2022年6月度「Windows Update」の更新プログラム情報

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

まだデータがありません。

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、2022年6月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、2022年6月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する投稿になります。

2022年6月14日(1)日本時間:2022年6月15日に、2022年6月度「Windows Update」の更新プログラムが公開されました。

そこで今回の投稿では、2022年6月度「Windows Update」の更新プログラム情報という投稿テーマについて、記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

2022年6月度「Windows Update」の更新プログラム情報

それでは初めに2022年6月度「Windows Update」の更新プログラム情報について記載いたします。

まずは以下のマイクロソフト公式ブログに投稿されている「Windows Update」の更新プログラム情報の過去記事を参照してください。


<マイクロソフト公式ブログ>

1、URL

2022 年 6 月のセキュリティ更新プログラム (月例)

2、セキュリティ更新プログラム及びセキュリティアドバイザリに関する主な注意点

・2022 年 5 月 30 日 月曜日(米国時間) に公開した CVE-2022-30190 (Microsoft Windows Support Diagnostic Tool (MSDT) のリモートでコードが実行される脆弱性) の修正する更新プログラムを公開しました。修正は、6 月の月例セキュリティ更新プログラムに含まれています。本脆弱性は、既に脆弱性の詳細が一般に公開されており、脆弱性の悪用が行われていることを確認しています。お客様においては、早急に、更新プログラムの適用を行ってください。詳細は、CVE-2022-30190 および CVE-2022-30190 マイクロソフト サポート診断ツールの脆弱性に関するガイダンス を参照してください。

・CVE-2022-30136 (Microsoft ネットワーク ファイル システム) は、CVSS 基本値が9.8 と高いスコアで、認証やユーザーの操作なしで悪用が可能な脆弱性です。これらの脆弱性が存在する製品、および悪用が可能となる条件については、CVEのページの「よく寄せられる質問」 を参照してください。セキュリティ更新プログラムが公開されるよりも前に、脆弱性の情報の一般への公開、脆弱性の悪用はありませんが、脆弱性の特性を鑑み、企業組織では早急なリスク評価とセキュリティ更新プログラムの適用を推奨しています。

・2022 年 6 月のセキュリティ更新プログラムを展開する際のガイダンスは、2022 年 6 月のセキュリティ更新プログラムの展開に関するサポート技術情報 も併せてご参照ください。
セキュリティ更新プログラムにおける既知の問題は、各セキュリティ更新プログラムのサポート技術情報を参照してください。既知の問題が確認されている各セキュリティ更新プログラムのサポート技術情報一覧は、2022 年 6 月セキュリティ更新プログラム リリースノートに掲載されています。

3、2022 年 6 月のセキュリティ更新プログラム一覧

製品ファミリー関連するサポート技術情報またはサポートの Web ページ最大影響度最大深刻度
Windows 115014697リモートでコードが実行される緊急
Windows 10 v21H2, v21H1 および v20H25014699リモートでコードが実行される緊急
Windows 8.1Windows 8.1, Windows Server 2012 R2 Monthly Rollup 5014738 Security Only 5014746 Windows Server 2012 Monthly Rollup 5014747 Security Only 5014741リモートでコードが実行される緊急
Microsoft Officeセキュリティ更新プログラムの詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイド およびhttps://docs.microsoft.com/officeupdates 参考にしてください。リモートでコードが実行される重要
Microsoft .NETセキュリティ更新プログラムの詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイド および https://docs.microsoft.com/dotnet を参考にしてください。情報漏洩重要
Microsoft Visual Studioセキュリティ更新プログラムの詳細については、セキュリティ更新プログラム ガイド および https://docs.microsoft.com/visualstudio を参考にしてください。情報漏洩重要

4、既存の脆弱性情報の更新

・CVE-2021-26414 Windows DCOM サーバーのセキュリティ機能のバイパスの脆弱性

マイクロソフトは、この脆弱性に対する第 2 フェーズの強化の変更の対応のため、2022 年 6 月 15 日の Windows セキュリティ更新プログラムのリリースを発表しています。これらの更新プログラムをインストールすると、DCOM サーバー上のRPC_C_AUTHN_LEVEL_PKT_INTEGRITYが既定で有効になります。これを行う必要がある場合は、RequireIntegrityActivationAuthenticationLevel レジストリ キーを使用して無効にすることができます。マイクロソフトは、2022 年 6 月 15 日の更新プログラムをインストールし、お使いの環境でテストを完了し、できるだけ早くこれらの強化を有効にすることを強くお勧めします。

・CVE-2022-24513 Visual Studio の特権の昇格の脆弱性

マイクロソフトは、サポートされている次のバージョンの Visual Studioに関する CVE-2022-24513 をさらに解決するために、2022 年 6 月のセキュリティ更新プログラムをリリースしました。
Visual Studio 2017 Version 15.9
Visual Studio 2019 Version 16.9
Visual Studio 2019 Version 16.11
Microsoft Visual Studio 2022 Version 17.0
Visual Studio 2019 for Mac Version 8.10
また、この脆弱性の影響を受ける Visual Studio 2022 for Mac バージョン 17.0 が「セキュリティ更新プログラム」一覧に追加されました。この脆弱性から完全に保護するために、これらの更新プログラムをインストールすることを強くお勧めします。

・CVE-2022-24527 Windows Endpoint Configuration Manager の特権の昇格の脆弱性

次の点が修正されました。1) この脆弱性の影響を受ける Microsoft Endpoint Configuration Manager を「セキュリティ更新プログラム」一覧に追加しました。2) この脆弱性を解決する更新プログラムは Windows セキュリティ更新プログラムを介して入手できないため、「セキュリティ更新プログラム」一覧からすべてのバージョンの Windows を削除しました。3) この脆弱性を解決する Microsoft Endpoint Configuration Manager の修正プログラムを入手する方法に関する情報を提供するために、FAQ を更新しました。4) CVE のタイトルを修正しました。

・CVE-2022-26832 .NET Framework のサービス拒否の脆弱性

「セキュリティ更新プログラム」一覧を追記しました。Windows 10 Version 1607、Windows Server 2016 および Windows Server 2016 (Server Core インストール) にインストールされている .NET Framework 4.6.2/4.7/4.7.1/4.7.2
4.6.2/4.7/4.7.1/4.7.2 がインストールされている場合、この脆弱性の影響を受けます。これらのバージョンの .NET Framework を実行しているお客様は、この脆弱性から保護するために、2022 年 4 月のセキュリティ更新プログラムをインストールする必要があります。

・CVE-2022-23267 .NET および Visual Studio のサービス拒否の脆弱性

Visual Studio for Mac のこれらのバージョンはこの脆弱性の影響を受けるので、「セキュリティ更新プログラム」一覧に Visual Studio 2019 for Mac と Visual Studio 2022 for Mac を追加しました。これらのバージョンの Visual Studio を実行している場合は、この脆弱性から完全に保護するために、この更新プログラムをインストールすることを強くお勧めします。

・CVE-2022-30190 Microsoft Windows Support Diagnostic Tool (MSDT) のリモートでコードが実行される脆弱性

この脆弱性の更新プログラムは、2022 年 6 月の累積的な Windows 更新プログラムに含まれています。この脆弱性から完全に保護するために、この更新プログラムをインストールすることを強くお勧めします。システムが自動更新を受信するように構成されているお客様は、特別な措置を講じる必要はありません。

6、補足情報

・最新のサービス スタック更新プログラム (SSU) は、アドバイザリ ADV990001 にてご確認ください。

Microsoft Edge (Chromium-based) のセキュリティ情報は、公開のスケジュールが月例のリリースとは異なりますので、セキュリティ更新プログラム ガイド上で製品にて Microsoft Edge (Chromium-based) を選択してご確認ください。または、Edge のセキュリティ リリース情報にてご確認ください。

・各脆弱性情報 (CVE) のページには、緩和策、回避策、注意事項やよく寄せられる質問など、追加の情報が掲載されている場合があります。セキュリティ更新プログラムの適用の前に、併せてご確認ください。

・最新の情報は、セキュリティ更新プログラム ガイド を確認してください。セキュリティ更新プログラムガイドでは、セキュリティの脆弱性および更新プログラムの情報を、CVE、KB 番号、製品、またはリリース日別に並べ替えたりフィルターをかけたりすることができます。各月のセキュリティ更新プログラムを絞り込むには、日付範囲に絞り込む月の第 2 火曜日を指定して検索してください。なお、セキュリティ更新プログラム ガイド API を活用して、自社に特化したカスタム レポートを作成することができます。API の活用方法を紹介する 6 つのビデオ (API の情報 (GitHub)、API へのアクセス、HTML ファイルの出力、Excel へのエクスポート、CVE リストの取得、KB リストの取得) を公開していますので、是非ご活用ください。

・セキュリティ更新プログラム ガイド に更新があった場合の通知を受け取る仕組みの実装が予定されています。詳しくは、 ブログ “Coming Soon: A Brand-New Notification System!” をご参照ください。

・2022 年 6 月 15 日 (米国時間) 以降、Internet Explorer 11 (IE11) デスクトップ アプリケーションは、Windows 10 半期チャネルおよび Windows 10 IoT 半期チャネルでのサポートを終了します。詳しくは、Internet Explorer 11 デスクトップ アプリケーションのサポート終了 – 発表に関連する FAQ のアップデート をご参照ください。


以上が2022年6月度「Windows Update」の更新プログラム情報になります。

そして当月の「Windows Update」の更新プログラムについては、更新プログラムの最大深刻度として、「緊急」という深刻度が3件という深刻度が7件という更新プログラム数になっています。

そのため当記事を参照される皆様におかれましては、お使いの「Windows OS」のバージョンに合致する2022年6月度「Windows Update」の更新プログラムを必ず適用していただけるようにお願いします。

2022年6月度「Windows Update」の更新プログラム情報に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows OS」の「Windows Update」を設定する方法に関連する記事のまとめ


それでは以上です。

脚注)「▲戻る」をクリックすると本文に戻ります[+]