2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する情報

【スポンサーリンク】

皆様、こんにちは。

今回の投稿は、2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する投稿になります。

2016年10月11日《日本時間:2016年10月12日》に、2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムが公開されました。

そこで今回の投稿では、2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する情報ついて、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式について

それでは初めに「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式について記載いたします。

2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関しては、「Windows 7」及び「Windows 8.1」という「Windows OS」において、従来の「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式が変更になりました。

まずは以下の2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式の画像を参照してください。


<2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式>

1、更新プログラム

・セキュリティマンスリー品質ロールアップ

>「Windows OS」のセキュリティ関連の更新プログラム及び左記以外の更新プログラム(信頼性関連の更新プログラム等)を一つにまとめるロールアップパッケージ

・セキュリティのみの品質更新プログラム

>当月の「Windows OS」のセキュリティ関連の更新プログラムのみを一つにまとめるロールアップパッケージ(「Windows Server」向け)

2、画像


このように2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式に関しては、従来の「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式で個別に提供されていた複数の更新プログラムを一つのパッケージとして提供する「ロールアップモデル」と呼ばれる提供方式に変更になりました。

そして2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに適用される「ロールアップモデル」という提供方式は、従来の「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式と異なり、過去に配信されている「Windows OS」のセキュリティ関連の更新プログラム及び左記以外の更新プログラムを含むロールアップパッケージになります。

そのため、例えば今までのように「Windows OS」を初期化する際に、過去に配信されている「Windows Update」の更新プログラムを個別に適用するという負担がなくなります。

また従来の「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式に起因する更新プログラムの肥大化及び更新プログラムの依存関係による不具合等が軽減されます。

以上のように、2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関しては、「Windows Update」の更新プログラムに関する提供方式が変更になることをご理解ください。

「Windows Update」の更新プログラムの提供方式に関する記載は以上です。

2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する情報

それでは次に2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する情報について記載いたします。

まずは以下のマイクロソフトの公式サイトによる2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する過去記事を参照してください。


<2016 年 10 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要>

1、URL

2016 年 10 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要

2、引用

セキュリティ情報 ID セキュリティ情報タイトルおよび概要 最大深刻度と脆弱性の影響
MS16-118 Internet Explorer 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3192887) 緊急
MS16-119 Microsoft Edge 用の累積的なセキュリティ更新プログラム (3192890) 緊急
MS16-120 Microsoft Graphics コンポーネント用のセキュリティ更新プログラム (3192884) 緊急
MS16-121 Microsoft Office 用のセキュリティ更新プログラム (3194063) 重要
MS16-122 Microsoft ビデオ コントロール用のセキュリティ更新プログラム (3195360) 緊急
MS16-123 Windows カーネルモード ドライバー用のセキュリティ更新プログラム (3192892) 重要
MS16-124 Windows レジストリ用のセキュリティ更新プログラム(3193227) 重要
MS16-125

診断ハブ用のセキュリティ更新プログラム (3193229)

重要
MS16-126 MS16-126: Microsoft Internet Messaging API 用のセキュリティ更新プログラム (3196067) 警告
MS16-127 Adobe Flash Player 用のセキュリティ更新プログラム (3194343) 緊急

以上が2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する情報になります。

そして2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関しては、「緊急」が5件及び「重要」が4件という更新プログラム数です。

そのため、当記事を参照される皆様におかれましては、必ず「Windows Update」の更新プログラムを適用するようにお願いいたします。

2016年10月度「Windows Update」の更新プログラムに関する情報に関する記載は以上です。

「Windows7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認に終わらないという問題について

それでは次に「Windows7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認に終わらないという問題について記載いたします。

2016年10月度「Windows Update」においても、「Windows7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認に終わらないという問題が発生する場合があるようです。

そのため、お使いの「Windows7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認に終わらないという問題が発生する場合は、以下の「Windows7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認に終わらないという問題に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 7」で「Windows Update」の確認が終わらない場合の対策方法について>

1、URL

「Windows 7」で「Windows Update」の確認が終わらない場合の対策方法について


「Windows7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認に終わらないという問題に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめ


それでは以上です。