「MioMio.tv」と「MioMio.top」の違い

【スポンサーリンク】

【今日の人気記事】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、インターネット上で大きな話題となっている「MioMio」という動画共有サイトに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、インターネット上で大きな話題となっている「MioMio」という動画共有サイトに関する投稿になります。

前回の投稿で記載するように、日本政府の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議では、海賊版サイトのブロッキングに関する法整備が整うまでの緊急対策として「漫画村」及び「Anitube」、「MioMio」といった海賊版サイトへのアクセス遮断を含めた対応をプロバイダー等の民間通信業者に求めていくことを決定していますが、以下のように2018年4月17日に突如して「MioMio」の動画再生機能が停止していることが判明しました。


<「MioMio」の動画再生画面>

1、画像

2、内容

本日より不適当な内容を回避ため、本サイトは番組の情報だけを提供します。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません、本サイトに関してより良いサービスを提供できるよう、尽力を重えてまいりましたが、今後も皆様にご満足いただけるサービスを提供しますため、次回の再開はお楽しんでください。
いつもMioMioをご利用いいただき誠にありがとうございます。

そもそも「MioMio」という動画共有サイトに関しては、別の動画共有サイトにアップロードされている動画を「MioMio」の動画再生画面から再生する寄生型の動画共有サイトと個人的に認識していましたが、日本政府の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議による海賊版サイトのブロッキング対象に名指しされたことにより、「MioMio」の動画再生機能を停止したのではないかと話題になっています。

しかしながら当ブログ管理人の個人的な見解としては、「MioMio」という動画共有サイトが本当に「MioMio」の動画再生機能を停止したと思うことができません。

なぜならば「MioMio」という動画共有サイトについては、2012年7月15日に作成された「MioMio.tv」というサイトドメインと2017年10月25日に作成された「MioMio.top」というサイトドメインの二種類の動画共有サイトが存在するからです。

そこで今回の投稿では、「MioMio.tv」と「MioMio.top」という動画共有サイトの違いについて、記事を記載してまいりたいと思います。

なお日本政府の知的財産戦略本部・犯罪対策閣僚会議から、海賊版サイトのブロッキング対策の対象として「MioMio」という動画共有サイトと同様に指定された「Anitube」というアニメ動画共有サイトに関する詳細を把握する場合は、以下の「Anitube」という動画共有サイトに関する過去記事を参照してください。


<「Anitube」の代わりとされるアニメ動画共有サイトにマルウェアが仕込まれている件>

1、URL

「Anitube」の代わりとされるアニメ動画共有サイトにマルウェアが仕込まれている件


それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「MioMio.tv」と「MioMio.top」の比較

1、【Webサイト画面】

それでは初めに「MioMio.tv」と「MioMio.top」の比較について記載いたします。

まずは「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWebサイト画面の比較について記載いたします。

そこで以下の「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWebサイト画面の比較画像を参照してください。


<「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWebサイト画面>

1、「MioMio.tv」

2、「MioMio.top」


このように「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWebサイト画面に関しては、どちらもほぼ同様のWebサイト構成となっていますが、現在の日本で大きな話題となっている「MioMio」については、「MioMio.tv」というサイトドメインです。

そして「MioMio.top」というサイトドメインについては、「Yahoo」と「Google」といった日本のインターネットユーザーが多く利用する検索サイトに表示されないために、日本では「MioMio.top」というサイトドメインの知名度が低いと考えることができます。

また上記で「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWebサイト画面をほぼ同様のWebサイト構成と記載していますが、「MioMio.tv」というサイトドメインに関しては、日本のコンテンツのみということに対して、「MioMio.top」というサイトドメインについては、日本のコンテンツに加えて韓国のコンテンツも取り扱っています。

そしてさらに「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWebサイト画面を比較する場合には、最大の相違点として「MioMio.tv」というサイトドメインでは、以下のようにユーザーアカウント登録画面が表示されています。


<ユーザーアカウント登録画面>


このように「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWebサイト画面に関しては、WebサイトコンテンツやWebサイト構成に若干の相違点はありますが、「MioMio.tv」と「MioMio.top」が同一のWebサイト開設者によって運営されている可能性を考えることができます。

「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWebサイト画面の比較に関する記載は以上です。

2、【Whois情報】

それでは次に「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWhois情報の比較について記載いたします。

そこでまずは、以下の「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWhois情報の比較内容を参照してください。


<「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWhois情報の比較内容>

1、「MioMio.tv」

Domain Name: MIOMIO.TV
Registry Domain ID: 100329655_DOMAIN_TV-VRSN
Registrar WHOIS Server: whois.godaddy.com
Registrar URL: http://www.godaddy.com
Updated Date: 2017-12-25T06:14:44Z
Creation Date: 2012-07-15T13:08:32Z
Registry Expiry Date: 2018-07-15T13:08:32Z
Registrar: GODADDY.COM, LLC
Registrar IANA ID: 146
Registrar Abuse Contact Email: abuse@godaddy.com
Registrar Abuse Contact Phone: 480-624-2505
Domain Status: clientDeleteProhibited https://icann.org/epp#clientDeleteProhibited
Domain Status: clientRenewProhibited https://icann.org/epp#clientRenewProhibited
Domain Status: clientTransferProhibited https://icann.org/epp#clientTransferProhibited
Domain Status: clientUpdateProhibited https://icann.org/epp#clientUpdateProhibited
Name Server: NS53.DOMAINCONTROL.COM
Name Server: NS54.DOMAINCONTROL.COM
DNSSEC: unsigned
URL of the ICANN Whois Inaccuracy Complaint Form: https://www.icann.org/wicf/
>>> Last update of WHOIS database: 2018-04-17T14:49:48Z <<<

2、「MioMio.top」

Domain Name: miomio.top
Registry Domain ID: D20171025G10001G_26205415-top
Registrar WHOIS Server: uniregistry.com/whois
Registrar URL: https://uniregistry.com/
Updated Date: 2017-10-25T10:35:14Z
Creation Date: 2017-10-25T10:15:03Z
Registry Expiry Date: 2018-10-25T10:15:03Z
Registrar: Uniregistrar Corp
Registrar IANA ID: 1659
Registrar Abuse Contact Email: abuse@uniregistry.com
Registrar Abuse Contact Phone: +44.3457698347
Domain Status: clientTransferProhibited https://icann.org/epp#clientTransferProhibited
Registry Registrant ID: C20171025C_23012251-top
Registrant Name: PrivacyDotLink Customer 3422668
Registrant Organization: 
Registrant Street: PO Box 30485
Registrant City: Seven Mile Beach
Registrant State/Province: Grand Cayman
Registrant Postal Code: KY1-1202
Registrant Country: KY
Registrant Phone: +1.3457495465
Registrant Phone Ext: 
Registrant Fax: 
Registrant Fax Ext: 
Registrant Email: 3422668@privacy-link.com
Registry Admin ID: C20171025C_23012251-top
Admin Name: PrivacyDotLink Customer 3422668
Admin Organization: 
Admin Street: PO Box 30485
Admin City: Seven Mile Beach
Admin State/Province: Grand Cayman
Admin Postal Code: KY1-1202
Admin Country: KY
Admin Phone: +1.3457495465
Admin Phone Ext: 
Admin Fax: 
Admin Fax Ext: 
Admin Email: 3422668@privacy-link.com
Registry Tech ID: C20171025C_23012251-top
Tech Name: PrivacyDotLink Customer 3422668
Tech Organization: 
Tech Street: PO Box 30485
Tech City: Seven Mile Beach
Tech State/Province: Grand Cayman
Tech Postal Code: KY1-1202
Tech Country: KY
Tech Phone: +1.3457495465
Tech Phone Ext: 
Tech Fax: 
Tech Fax Ext: 
Tech Email: 3422668@privacy-link.com
Name Server: dave.ns.cloudflare.com
Name Server: beth.ns.cloudflare.com
DNSSEC: unsigned
URL of the ICANN Whois Inaccuracy Complaint Form: https://www.icann.org/wicf/
>>> Last update of WHOIS database: 2018-04-17T14:45:19Z <<<

このように「MioMio.tv」というサイトドメインの作成日が2012年7月15日になっている一方で、「MioMio.top」というサイトドメインの作成日が2017年10月25日になっていますが、2017年10月といえば、日本のインターネット上でリーチサイトが話題になっていた時期であるために、「MioMio.top」というサイトドメインを作成したのかもしれません。

そして「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWhois情報の比較する場合には、とても興味深いのですが、「MioMio.tv」というサイトドメインでは、「cloudflare.com」というコンテンツデリバリーネットワークを利用していないことに対して、「MioMio.top」というサイトドメインでは、「cloudflare.com」というコンテンツデリバリーネットワークを利用しています。

そこで「cloudflare.com」というコンテンツデリバリーネットワークを利用していない「MioMio.tv」というサイトドメインに関しては、「MioMio.tv」のIPアドレスを取得することができるために、「MioMio.tv」のIPアドレスを逆引きする場合には、以下のようなドメインを取得することができました。


<「MioMio.tv」のIPアドレス>

1、IPアドレス

218.28.198.177

2、ドメイン

pc0.zz.ha.cn

3、画像


このように「MioMio.tv」のIPアドレスを逆引きして取得した「pc0.zz.ha.cn」というドメインに関しては、中国のドメインということがわかります。

そして「MioMio.top」というサイトドメインについては、サイトドメインの詳細情報を取得することができませんが、「top」というドメインのレジストラを調べる限り、「Jiangsu Bangning Science & Technology Co.,Ltd.」という中国企業のようでした。

つまり「MioMio」という動画共有サイトに関しては、中国を経由して配信されている動画共有サイトということがいえるのではないでしょうか。

「MioMio.tv」と「MioMio.top」のWhois情報の比較に関する記載は以上です。

3、【「MioMio」は閉鎖するのか】

それでは次に「MioMio」は閉鎖するのかということについて記載いたします。

2017年4月17日に動画再生機能を停止した「MioMio」ですが、あくまで動画再生機能を停止したのは、「MioMio.tv」というサイトドメインであり、「MioMio.top」というサイトドメインに関しては、以下のように現在でも動画再生機能が有効になっています。


<「MioMio.top」の動画再生機能>


このように「MioMio.top」の動画再生機能に関しては、現在でも動画を再生することができる状態にあるために、「MioMio.tv」の動画再生機能についても、日本の今後の動向次第では、「MioMio.tv」の動画再生機能が再度利用できるようになる可能性も十分に考えることができます。

つまり現時点で「MioMio」という動画共有サイトが完全に閉鎖するか否かについては、依然として不明瞭ということがいえるでしょう。

以上が「MioMio」は閉鎖するのかということに関する記載になります。

「MioMio.tv」と「MioMio.top」の比較に関する記載は以上です。

「MioMio」をブロックする方法

それでは次に「MioMio」を個人レベルでブロックする方法について記載いたします。

「MioMio」という動画共有サイトをブロックする方法に関する詳細を把握する場合は、以下の海賊版サイトを個人レベルでブロックする方法に関する過去記事を参照してください。


<海賊版サイトを個人レベルでブロックする方法>

1、URL

海賊版サイトを個人レベルでブロックする方法


「MioMio」をブロックする方法に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の海賊版サイトに関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の海賊版サイトに関連する記事のまとめを参照してください。


<海賊版サイトに関連する記事のまとめ>

1、URL

海賊版サイトに関連する記事のまとめ


それでは以上です。