「Windows 10」のカラーモードを黒(ダークモード)に変更する方法

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。

「Windows 10」のカラーモードに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のカラーモードに関する投稿になります。

「Windows 10」については、従来の「Windows OS」の設定画面となる「コントロールパネル」に加えて、「PC設定」という設定画面が追加されました。

そして「Windows 10」の「PC設定」という設定画面では、「Windows 10」の既定値で白(ライトモード)を基調としたカラーになっていますが、これを黒(ダークモード)を基調としたカラーに変更することができます。

そこでまずは、以下の「Windows 10」の「PC設定」という設定画面の画像を参照してください。


<「Windows 10」の「PC設定」という設定画面 >

1、白(ライトモード)

2、黒(ダークモード)


このように「Windows 10」のカラーモードを変更することにより、「Windows 10」の「PC設定」という設定画面を白(ライトモード)から黒(ダークモード)に変更することができるわけです。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」のカラーモードを黒(ダークモード)に変更する方法ついて、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

「Windows 10」のカラーモードを黒(ダークモード)に変更する手順

1、【黒(ダークモード)を設定する】

それでは初めに「Windows 10」のカラーモードを黒(ダークモード)に変更する手順について記載いたします。

まずは黒(ダークモード)を設定する手順について記載します。

そこでお使いのキーボード上の[Windows]及び[I]というキーを同時に押してから、「Windows 10」の設定画面を表示してください。

次に個人用設定という項目をクリックします。

次に画面左に表示されているという項目をクリックしてから、色を選択するという欄でダークという項目を選択してください。

次に「Windows 10」のスタートメニュやタスクバー、タイトルバーとウィンドウの境界線などに黒(ダークモード)を適用する場合には、以下の設定項目にチェックを入れます。


<以下の場所にアクセントカラーを表示します>

  • スタートメニュ、タスクバー、アクションセンター
  • タイトルバーとウィンドウの境界線

以上で「Windows 10」の黒(ダークモード)を適用することができました。

黒(ダークモード)を設定する手順に関する記載は以上です。

2、【従来のカラーモードを設定する】

それでは次に従来のカラーモードを設定する手順について記載いたします。

まずは前項と同様に「Windows 10」の設定画面の個人用設定という画面を表示してください。

次に画面左に表示されているという項目をクリックしてから、色を選択するという欄でカスタムという項目を選択して、さらに表示された設定項目を以下のように設定してください。


<設定項目>

1、既定のWindowsモードを選択してください

・ダーク

2、既定のアプリモードを選択します

・ライト


次に「Windows 10」のスタートメニュやタスクバー、タイトルバーとウィンドウの境界線などに従来のカラーモードを適用する場合には、以下の設定項目にチェックを入れます。


<以下の場所にアクセントカラーを表示します>

  • スタートメニュ、タスクバー、アクションセンター
  • タイトルバーとウィンドウの境界線

以上で「Windows 10」の従来のカラーモードを適用することができました。

「Windows 10」のカラーモードを黒(ダークモード)に変更する手順に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。