【Oracle VM VirtualBox】「Windows XP Mode」の仮想環境を作成する

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「VirtualBox」に「Windows XP Mode」の仮想マシンを作成することに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「VirtualBox」に「Windows XP Mode」の仮想マシンを作成することに関する投稿になります。

当ブログでは、先日の投稿で「VirtualBox」という仮想化アプリのダウンロードとインストールについて記載しましたが、「VirtualBox」では「Windows XP Mode」をインストールして仮想環境を構築することも可能になっています。

そこで今回の投稿では、「VirtualBox」では「Windows XP Mode」をインストールして仮想環境を作成する方法について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows XP Mode」をインストールする手順

【事前準備】

それでは初めに「VirtualBox」に「Windows XP Mode」をインストールする手順について記載いたします。

まずは「Windows XP Mode」をインストールするための事前準備ついて記載します。

「VirtualBox」に「Windows XP Mode」をインストールするためには、「VirtualBox」のインストールと「Windows XP Mode」のベースになるイメージファイルが必要になります。

そこで「VirtualBox」のインストールと「Windows XP Mode」のイメージファイルの作成に関する詳細については、以下の当ブログの過去記事を参照してください。


<過去記事>

1、「VirtualBox」

【Oracle VM VirtualBox】ダウンロードとインストール

2、「Windows XP Mode」

【Windows XP Mode】「WindowsXPMode_ja-jp.exe」からイメージファイルを抽出する


「VirtualBox」に「Windows XP Mode」をインストールするための事前準備に関する記載は以上です。

【「Windows XP Mode」の仮想マシンを作成する手順】

それでは次に「VirtualBox」に「Windows XP Mode」の仮想マシンを作成する手順について記載いたします。

まずは前項でインストールした「VirtualBox」を実行してください。

「VirtualBox」の起動画面

次に「VirtualBox」の起動画面が表示されてから、新規という項目をクリックします。

「VirtualBox」の画面で「Windows XP Mode」の仮想マシンの名前とOSの種類を決定する

次に名前とオペレーティングシステムという画面が表示されてから、名前という項目に「Windows XP」と入力して、次へという項目をクリックしてください。

「VirtualBox」の画面から「Windows XP Mode」の仮想マシンで使用するメモリ量を選択する

次にメモリーサイズという画面が表示されてから、「Windows XP Mode」の仮想マシンで使用するメモリ量を入力します。

なお入力するメモリ量については、1024MBまたは2048MBというメモリーサイズで問題ないと思います。

「VirtualBox」の画面から「Windows XP Mode」の仮想マシンで使用するハードディスクを選択する

次にハードディスクという画面が表示されてから、仮想ハードディスクを追加しないという項目にチェックを入れて、作成という項目をクリックしてください。

「VirtualBox」のハードディスクに関する警告画面

次に「VirtualBox」のハードディスクに関する警告画面が表示されますが、続けるという項目をクリックします。

「VirtualBox」の仮想マシンのフォルダに「Windows XP Mode」のイメージファイルをコピーする

次にWindows OSのエクスプローラー画面を表示してから、以下の「VirtualBox」の仮想マシンのフォルダにアクセスして、先に作成した「Windows XP Mode」のイメージファイルをコピーしてください。(1)注:「Windows XP Mode」のイメージファイルについては、通常「vhd」という拡張子になっていますが、左記を「VirtualBox」の既定値の拡張子に変換することができます。そこで「Windows XP Mode」のイメージファイルの拡張子を変換する手順の詳細については、次の「VirtualBox」を使用して「Windows XP Mode base.vhd」というイメージファイルをVDIファイルに変換する方法に関する過去記事を参照してください。


<フォルダ>

C:\Users\ユーザー名\VirtualBox VMs

「VirtualBox」の起動画面

次に再度「VirtualBox」の起動画面を表示してから、「Windows XP Mode」の仮想マシン項目を右クリックして、設定という項目をクリックします。

「VirtualBox」の「Windows XP Mode」の仮想マシンの設定画面

次に仮想マシンの設定画面が表示されてから、左画面のディスクプレイという項目をクリックして、以下のように設定項目を設定してください。


<設定項目>

1、ビデオメモリー

・32MB

2、アクセラレーション

・3Dアクセラレーションを有効化と2Dビデオアクセラレーションを有効化という項目にチェックを入れる


「VirtualBox」の設定画面から「Windows XP Mode」の仮想マシンのハードディスクを追加する

次に左画面のストレージいう項目をクリックしてから、ハードディスクを追加という項目をクリックします。

「VirtualBox」の設定画面から「Windows XP Mode」のイメージファイルをハードディスクとして追加する

次にメディアという画面が表示されます。

そこで追加という項目をクリックしてから、「VirtualBox」の仮想マシンのフォルダにコピーした「Windows XP Mode」のイメージファイルを選択して、選択という項目をクリックしてください。

「VirtualBox」の設定画面を閉じる

次にOKという項目をクリックしてから、「VirtualBox」の設定画面を閉じます。

「VirtualBox」の実行画面に作成された「Windows XP Mode」の仮想マシン

以上で「Windows XP Mode」の仮想マシンを作成できました。

「VirtualBox」に「Windows XP Mode」をインストールする手順に関する記載は以上です。

「Windows XP Mode」の仮想マシンをセットアップする手順

それでは次に「VirtualBox」に作成した「Windows XP Mode」の仮想マシンをセットアップする手順について記載いたします。

「Windows XP Mode」の仮想マシンをセットアップする手順の詳細については、以下の当ブログの過去記事を参照してください。


<過去記事>

1、URL

【Oracle VM VirtualBox】「Windows XP Mode」のセットアップを実行する


「Windows XP Mode」の仮想マシンをセットアップする手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows Virtual PC」の導入方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows Virtual PC」の導入方法に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows Virtual PC」の導入方法に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows Virtual PC」の導入方法に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

脚注)「▲戻る」をクリックすると本文に戻ります[+]