画像保存できないWebサイトから画像をダウンロードして保存する方法

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、Webサイトからの画像ダウンロードに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、Webサイトからの画像ダウンロードに関する投稿になります。

インターネット上に存在するWebサイトからの画像を保存する場合には、通常Webサイトに表示されている画像を右クリックしてから、Webブラウザのコンテキストメニューに表示されている名前を付けて保存という項目をクリックします。

ところが最近のWebサイトでは、上記の操作を行っても画像を保存できないことがあります。

そこで今回の投稿では、画像保存できないWebサイトから画像をダウンロードして保存する方法について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

Webサイトから画像が保存できない原因

それでは初めにWebサイトから画像が保存できない原因について記載いたします。

Webサイトから画像が保存できない原因としては、Webサイト側が画像の保存を禁止する措置を施していることが挙げられます。

昨今のインターネット上では、画像に対する著作権という絡みがあり、Webサイトに表示する画像についても、保存やダウンロードができないようにしているWebサイトも多いといえます。

例えば当ブログが利用するWordPressについても、「No Right Click Images Plugin」という画像の保存やドラッグアンドドロップによるコピーを禁止するためのプラグインもあります。

つまり当記事を参照されている皆様がWebサイトを閲覧している際に、Webサイト画面に表示されている画像を保存できない場合には、Webサイト管理者が画像を保存できないように対策していると考えてください。

Webサイトから画像が保存できない原因に関する記載は以上です。

画像保存できないWebサイトから画像を保存する手順

【キャッシュ】

それでは次に画像保存できないWebサイトから画像を保存する手順について記載いたします。

まずはWebサイトのキャッシュから画像を保存する手順について記載します。

どのようなWebサイトにおいても、通常はインターネットを利用するユーザーに閲覧してもらうために、YahooやGoogleといった検索サイトにWebサイトを登録しています。

そしてYahooやGoogleといった検索サイトでは、Webサイトの更新が通知される度にサイト内容をキャッシュとして保存しており、そのキャッシュから画像を保存できる場合があります。

そのためWebサイトのキャッシュにアクセスする手順を説明します。

そこでまずは、以下の当ブログの画像を参照してください。

ネットセキュリティブログの個別記事のURL

次にWebサイトのキャッシュにアクセスする場合には、Webブラウザのアドレス欄でWebサイトのURLをコピーしてから、YahooやGoogleといった検索サイトでWebサイトのURLを検索します。

Yahooでネットセキュリティブログの個別記事を検索した画面

次に検索結果画面に表示されたWebサイトのURLのタイトル横に表示されている展開アイコンをクリックしてから、キャッシュという項目をクリックしてください。

yahooが作成したネットセキュリティブログの個別記事のキャッシュ

次に検索サイトが作成したWebサイトのキャッシュが表示されます。

そして画像を保存する場合には、Webサイトのキャッシュに表示されている画像を右クリックしてから、Webブラウザのコンテキストメニューに表示されている名前を付けて保存という項目をクリックします。

なおWebサイトのキャッシュでも画像を保存できない場合は、次に記載する項目をお試しください。

Webサイトのキャッシュから画像を保存する手順に関する記載は以上です。

【Web魚拓】

それでは次にWeb魚拓から画像を保存する手順について記載いたします。

インターネット上には、Web魚拓と呼ばれるWebサイトのページを全て保存することができるサービスがあり、左記のWeb魚拓に保存したWebサイトのページから、画像を保存することができます。

そして当項目で紹介する「archive.ph」というWeb魚拓では、Webサイトに表示されている画像をまるごと保存することができます。

そこでまずは、前項と同様に画像を保存するWebサイトのURLをコピーしてから、以下の「archive.ph」にアクセスしてください。


<「archive.ph」>

1、URL

「archive.ph」


Archive.nuのトップ画面

次に「archive.ph」のトップページにアクセスしてから、記録したいURLを入れてボタンを押してくださいという項目にWebサイトのURLを入力してから、ページを保存という項目をクリックして、WebサイトのURLの保存を開始します。

Archive.nuでネットセキュリティブログの個別記事を保存した画面

次にWebサイトのURLを保存した画面が表示されます。

そこでWebサイトのURLに表示されているすべての画像を保存する場合には、ダウンロード.zipという項目をクリックしてください。

そしてWebサイトのURLに表示されている個別の画像を保存する場合は、画面内に表示されている画像を右クリックしてから、Webブラウザのコンテキストメニューに表示されている名前を付けて保存という項目をクリックします。

以上で画像を保存できました。

Web魚拓から画像を保存する手順に関する記載は以上です。

【アプリ】

それでは次にアプリから画像を保存する手順について記載いたします。

当ブログで日本語化ファイルを公開する「Imageye – Image downloader」というアプリを使用すると、Webサイトに表示されている画像を一括で保存することができます。

そのため「Imageye – Image downloader」の詳細については、以下の当ブログの過去記事を参照してください。


<「Imageye – Image downloader」>

1、URL

「Imageye – Image downloader」


画像保存できないWebサイトから画像を保存する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の動画ダウンロードに関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の動画ダウンロードに関連する記事のまとめを参照してください。


<動画ダウンロードに関連する記事のまとめ>

1、URL

動画ダウンロードに関連する記事のまとめ


それでは以上です。