【Windows 11】スタートアップアプリを有効化及び無効化する方法

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 11」のスタートアップアプリに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 11」のスタートアップアプリに関する投稿になります。

「Windows OS」のスタートアップアプリとは、例えば「Windows 11」の起動時に自動的に実行されるシステムファイルやセキュリティソフトなどのプログラムを意味します。

そして「Windows OS」の起動時に自動的に実行されるアプリが多い場合には、当然ながら「Windows OS」の起動に時間がかかるようになってしまうということです。

そこで今回の投稿では、「Windows 11」のスタートアップアプリを有効化及び無効化する方法について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

スタートアップアプリの有効化または無効化

【Windowsの設定】

それでは初めに「Windows 11」のスタートアップアプリの有効化または無効化について記載いたします。

まずは「Windows 11」の設定画面からスタートアップアプリの有効化または無効化を切り替える手順について記載します。

そこでお使いの「Windows 11」のスタートボタンを右クリックしてから、設定という項目をクリックしてください。

次に「Windows 11」の設定画面が表示されてから、画面左に表示されているアプリという項目をクリックして、さらにスタートアップという項目をクリックします。

次にスタートアップアプリの一覧画面が表示されます。

そこでスタートアップアプリの有効または無効を切り替える場合には、各スタートアップアプリ項目に表示されているオン及びオフを切り替えてください。

以上でスタートアップアプリの有効化または無効化を切り替えることができます。

「Windows 11」の設定画面からスタートアップアプリの有効化または無効化を切り替える手順に関する記載は以上です。

【タスクマネージャー】

それでは次に「Windows 11」のタスクマネージャーからスタートアップアプリの有効化または無効化を切り替える手順について記載いたします。

まずは以下の「Windows 11」のタスクマネージャーを実行する手順の過去記事を参照してから、タスクマネージャーを実行してください。


<「Windows 11」のタスクマネージャーを実行する手順>

1、URL

【Windows 11】タスクマネージャーの場所と表示


次にタスクマネージャー画面が表示されてから、スタートアップというタブをクリックしてください。

次にスタートアップアプリの有効または無効を切り替える場合には、各スタートアップアプリ項目をクリックしてから、有効にするまたは無効にするという項目をクリックします。

以上でスタートアップアプリの有効化または無効化を切り替えることができます。

「Windows 11」のスタートアップアプリの有効化または無効化に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 11」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 11」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 11」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 11」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。