「Windows 8.1」Windows Update Clientを最新バージョンに更新する方法

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 8.1」のWindows Update Clientという更新プログラムに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 8.1」のWindows Update Clientという更新プログラムに関する投稿になります。

「Windows 8.1」を長期間にわたる未使用後に起動したり、クリーンインストール後に起動したりする場合に、Windows Updateを実行すると、Windows Updateの更新プログラムの確認が実行できないという不具合は、以前からよく発生している事例です。


<Windows Update>


そして「Windows 8.1」のWindows Updateの更新プログラムの確認が実行できないという不具合に対しては、Windows Update Clientという更新プログラムを先に手動でインストールすることにより、Windows Updateの更新プログラムの確認が実行できないという不具合を改善するための一つの解決策になります。


<Windows Update Client>


そして「Windows 8.1」のWindows Updateの更新プログラムの確認が実行できないという不具合に対しては、Windows Update Clientという更新プログラムを先に手動でインストールすることにより、Windows Updateの更新プログラムの確認が実行できないという不具合を改善するための一つの解決策になります。

ところが現在の「Windows 8.1」のWindows Updateの仕様では、Windows Update Clientという更新プログラムについて、月例の品質ロールアップという更新プログラムに内包されるという形になっています。

そこで今回の投稿では、「Windows 8.1」のWindows Update Clientを最新バージョンに更新する方法について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 8.1」のWindows Update Clientを最新バージョンに更新する手順

1、【ビット数を確認する】

それでは初めに「Windows 8.1」のWindows Update Clientを最新バージョンに更新する手順について記載いたします。

まずは「Windows 8.1」のビット数を確認する手順について記載します。

そこでお使いの「Windows 8.1」のスタートボタンを右クリックしてから、システムという項目をクリックしてください。

次にシステム画面が表示されてから、システムの種類という欄を参照して、お使いの「Windows 8.1」のビット数を確認します。

なお「Windows 8.1」のビット数については、Windows Update Clientをダウンロードする際に必要になるために、必ず把握するようにしてください。

「Windows 8.1」のビット数を確認する手順に関する記載は以上です。

2、【Windows Update Clientの最新バージョンを確認する】

それでは次にWindows Update Clientの最新バージョンを確認する手順について記載いたします。

先に記載するように現在の「Windows 8.1」のWindows Updateの仕様では、Windows Update Clientという更新プログラムについて、月例の品質ロールアップという更新プログラムに内包されるという形になっています。

そこでまずは、以下のMicrosoft Security Response CenterというWebサイトを参照してください。


<Microsoft Security Response Center>

1、公式サイト

Microsoft Security Response Center


次に〇 年 〇月のセキュリティ更新プログラム (月例)という記事タイトルでWindows Updateの月例アップデートに関する記事が公開されていますから、最新のWindows Updateの月例アップデートに関する記事タイトルの項目をクリックします。

次にこのように新しいセキュリティ更新プログラムの一覧表が確認してから、「Windows 8.1、Windows Server 2012 R2、および Windows Server 2012」という欄の「Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 マンスリー ロールアップ: 」という項目を参照して、更新プログラムのKB番号を控えてください。

例えば上記の2021 年 5 月のセキュリティ更新プログラムについては、5003209というKB番号になります。

Windows Update Clientの最新バージョンを確認する手順に関する記載は以上です。

3、【Windows Update Clientをダウンロードする】

それでは次にWindows Update Clientをダウンロードする手順について記載いたします。

以下のMicrosoft Update CatalogのWebサイトを参照してください。


<Microsoft Update Catalog>

1、公式サイト

Microsoft Update Catalog


次にWindows Update Clientの更新プログラムを検索してから、お使いの「Windows 8.1」のビット数に合致する最新のWindows Update Clientの更新プログラムをダウンロードします。

Windows Update Clientをダウンロードする手順に関する記載は以上です。

4、【Windows Update Clientをインストールする】

それでは次にWindows Update Clientをインストールする手順について記載いたします。

まずは前項でダウンロードしたWindows Update Clientの更新プログラムを実行してください。

次にはいという項目をクリックします。

次に今すぐ再起動という項目をクリックしてから、お使いのパソコンを再起動してください。

以上でWindows Update Clientをインストールすることができました。

「Windows 8.1」のWindows Update Clientを最新バージョンに更新する手順に関する記載は以上です。

「Windows 8.1」のサービススタック更新プログラムを最新版にする手順

それでは次に「Windows 8.1」のサービススタック更新プログラムを最新版にする手順について記載いたします。

先に記載するように「Windows 8.1」のWindows Updateの更新プログラムの確認が実行できないという不具合については、Windows Update Clientという更新プログラムを先に手動でインストールすることが解決策の一つですが、サービススタック更新プログラムの最新バージョンをインストールすることも、解決策の一つになります。

そこで「Windows 8.1」のサービススタック更新プログラムを最新版にする手順に関する詳細を把握する場合には、以下のサービススタック更新プログラムを最新版にする方法に関する過去記事を参照してください。


<サービススタック更新プログラムを最新版にする方法>

1、URL

サービススタック更新プログラムを最新版にする方法


「Windows 8.1」のサービススタック更新プログラムを最新版にする手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「「Windows 8.1」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「「Windows 8.1」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。