2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報

【スポンサーリンク】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する投稿になります。

2017年9月12日(1)日本時間:2017年9月13日に、2017年9月度「Windows Update」の更新プログラムが公開されました。

そこで今回の投稿では、2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報ついて、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報

それでは初めに2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報について記載いたします。

まずは以下のマイクロソフトの公式サイトによる2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する過去記事を参照してください。


<2017 年 8 月のセキュリティ更新プログラム (月例)>

1、URL

2017 年 9 月のセキュリティ更新プログラム (月例)

2、セキュリティ更新プログラムに関する主な注意点

・Excel 2016 のセキュリティ更新プログラム (4011050) を適用後に、テキストを入力中に不要な枠線が表示される可能性があります。本日同時公開した更新プログラム (4011165) を適用することで解決します。4011050 は “セキュリティ問題の修正プログラム”として、4011165 は “重要な更新” としてリリースしています。Windows Update をご利用のお客様は自動で両方が適用されます。WSUS/SCCM などの更新プログラム展開システムにて “セキュリティ問題の修正プログラム” のみを承認している場合は、4011165 も承認の上適用することで当該問題を解決できます。

・MS16-087 を再リリースしました。サポート技術情報 (3170005) の既知の問題の影響を受ける場合は、セキュリティ更新プログラムの展開前にサポート技術情報に記載の軽減策を構成しているかをご確認ください。

・6 月の Internet Explorer と Edge のセキュリティ更新プログラムを適用後に確認されていた印刷問題を修正する際に削除された CVE-2017-8529 の脆弱性への対応を今月リリースしました。

・今月のリリースで下記の既知の問題を修正しています。

>サポート技術情報 (4025337、4025341) LDAP 参照の追跡を実行するアプリケーションが、使用可能な TCP 動的ポートを過剰に使用またはすべて使用する問題

>サポート技術情報 (4034679、4034664) コンピューターに複数のモニターが接続され、画面の番号が連続していない場合、一部のアプリケーションで正しく表示されない問題 (4039884 にて修正済み)

>サポート技術情報 (4034658) 更新プログラム履歴と非表示の更新プログラムが削除され、更新プログラムのフル スキャンが実行される問題 (4039396 にて修正済み)下記の脆弱性情報のセキュリティ更新プログラムの一部が再リリースされています。再リリースされたセキュリティ更新プログラムは既に適用済みのコンピューターにも再インストールする必要があります。詳細は、各セキュリティ情報を参照してください。

>サポート技術情報 (4034681) NPS 認証が失われ、ワイヤレス クライアントが接続できない問題

>サポート技術情報 (4025337) ワードパッド アプリケーションが起動時にクラッシュ

3、既存の脆弱性情報の更新 (3 件)

・CVE-2016-0165 (MS16-039)

・CVE-2016-3238 (MS16-087)

・CVE-2016-3326 (MS16-095)

・CVE-2016-3376 (MS16-123)

・CVE-2017-0213

・CVE-2017-8529

・CVE-2017-8599

3、 2017 年 8 月のセキュリティ更新プログラム

製品ファミリーセキュリティ更新プログラム番号最大影響度最大深刻度
Windows 10 (Microsoft Edge を含む)Windows 10 RTM: 4038781、Windows 10 1511: 4038783、Windows 10 1607: 4038782、Windows 10 1703: 4038788リモートでコードが実行される緊急
Windows 8.1Windows 8.1: 4038793 (セキュリティのみの更新プログラム) と 4038792 (月例ロールアップ)リモートでコードが実行される緊急
Windows RT 8.1Windows RT 8.1: 4038792リモートでコードが実行される緊急
Windows 7Windows 7: 4038779 (セキュリティのみの更新プログラム) と 4038777 (月例ロールアップ)リモートでコードが実行される緊急
Internet ExplorerInternet Explorer 9: 4036586、Internet Explorer 10: 4036586 (IE 累積的) と 4038799 (月例ロールアップ)、Internet Explorer 11: 4036586、4038777、4038781、4038782、4038783、4038788、および 4038792リモートでコードが実行される緊急
Microsoft Office、Office Services、Office Web Apps、およびその他の Office 関連ソフトウェア月例のセキュリティ更新プログラムのリリースの Office に関連するサポート技術情報の記事の数は、CVE の数、および影響を受けるコンポーネントの数によって変わります。記事の数が多すぎるため、ここですべてを一覧することはできません。Office コンポーネントに対応する記事のリンクについては、「セキュリティ更新プログラムガイド」を参照してください。リモートでコードが実行される緊急
.NET Framework今回のリリースには各バージョンの .NET Framework に関する 12 個のサポート技術情報がありますが、多すぎるため、ここでは記載しません。これらの記事のリンクについては、「セキュリティ更新プログラム ガイド」を参照してください。リモートでコードが実行される重要
Adobe Flash PlayerAdobe Flash Player 用のセキュリティ更新プログラムに関するマイクロソフトからの情報: 4038806リモートでコードが実行される緊急

以上が2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報になります。

そして2017年9月度「Windows Update」の更新プログラムに関しては、更新プログラムの最大深刻度として、「緊急」という深刻度が7件及び「重要」という深刻度が1件という更新プログラム数になっています。

そのため、当記事を参照される皆様におかれましては、お使いの「Windows OS」に合致する2017年9月度「Windows Update」の更新プログラムを必ず適用するようにお願いいたします。

2017年9月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する記載は以上です。

「Windows 7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認が終わらないという問題

それでは次に「Windows 7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認が終わらないという問題について記載いたします。

当記事を参照されている皆様の中で「Windows 7」を使用されている方に関しては、お使いの「Windows 7」に2017年9月度「Windows Update」の更新プログラムを適用する際に、「Windows Update」の更新プログラムの確認が終わらないという問題が発生する場合は、以下の「Windows 7」で「Windows Update」の確認が終わらない場合の対策方法に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 7」で「Windows Update」の確認が終わらない場合の対策方法について>

1、URL

「Windows 7」で「Windows Update」の確認が終わらない場合の対策方法について


「Windows 7」で「Windows Update」の更新プログラムの確認に終わらないという問題に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

脚注)「▲戻る」をクリックすると本文に戻ります   [ + ]