2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する投稿になります。

2020年7月14日(1)日本時間:2020年7月15日に、2020年7月度「Windows Update」の更新プログラムが公開されました。

そこで今回の投稿では、2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報について、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報

それでは初めに2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報について記載いたします。

まずは以下のマイクロソフトの公式サイトによる2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する過去記事を参照してください。


<2020 年 7 月のセキュリティ更新プログラム (月例)>

1、URL

2020 年 7 月のセキュリティ更新プログラム (月例)

2、セキュリティ更新プログラム及びセキュリティアドバイザリに関する主な注意点

・2020 年 7 月の定例リリースにて、早急に対応が必要な Windows DNS Server に関する脆弱性情報 CVE-2020-1350 を公開し、本脆弱性に対応するためのセキュリティ更新プログラムをリリースしています。詳細は脆弱性情報 CVE-2020-1350 ならびにサポート技術情報 4569509、関連ブログをご参照ください。

・毎月、セキュリティ更新プログラムを適用する前には、必ず最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) を適用しておく必要があります。特に、2020 年 7 月の定例リリースにてリリースした Windows OS 向けのセキュリティ更新プログラムに含まれる、脆弱性情報 CVE-2020-1346 に対応する修正を正しく反映するためには、最新の SSU を適用する必要があります。最新の SSU はアドバイザリ ADV990001 にて確認することができます。

・2020 年 7 月の定例リリースに公開した Windows 向けのセキュリティ更新プログラムを適用すると、Hyper-V の脆弱性に対応するために、RemoteFX vGPU の機能が無効となります。詳細はサポート技術情報 4570006 をご参照ください。

・2020 年 7 月の定例リリースに公開した SharePoint の PerformancePoint サービス向けのセキュリティ更新プログラムを適用すると、CVE-2020-1439 の脆弱性に対応するために、信頼できるデータソースの場所ならびに信頼できるコンテンツの場所の既定値が変更されます。詳細はサポート技術情報 4571413 をご参照ください。

・2020 年 6 月の定例リリースに公開した Windows 向けのセキュリティ更新プログラムを適用後に確認されていた印刷の問題を解決する修正が公開されており、7 月の累積的なセキュリティ更新プログラムならびにマンスリーロールアップにも含まれています。

3、2020 年 7 月のセキュリティ更新プログラム

製品ファミリー関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ最大影響度最大深刻度
Windows 10 (Microsoft Edge を含む)Windows 10 v2004: 4565503
Windows 10 v1903 および Windows 10 v1909: 4565483Windows 10 v1809: 4558998

Windows 10 v1803: 4565489

Windows 10 v1709: 4565508

リモートでコードが実行される緊急
Windows 8.1Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 マンスリー ロールアップ: 4565541
Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 セキュリティのみ: 4565540Windows Server 2012 マンスリー ロールアップ: 4565537

Windows Server 2012 セキュリティのみ: 4565535

リモートでコードが実行される緊急
Internet ExplorerInternet Explorer の累積的な更新プログラム: 4565479リモートでコードが実行される緊急
Microsoft Office 関連のソフトウェアMicrosoft Office 関連のソフトウェアに関連するサポート技術情報: 4484357、4484363、4484381、4484382、4484433、4484438、4484441、4484446、4484450、4484451、4484456、4484458、4484463リモートでコードが実行される緊急

以上が2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報になります。

そして2020年7月度「Windows Update」の更新プログラムに関しては、更新プログラムの最大深刻度として、「緊急」という深刻度が4件という更新プログラム数になっています。

そのため当記事を参照される皆様におかれましては、お使いの「Windows OS」のバージョンに合致する2020年7月度「Windows Update」の更新プログラムを必ず適用していただけるようにお願いいたします。

2020年7月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

脚注)「▲戻る」をクリックすると本文に戻ります   [ + ]