「VMware」の「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面に対する対策方法

【スポンサーリンク】

【今日の人気記事】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「VMware Workstation Player」を実行する場合の警告画面に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「VMware Workstation Player」を実行する場合の警告画面になります。

お使いのパソコンに「VMware Workstation Player」をインストールして仮想マシンを使用しているユーザーにおかれましては、以下のように「VMware Workstation Player」の警告画面が表示されたことはないでしょうか。


<警告画面>

この仮想マシンは使用中の可能性があります。
この仮想マシンがすでに使用中でない場合は、「所有権を取得(T)」ボタンを押して、この仮想マシンの所有権を取得します。この仮想マシンが使用中である場合は、「キャンセル(C)」ボタンを押して、この仮想マシンが破損しないようにします。

そしてこの「VMware Workstation Player」の警告画面が表示された場合は、その後に「VMware Workstation Player」に作成されている仮想マシンを実行することが不可能になります。

しかしながら、この「VMware Workstation Player」の警告画面に伴う仮想マシンの実行エラーに関しては、実はとても簡単な手順で不具合を改善することができます。

そこで今回の投稿では、「VMware」の「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面に対する対策方法について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面の概要

それでは初めに「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面の概要について記載いたします。

お使いのパソコンで「VMware Workstation Player」を実行する際に「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面が表示される原因としては、「VMware Workstation Player」から仮想マシンを実行している間に、お使いのパソコンをシャットダウンすると「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面が表示されます。

そこでまずは、「VMware Workstation Player」の「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面の画像を参照してください。

次に警告画面に表示されている所有権を取得という項目をクリックします。

次に以下のように「この仮想マシンの所有権の取得に失敗しました」という警告画面が表示されてから、「VMware Workstation Player」の仮想マシンを実行することができなくなりました。


<警告画面>

仮想マシンを開けませんでした:この仮想マシンの所有権の取得に失敗しました。
仮想マシンは、ホスト コンピュータ上のアプリケーションにより使用されています。

次に以下の「VMware Workstation Player」の仮想マシンの保存場所に関する画像を参照してください。

次にこのように「VMware Workstation Player」の仮想マシンの保存場所には、「vmx.lck」という拡張子のファイルが作成されています。

そしてこの「vmx.lck」という拡張子のファイルこそが、「VMware Workstation Player」の仮想マシンを実行できないようにしている根本的な原因となります。

「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面の概要に関する記載は以上です。

「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面の対策方法

1、【「VMware Workstation Player」を管理者権限で実行する】

それでは次に「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面の対策方法について記載いたします。

まずは「VMware Workstation Player」を管理者権限で実行するという対策方法について記載します。

お使いのパソコンで「VMware Workstation Player」を実行する際に表示される「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面に関しては、警告画面に表示される仮想マシンの所有権を取得しようとしても、残念ながら仮想マシンの所有権を取得することができません。

そのため「VMware Workstation Player」を実行する際に管理者権限で実行することにより、仮想マシンの所有権を正常に取得できるように操作します。

そこでお使いのパソコンのデスクトップ画面を参照してください。

次に「VMware Workstation Player」のショートカットアイコンを右クリックしてから、管理者として実行という項目をクリックします。

次に「VMware Workstation Player」の実行画面に表示されている仮想マシン項目をクリックしてください。

以上で「VMware Workstation Player」の仮想マシンを実行することができるようになりました。

「VMware Workstation Player」を管理者権限で実行するという対策方法に関する記載は以上です。

2、【「vmx.lck」という拡張子のファイルを削除する】

それでは次に「vmx.lck」という拡張子のファイルを削除するという対策方法について記載いたします。

先に記載するように「VMware Workstation Player」の仮想マシンの保存場所に「vmx.lck」という拡張子のファイルがされることにより、「VMware Workstation Player」の仮想マシンを実行できないようにしている根本的な原因となります。

そのため「VMware Workstation Player」の仮想マシンの保存場所から「vmx.lck」という拡張子のファイルを削除することにより、「VMware Workstation Player」の仮想マシンを正常に実行できるように操作します。

そこでまずは、お使いの「VMware Workstation Player」の仮想マシンの保存場所を参照してください。

次に「vmx.lck」という拡張子のファイル項目を右クリックしてから、削除という項目をクリックします。

以上で「VMware Workstation Player」の仮想マシンを実行することができるようになりました。

「この仮想マシンは使用中の可能性があります」という警告画面の対策方法に関する記載は以上です。

「VMware Workstation Player」をインストールする方法

それでは次に「VMware Workstation Player」をインストールする方法について記載いたします。

「VMware Workstation Player」をインストールする方法に関する詳細を把握する場合は、すでに当ブログにおける以前の投稿で詳細を記載しているために、以下の「VMware Workstation Player」 のダウンロードリンク及びインストールする手順に関する過去記事を参照してください。


<「VMware Workstation Player」 のダウンロードリンク及びインストールする手順について>

1、URL

VMware Workstation Player」 のダウンロードリンク及びインストールする手順について


「VMware Workstation Player」をインストールする方法に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「VMware Workstation Player」の導入方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「VMware Workstation Player」の導入方法に関連する記事のまとめを参照してください。


<「VMware Workstation Player」の導入方法に関連する記事のまとめ>

1、URL

「VMware Workstation Player」の導入方法に関連する記事のまとめ


それでは以上です。