【AdBlocker for YouTube】Web広告の除去と設定

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、前回の投稿に引き続き、「Youtube」という動画共有サイトに表示されているWeb広告を非表示にすることができる「AdBlocker for YouTube」という拡張機能の使い方に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、前回の投稿に引き続き、「Youtube」という動画共有サイトに表示されているWeb広告を非表示にすることができる「AdBlocker for YouTube」という拡張機能の使い方に関する投稿になります。

前回の投稿では、「AdBlocker for YouTube」の日本語化ファイルを公開しながら、「Google chrome」に「AdBlocker for YouTube」をインストールする方法という投稿テーマについて、記事を記載いたしました。

そして前回の投稿で記載するように「AdBlocker for YouTube」という拡張機能に関しては、「Google chrome」及び「Firefox」というサードパーティー製のWebブラウザに対応する拡張機能であり、「Google chrome」から簡単に「Youtube」という動画共有サイトに表示されているWeb広告を非表示にすることができます。

そこで今回の投稿では、「AdBlocker for YouTube」を使用するWeb広告の除去と設定について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「AdBlocker for YouTube」をインストールする方法

それでは初めに「AdBlocker for YouTube」をインストールする方法について記載いたします。

「AdBlocker for YouTube」をインストールする方法に関する詳細については、すでに当ブログにおける前回の投稿で詳細を記載しているために、以下の過去記事を参照してください。


<過去記事>

1、URL

「AdBlocker for YouTube」 日本語化ファイル公開!


「AdBlocker for YouTube」をインストールする方法に関する記載は以上です。

「AdBlocker for YouTube」の使い方

【Web広告を除去する】

それでは次に「AdBlocker for YouTube」の使い方について記載いたします。

まずは「AdBlocker for YouTube」を使用してWeb広告を除去する手順について記載します。

「AdBlocker for YouTube」の使い方については、基本的に当記事を参照されている皆様が使用する「Google chrome」にインストールするだけで「Youtube」に表示されているWeb広告を非表示にすることが可能であり、特に難しい設定を必要とする拡張機能ではありません。

ただし現在の「Youtube」の動画では、動画再生中に表示されるWeb広告があり、「AdBlocker for YouTube」においては、左記の動画再生中に表示されるWeb広告も非表示にすることができます。

そこでお使いの「Google chrome」を実行してください。

デベロッパーモードの拡張機能を無効にするという警告画面

次に「Google chrome」の「デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」という警告画面が表示された場合は、キャンセルという項目をクリックしてから、「Youtube」の動画再生画面にアクセスします。(1)注:「デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」という警告画面を非表示する方法については、次の「Google Chrome」の「デベロッパーモードの拡張機能を無効にする」という警告画面を非表示にする方法に関する過去記事を参照してください

「Youtube」の動画再生画面に表示される「AdBlocker for YouTube」の再生バー

次に「Youtube」の動画再生画面にアクセスすると、上記画像のように「AdBlocker for YouTube」の再生バーが表示されます。

そこで「Youtube」の動画再生中に表示されるWeb広告を非表示にする場合には、再生バーの一番左に配置されているRemove Adsという項目をクリックしてください。

また「AdBlocker for YouTube」の再生バーに配置されている各項目については、以下のような機能項目になります。


<再生バーに配置されている各項目>

1、Remove Ads

・動画再生中に表示されるWeb広告を非表示にする

2、Turn on Theater mode

・動画をシアターモードで再生する

3、screenshot

・動画再生画面のスクリーンショットを撮る

4、Boost Volume

・動画再生中の音量を最大600%まで変更する

5、Float Video

・動画をフロート再生する

6、Loop Video

・動画をループ再生する

7、Opiton

・「AdBlocker for YouTube」のオプション画面を表示する


以上でWeb広告を除去できました。

「AdBlocker for YouTube」を使用してWeb広告を除去する手順に関する記載は以上です。

【設定】

それでは次に「AdBlocker for YouTube」の設定画面を表示する手順について記載いたします。

まずはお使いの「Google chrome」を実行してください。

次に「Google chrome」のアドレス欄に以下の文字列を入力してから、お使いのキーボード上の「Enter」というキーを押します。


chrome-extension://maekfnoeejhpjfkfmdlckioggdcdofpg/options.html

「AdBlocker for YouTube」のオプション画面

次に「AdBlocker for YouTube」の設定画面が表示されます。

そして設定画面では、以下のような設定項目を選択することができます。


<設定項目>

  • スクロールを使用して音量を変更する
  • 動画の再生時にシアターモードで再生する
  • 広告の自動ブロック設定

以上が「AdBlocker for YouTube」の設定画面の説明になります。

「AdBlocker for YouTube」の使い方に関する記載は以上です。

「YouTube」の動画を安全にダウンロードする方法

それでは次に「YouTube」の動画を安全にダウンロードする方法について記載いたします。

「YouTube」の動画をダウンロードする方法としては、主に「MP4」という動画ファイルでダウンロードする方法と「MP3」という音声ファイルでダウンロードする方法の二種類があります。

そこで「YouTube」の動画を安全にダウンロードする方法に関する詳細を把握する場合は、以下の「YouTube」の動画を安全にダウンロードする方法に関する過去記事を参照してください。


<「YouTube」の動画を安全にダウンロードする方法>

1、URL

「YouTube」の動画を安全にダウンロードする方法について


「YouTube」の動画を安全にダウンロードする方法に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外のセキュリティソフトの使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下のセキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

セキュリティソフトの使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

脚注)「▲戻る」をクリックすると本文に戻ります[+]