起動します。

以上で「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を完全に無効にすることができました。

「Windows 10」のユーザーアカウント制御の設定を完全に無効にする手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」のセキュリティ状態を確認する手順

それでは次に「Windows 10」のセキュリティ状態を確認する手順について記載いたします。

当記事の冒頭で記載するように「Windows 10」のユーザーアカウント制御に関しては、悪意あるプログラムの実行によるユーザーが意図しない「Windows OS」のシステム設定の変更等の管理者権限が必要になる操作が自動的に実行されることを防止することができるセキュリティ機能になりますが、「Windows 10」のセキュリティとメンテナンスという項目では、「Windows 10」のユーザーアカウント制御を含めたセキュリティ機能の状態を一括で確認することができます。

そこで「Windows 10」のセキュリティ状態を確認する手順に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「Windows 10」のセキュリティ及びメンテナンスの状態を確認する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のセキュリティ及びメンテナンスの状態を確認する手順について>

1、URL

「Windows 10」のセキュリティ及びメンテナンスの状態を確認する手順について


「Windows 10」のセキュリティ状態を確認する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。