「Windows 10」インストールメディアを作成する方法

【スポンサーリンク】

カテゴリー別人気記事

皆様、こんばんは。

今回の投稿は、「Windows 10」のインストールメディアに関する投稿となります。

それでは今回の投稿にまいりましょう。

【スポンサーリンク】

はじめに

さて改めまして今回の投稿は、「Windows 10」のインストールメディアに関する投稿になります。

2015年7月に公開された「Windows 10」については、開発元であるマイクロソフトの公式サイトからインストールメディア作成ツールをダウンロードすることにより、「Windows 10」のインストールメディアを簡単に作成することができます。

そして「Windows 10」のインストールメディアを使用することにより、「Windows 10」のクリーンインストールを行うこと、または「Windows 10」が起動しない場合のスタートアップ修復などの操作を行うことが可能になっています。

そこで今回の投稿では、「Windows 10」のインストールメディアを作成する方法について、再投稿という形式で記事を記載してまいりたいと思います。

それでは本題に入りましょう。

【スポンサーリンク】

インストールメディアを作成する前の準備

1、【USBメモリまたはDVDを準備する】

それでは初めに「Windows 10」のインストールメディアを作成する前の準備について記載いたします。

まずはUSBメモリまたはDVDを準備する手順について記載します。

「Windows 10」のインストールメディアについては、インストールメディアの作成先として、USBメモリまたはDVDという二種類の作成方法を選択することができます。

しかしながら最近の「Windows 10」については、インストールメディアを作成するための容量が大きくなっているようであり、特に「Windows 10」の64ビット版のインストールメディアを作成する場合には、DVD-Rという片面一層式のDVDには収まらない容量になっているようでした。

もちろん「Windows 10」の32ビット版のインストールメディアを作成する場合は、DVD-Rという片面一層式のDVDに収まる容量のようですが、現在のパソコン環境の主流のビット数は、64ビット版になると思いますので、「Windows 10」の64ビット版のインストールメディアを作成する際は、DVD-R DLなどの片面二層式のDVDを使用するようにしてください。

このように「Windows 10」のインストールメディアを作成する際の作成要件としては、以下のようにUSBメモリまたはDVDの容量が必要になります。


<インストールメディアの作成要件>

1、「Windows 10」の32ビット版

  • インターネットの常時接続環境が用意されていること
  • 4 GB 以上の空き領域が存在する空のUSB(可能であれば8 GB 以上の空き領域が存在する空のUSB)
  • DVD-Rなどの空のDVDとDVDドライブ(可能であればDVD-R DLなどの片面二層式のDVDとDVDドライブ)

2、「Windows 10」の64ビット版

  • インターネットの常時接続環境が用意されていること
  • 8 GB 以上の空き領域が存在する空のUSB
  • DVD-R DLなどの片面二層式のDVDとDVDドライブ

「Windows 10」のインストールメディアを作成する場合には、お使いの「Windows 10」のビット数に応じて、インストールメディアの作成先になるUSBメモリまたはDVDの容量にご注意ください。

それから次にモバイルPCなどのパソコン環境を使用するユーザーの場合には、パソコン本体にDVDドライブが搭載されていないこともあろうかと思います。

そのためモバイルPCなどのパソコン環境を使用するユーザーについては、「Windows 10」のインストールメディアの作成先として、USBメモリを選択するかまたは外付けのDVDドライブを準備するようにしてください。

USBメモリまたはDVDを準備する手順に関する記載は以上です。

2、【ビット数を確認する】

それでは次に「Windows 10」のビット数を確認する手順について記載いたします。

前項で記載するように「Windows 10」のインストールメディアを作成する場合には、お使いの「Windows 10」のビット数を確認することが重要になります。

そして現在の「Windows 10」のパソコン環境におけるビット数については、64ビット版が主流と思いますが、「Windows 7」から「Windows 10」にアップグレードしたパソコン環境などでは、32ビット版を使用されるユーザーも存在すると思いますので、「Windows 10」のビット数を確認していきます。

そこでまずは、お使いのキーボード上の「Windows ロゴマーク」及び「X」というキーを同時に押してから、システムという項目をクリックしてください。

次にバージョン情報という画面が表示されてから、システムの種類という項目で「Windows 10」のビット数を確認します。

以上で「Windows 10」のビット数を確認することができました。

「Windows 10」のビット数を確認する手順に関する記載は以上です。

3、【プロダクトキーの確認は必要か】

それでは次に「Windows 10」のプロダクトキーの確認は必要かについて記載いたします。

「Windows 10」のインストールメディアを作成した後に、今まで使用している同一のパソコン環境にクリーンインストールする場合や「Windows 7」及び「Windows 8.1」から「Windows 10」にアップグレードしたパソコン環境の場合には、プロダクトキーを入力する必要はありません。

そのため「Windows 10」のインストールメディアを作成する際に、プロダクトキーの確認は絶対に必要というわけではありませんが、「Windows 10」のプロダクトキーを確認する場合には、以下の「Windows 10」のプロダクトキーとライセンス認証の状態を確認する方法に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のプロダクトキーとライセンス認証の状態を確認する方法に関する過去記事>

1、URL

「Windows 10」のプロダクトキーとライセンス認証の状態を確認する方法


「Windows 10」のインストールメディアを作成する前の準備に関する記載は以上です。

インストールメディアを作成する手順

1、【ダウンロードリンク】

それでは次に「Windows 10」のインストールメディアを作成する手順について記載いたします。

まずはインストールメディア作成ツールをダウンロードする手順について記載します。

そこで以下のインストールメディア作成ツールに関するダウンロードリンクを参照してください。


<ダウンロードリンク>

1、実行ファイル

「Windows 10」のインストールメディア作成ツール


次に上記のダウンロードリンクにアクセスしてから、ツールを今すぐダウンロードという項目をクリックして、インストールメディア作成ツールを任意の場所に保存します。

以上でインストールメディア作成ツールをダウンロードすることができました。

インストールメディア作成ツールをダウンロードする手順に関する記載は以上です。

3、【インストールメディア作成ツールを実行する】

それでは次にインストールメディア作成ツールを実行する手順について記載いたします。

まずは前項でダウンロードしたインストールメディア作成ツールを実行してください。

次にマイクロソフトのライセンス条項の画面が表示されてから、同意するという項目をクリックします。

次に「他のPC用にインストールメディアを作る」という項目にチェックを入れてから、次へという項目をクリックしてください。

次に「Windows 10」の言語、アーキテクチャー、エディションを選択する画面が表示されます。

そこで「このPCにおすすめのオプションを使う」という項目にチェックが入っていることを確認してから、お使いの「Windows 10」と言語、エディション・アーキテクチャという項目が合致していることを確認して、さらに次へという項目をクリックしてください。

次にインストールメディアの作成先となるメディアを選択する画面が表示されます。

そこで以下のインストールメディアを作成するメディアの選択項目にチェックを入れてから、次へという項目をクリックしてください。

なお今回の投稿では、インストールメディアを作成するメディアとして、ISOファイルという項目を選択いたします。


<選択項目>

  • USBフラッシュドライブ(USBメモリ)
  • ISOファイル(DVDなどの光学メディア)

次にインストールメディアのISOファイルを保存する場所を指定してから、保存という項目をクリックしてください。

次に「Windows 10」のダウンロードが開始されます。

次にインストールメディアの作成が開始されます。

次に完了という項目をクリックしてください。

以上でインストールメディア作成ツールを実行することができました。

インストールメディア作成ツールを実行する手順に関する記載は以上です。

4、【ISOファイルを書き込む】

それでは次にISOファイルを書き込む手順について記載いたします。

前項で記載する「Windows 10」のインストールメディアの作成先としてISOファイルという項目を選択した場合は、「Windows 10」のISOファイルをDVDなどの光学メディアに書き込むという操作を行うことにより、「Windows 10」のインストールメディアを作成することができます。

そこでまずは、以下の「Windows 10」でディスクの消去及びディスクの書き込みを実行する手順に関する過去記事を参照してから、「Windows 10」のインストールメディアのISOファイルをDVDなどの光学メディアに書き込む手順の概要を把握してください。


<「Windows 10」でディスクの消去及びディスクの書き込みを実行する手順に関する過去記事>

1、URL

「Windows 10」でディスクの消去及びディスクの書き込みを実行する手順について


次にお使いのパソコンの光学ドライブにDVDをセットしてから、前項で作成したインストールメディアのISOファイルを参照します。

次にインストールメディアのISOファイルを右クリックしてから、ディスクイメージの書き込みという項目をクリックしてください。

次にディスクイメージの書き込みツールという画面が表示されます。

そこでまずは、書き込みという項目をクリックしてから、インストールメディアのISOファイルの書き込みという操作を開始してください。

また「DVD」にインストールメディアのイメージファイルの書き込みを実行した後に、「DVD」に書き込んだインストールメディアのイメージファイルの確認を行う場合は、書き込み後のディスクの確認という項目にチェックを入れます。

次に閉じるという項目をクリックしてください。

以上でインストールメディアを作成することができました。

「Windows 10」のインストールメディアを作成する手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」のクリーンインストールを実行する手順

それでは次に「Windows 10」のクリーンインストールを実行する手順について記載いたします。

「Windows 10」のクリーンインストールを実行する場合には、前項までに記載する「Windows 10」のインストールメディアを使用することにより、クリーンインストールを実行することができます。

そこで「Windows 10」のクリーンインストールを実行する手順の詳細については、以下の「Windows 10」のクリーンインストールを実行する手順に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のクリーンインストールを実行する手順に関する過去記事>

1、URL

「Windows 10」のクリーンインストールを実行する手順について


「Windows 10」のクリーンインストールを実行する手順に関する記載は以上です。

「Windows 10」のスタートアップ修復を行う方法

それでは次に「Windows 10」のスタートアップ修復を行う方法について記載いたします。

「Windows 10」を使用するパソコン環境でよく遭遇するトラブルの一つとしては、「Windows 10」が起動しないというトラブルを挙げることができます。

そして「Windows 10」が起動しないというトラブルを解消する手段については、「Windows 10」のスタートアップ修復という機能を実行することですが、スタートアップ修復という機能を実行する場合には、「Windows 10」のインストールメディアが必要になります。

そこで「Windows 10」のスタートアップ修復をインストールメディアから行う方法に関する詳細については、以下の「Windows 10」のスタートアップ修復を行う方法に関する過去記事を参照してください。


<「Windows 10」のスタートアップ修復を行う方法に関する過去記事>

1、URL

「Windows 10」のスタートアップ修復を行う方法


「Windows 10」のスタートアップ修復を行う方法に関する記載は以上です。

あとがき

さて今回の投稿は以上となります。

今回の投稿で記載する記事以外の「Windows 10」の使い方に関連する記事に興味がある方は、ぜひ一度以下の「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめを参照してください。


<「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ>

1、URL

「Windows 10」の使い方に関連する記事のまとめ


それでは以上です。