PCマウスのチャタリングに対する原因と対策方法について

【スポンサーリンク】

【今日の人気記事】

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、パソコンパーツの一つであるPCマウスのチャタリングという現象に関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、パソコンパーツの一つであるPCマウスのチャタリングという現象に関する投稿になります。

当ブログにパソコン環境でアクセスされる皆様においては、最も頻繁に使用するパソコンパーツとしてPCマウスという機器を挙げることができるのではないでしょうか。

そしてPCマウスという機器についても、インターネット上のショッピングサイトや街中の家電量販店では、パソコンパーツを取り扱う企業が製造する多数のPCマウスが販売されています。

またPCマウスという機器における価格面においても、数百円単位の格安なPCマウスから一万円単位のPCマウスまで多数の価格帯が存在しています。

つまりPCマウスという機器に関しては、最も頻繁に使用するパソコンパーツであるために、個々のパソコンユーザーのニーズに合致するPCマウスを購入することが重要といえるでしょう。

しかしながら、PCマウスという機器が最も頻繁に使用するパソコンパーツであるために、パソコンパーツとしての不具合が発生しやすい機器であり、PCマウスで発生する不具合の一つとしては、チャタリングという現象を挙げることができます。

そこで今回の投稿では、PCマウスのチャタリングという現象における概要を説明しながら、PCマウスのチャタリングに対する原因と対策方法について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

チャタリングの概要

それでは初めにチャタリングの概要について記載いたします。

まずは以下のPCマウスの基本操作に関する画像を参照してください。


<「マウス」の基本操作>


このようにPCマウスの基本操作としては、皆様もご存知のように、PCマウスのボタンを一度押す操作であるシングルクリックとPCマウスのボタンを素早く二度押す操作であるダブルクリックが基本操作になります。

そしてPCマウスのシングルクリックという操作に関しては、デスクトップ画面のパソコン操作における選択を意味しており、PCマウスのダブルクリックという操作については、デスクトップ画面のパソコン操作における決定を意味しています。

しかしながら一方、PCマウスに不具合が生じる場合には、PCマウスをシングルクリックという操作をダブルクリックという操作としてパソコン側が誤認識するという症状があります。

そしてPCマウスの操作をパソコン側が誤認識する原因としては、PCマウスのボタンを押した際に生じる振動を起因とした接合部の不具合であり、このような不具合の症状をチャタリングと呼びます。

またPCマウスにチャタリングが発生する場合には、以下のように三種類の要因を挙げることができます。


<チャタリングが発生する要因>

  • PCマウスに発生する電気的な不具合
  • PCマウスに発生する物理的な不具合
  • PCマウスに発生するシステム上の不具合

そしてPCマウスに発生する電気的な不具合に関しては、PCマウスの内部に蓄電されている静電気による不具合と考えることができるでしょう。

またPCマウスに発生する物理的な不具合については、PCマウスの初期不良や長期間の使用による接合部の摩耗等に起因する不具合と考えることができます。

次にPCマウスに発生するシステム上の不具合においては、PCマウスを接続しているパソコン側による不具合と考えることができるでしょう。

以上がPCマウスのチャタリングという現象における説明となります。

チャタリングの概要に関する記載は以上です。

チャタリングの対策方法

1、【静電気を除去する】

それでは次にチャタリングの対策方法について記載いたします。

まずはPCマウスの静電気を除去するという対策方法について記載します。

前項で記載するようにPCマウスにチャタリングが発生する原因としては、PCマウスの内部に蓄電されている静電気による不具合を挙げることができます。

そのためPCマウスの内部に蓄電されている静電気を放電することにより、PCマウスに発生しているチャタリングを改善します。

そこでお使いのPCマウスで使用している電池を抜いてから、PCマウスの左右ボタンを10秒間程度クリックしてください。

次にお使いのPCマウスに使用している電池を入れてから、PCマウスが正常動作することを確認します。

以上でPCマウスの静電気を除去することができました。

PCマウスの静電気を除去するという対策方法に関する記載は以上です。

2、【チャタリング対策ソフトを使用する】

それでは次にチャタリング対策ソフトを使用するという対策方法について記載いたします。

先に記載するようにPCマウスにチャタリングが発生する原因としては、PCマウスの初期不良や長期間の使用による接合部の摩耗等に起因する不具合を挙げることができます。

そのためチャタリングが発生しているPCマウスに対してチャタリング対策ソフトを使用することにより、PCマウスに発生しているチャタリングを抑制して改善します。

そこでまずは、以下の「マウスチャタリングキャンセラ」というフリーソフトに関するダウンロードリンクを参照してください。


<ダウンロードリンク>

1、実行ファイル

「マウスチャタリングキャンセラ」の実行ファイル


次に上記のダウンロードリンクにアクセスしてから、「マウスチャタリングキャンセラ」の実行ファイルを任意の場所に保存します。

次にダウンロードした「マウスチャタリングキャンセラ」の実行ファイルを解凍してから、「ChatteringCanceler.exe」というファイルを実行してください。

次にお使いの「Windows OS」のタスクトレイアイコン領域に表示されている「マウスチャタリングキャンセラ」のアイコンを右クリックしてから、設定という項目をクリックします。

次に「マウスチャタリングキャンセラ」に関しては、基本的に設定不要のフリーソフトとなりますが、PCマウスに発生しているチャタリングを抑制して改善できない場合には、ボタン監視設定という欄で監視方式をイベントディレイ方式及びハイブリッド方式という項目に設定してから、OKという項目をクリックしてください。

以上で「マウスチャタリングキャンセラ」というフリーソフトを実行することができました。

チャタリング対策ソフトを使用するという対策方法に関する記載は以上です。

3、【保証期間を利用する】

それでは次にPCマウスの保証期間を利用するという対策方法について記載いたします。

先に記載するようにPCマウスにチャタリングが発生する原因としては、PCマウスの初期不良や長期間の使用による接合部の摩耗等に起因する不具合を挙げることができます。

そのため、お使いのPCマウスの保証期間が残っている場合は、PCマウスの製造メーカーに連絡してから、PCマウスを交換することができます。

なお、お使いのPCマウスの保証期間に関しては、PCマウスの取扱説明書やPCマウスの製造メーカーが開設する公式サイトを確認してください。

PCマウスの保証期間を利用するという対策方法に関する記載は以上です。

4、【ドライバーを確認する】

それでは次にPCマウスのドライバーを確認するという対策方法について記載いたします。

先に記載するようにPCマウスにチャタリングが発生する原因としては、PCマウスを接続しているパソコン側による不具合を挙げることができます。

そのため、お使いのパソコン環境のシステムがPCマウスのドライバーを正常に認識していることを確認します。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「Rというキーを同時に押してから、ファイル名を指定して実行という画面を表示してください。

次に名前という欄に以下の文字列を入力してから、OKという項目をクリックします。


<文字列>

main.cpl


次にマウスのプロパティという画面が表示されてから、ダブルクリックの速度という欄でPCマウスのダブルクリック速度の設定項目について確認してください。

次にハードウェアという項目をクリックしてから、デバイスという欄の設定項目を選択して、プロパティという項目をクリックします。

次にデバイスの状態という欄でデバイスが正常に動作していない場合は、設定の変更という項目をクリックしてください。

次にドライバーという項目をクリックしてから、ドライバーの更新という項目をクリックして、PCマウスの最新ドライバーの有無を確認します。

以上でお使いのパソコン環境のシステムがPCマウスのドライバーを正常に認識していることを確認することができました。

チャタリングの対策方法に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外のパソコンパーツ情報に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下のパソコンパーツ情報に関連する記事のまとめを参照してください。


<パソコンパーツ情報に関連する記事のまとめ>

1、URL

パソコンパーツ情報に関連する記事のまとめ


それでは以上です。